激しすぎて直視できない…!ドラ恋史上No.1なキスシーン<1〜5話ダイジェスト> - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 激しすぎて直視できない…!ドラ恋史上No.1なキスシーン<1〜5話ダイジェスト>

激しすぎて直視できない…!ドラ恋史上No.1なキスシーン<1〜5話ダイジェスト>

オリジナル恋愛リアリティーショー『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』の第5話が2021年5月29日(土)に放送。ドラ恋史上No.1と評判のキスシーンが登場し、大注目の今シーズン。次回からは、いよいよ物語がクライマックスへと動きだします。

今回は、これまで放送してきた前半戦の最高なキスシーンやドラマの見所、メンバーの恋の動きを一挙ご紹介!これを見れば「ドラ恋」初心者でも全てが分かっちゃう♡最後までしっかりご覧ください!

『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』番組概要

dorakoi

©AbemaTV, Inc.

本番組は、若手俳優が毎話キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける恋愛リアリティーショー。番組内の恋愛ドラマで主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。今シーズンは、シリーズ史上初の取り組みとして、若手俳優が演じる恋愛ドラマの原案を一般募集し、鈴木おさむにより脚本化。また前シーズンに引き続き若手俳優たちが共同生活を行う。素の自分をさらけ出しながら、主役を懸けて本気で演技に挑む様子や、ドラマを演じる中で生まれる恋など、さまざまな人間ドラマも見所。

気になる今シーズンのキャスト

※1〜5話ダイジェストムービー

女性メンバーは、元AKB48メンバの飯野雅(みやび)、今回本格的な演技には初挑戦のモデルの久保乃々花(ののか)、女優やモデルとして活躍する谷本琳音(りおん)、『ウルトラマンタイガ』でヒロイン役を務めた女優の吉永アユリ(アユリ)の4名。

男性メンバーは、「花束みたいな恋をした」に出演した俳優・モデルの樫尾篤紀(あつき)、映画主演経験もある俳優の木田佳介(けいすけ)、最年少20歳の俳優の京典和玖(わく)、モデルを中心として活躍する藤林泰也(やす)の4名。

【第1話】俳優と女優の恋する共同生活

dorakoi

©AbemaTV, Inc.

共同ハウスに集まった若手俳優8名。早速、初回のドラマの稽古に入り、一緒に演じるペア決めを行います。今回は女性メンバーからペアを組みたい相手を指名、指名が被った場合は女性同士で取り合って決めるというルール。
りおんはあつき、アユリはケイスケを選び、やすを選んだののかとみやびはじゃんけんの末、みやびがやす、ののかがわくとそれぞれ組むことに。

初回は、恋人でもないのに手料理目当てに家に通ってくるようになった年下の隣人男性との恋物語です。主役を決めるオーディションを勝ち取ったのはののかと最年少のわくのペアでした。

そしてドラマで2人は彼氏を待ちわびる女性と密かにその隣人の女性に想いを寄せる年下男性の役を熱演。
ドラマ後半、待ちわびていた彼氏から別れを告げられ号泣する女性を、年下男性が優しく後ろから抱きしめ「あんなやつのために泣かないで、俺のために笑ってよ」と秘めていた好意を告白。そして「ねぇ、一口ちょうだい」とおねだりするかのような甘いキスを交わしました。

【第2話】少女漫画な恋がしたい

ドラ恋、恋愛ドラマな恋がしたい、アベマ、abema

©AbemaTV, Inc.

第2話は2回目のドラマのペア決めからスタート。今回は、男性からの指名によるペア決め。
やすがアユリを指名し、残りのメンバーは全員ののかを指名するというまさかの事態に。

じゃんけんの結果わくが2回連続でののかとのペアを勝ち取ります。あつきはりおん、ケイスケはみやびとペアを組むことに。
今回のドラマは恋愛漫画家の男性とそのアシスタントの女性のキスシーンのアイデア出しから始まる恋物語。

オーディション前夜には2人きりで一夜を過ごせる“同棲ハウス”にりおんとあつきのペアが入居。
稽古も終え、同じ布団で眠りにつく2人。りおんは「いじわるなこと言ってもいい?」と切り出し、「1回目の女子からのペア決めで、私はあっくん(あつき)の名前を書いた。あっくんが他の人を選んでじゃんけんで負けて自分とペアになってたとしても、私は今回も一緒に組めてうれしい」と、自身の素直な気持ちを真っすぐにあつきに伝えました。

【第3話】本気のスキと本気のキス

dorakoi

©AbemaTV, Inc.

いよいよ2回目のドラマの主役を決めるオーディションが開始。主役に選ばれたのはりおんとあつきのペア。

りおんは「主演に選ばれたのは嬉しいです。でもあっくんは私に向いていないんだなと気づいた同棲ハウスになっちゃいました」と一夜明けての心境を吐露。そして「結構頑張ってると思うんですけどね…」と中々気持ちを向けてくれないあつきに対しの不安を感じ、涙してしまいます。

本番直前、りおんはあつきを呼び寄せ感謝を伝え「このシーンは、本気で好きになるから、本気で好きになってください」と懇願するように気持ちを伝えきります。キスシーン本番、2人は少女漫画のようなロマンチックな展開のドラマとキスシーンを演じきります。

しかし撮影終了後あつきは「芝居をしている瞬間は、素敵だなっていう感情も生まれました。でも、恋愛感情は生まれてないですね」と演技後の気持ちを告白。ドラマチックなキスシーンとは裏腹な恋の終わりに。お芝居終了後、「ちょっと気持ちに一区切りがついている自分がいます」とあつきへの恋心に整理をつけ、視野を広げようと語るりおんの姿が。

【第4話】好きだから遠慮はしない

dorakoi

©AbemaTV, Inc.

第4話はお芝居の練習となるエチュードからスタート。女子から練習相手を指名することとなり、みやびは想いを寄せるやすを指名。即興演技でバックハグキスをしたやすに、みやびは思わず赤面。また、りおんは一途にアピールを続けたものの振りむいてもらえなかったあつきを指名。お芝居の設定上でも別れを告げるカップルを演じるなど、切なさを感じる展開へ。

そして、第3回目のドラマのペアは、女子からの指名。今まで組んだことのない男性を指名することに。
指名する順番はくじ引きで決定、ただし指名は早いもの勝ちとなります。

まずみやびがあつきを指名すると、続くりおんはあつきへの気持ちに区切りを付けるためにケイスケを指名。アユリはペアを組んだことのないわくと組むことになり、ののかは自動的にやすとペアを組むことに。ルールを知らない男性陣は、この結果に各々異なる反応を見せます。そして、今回の同棲ハウスはまだ入居したことがない女性メンバーからの希望を募ることになり、ののかとやすが入居することに。

同棲ハウスでは、やすが「第一印象は、ののかだったよ」と告白。それを聞いたののかも少し迷いながらも「実は、ののかもだよ」と第一印象ではやすに気持ちがあったことを伝えました。

【第5話】嫉妬に駆られたキス

恋愛ドラマな恋がしたい

©AbemaTV, Inc.

第5話では、3回目となるドラマ「ジェラシ―」のオーディションが行われました。
ドラマの内容は、女友達に密かに恋心を抱く男の嫉妬を描いた恋物語。

勝ち取ったのは、それぞれ気になる相手に絶対にキスさせたくないアユリとわくのペア。
わくとやすの間で気持ちの揺れるののかはこの結果に、気丈に振る舞うも悲しそうな表情に。

ドラマ撮影前夜、稽古するわくとアユリを横目に、ののかはわくに「明日は頑張ってね。終わってわっくんのいいタイミングあれば話したい」とラインを送ります。しかし、わくは返信せずに撮影本番に。

男友達だと思っていた同僚(わく)から、突然キスされたアユリ演じるOL。好意に気づかず、彼氏のことばかり話すOLに対し「俺は、都合のいい男じゃねぇんだよ。彼氏のことより俺のことで頭一杯になればいいんだよ」と吐き捨て、半ば強引にオフィスで熱いキス。ののかの嫉妬が漏れ出る激しいキスを演じました。

別室でドラマを見ていたメンバーたち。ののかはわくとアユリの激しいキスシーンをみて、思わず号泣。
そして、返信の来ていないラインを送信取り消してしまいます。

次回予告

次週はいよいよ運命の中間告白。現時点で想いを寄せる男性に女性が告白するシーンはアドリブで行われることが決定。

そのアドリブに男性はどう応えるのか。俳優8人の交差する想いをぜひ、お見逃しなく。

    この記事を気に入ったらシェア!

    カテゴリ

    ランキング

    連載・特集

    タロット占い

    気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

    birthday

    誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

    gw-souken

    読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

    ピックアップ

    人気キーワード

    新着

    TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM