色素薄い系メイクで繊細で涼し気なムードを演出! - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ビューティ
  3. 色素薄い系メイクで繊細で涼し気なムードを演出!

色素薄い系メイクで繊細で涼し気なムードを演出!

色素薄い系メイクとは、儚げで繊細、可憐な印象を作るメイクのことを指します。それでは、色素薄い系メイクとは具体的にどのように作っていけば良いのでしょうか。色素薄い系メイクの特徴やパーツ別のメイク方法、パーソナルカラー別に見るおすすめアイテムなどを知ることで、簡単に可愛いメイクを実践することができますよ。

カラフルなコスメ

 

色素薄い系メイクの特徴

色素薄い系メイクと聞いて、どういったメイクを想像しますか?ふわっとした名称ですが、特徴はしっかりと存在します。メイクをする前に、特徴を知っておくことはとても重要。まずは、色素薄い系メイクのポイントをチェックしていきましょう。

色素薄い系メイクとは

まずは、色素薄い系メイクの全体的な雰囲気を確認しておきましょう。色素薄い系メイクは、透明感と儚げな印象が決め手といっても過言ではありません。そのため、がっつりと盛るのではなく、抜け感やエアリーなムードをメイクで演出するのが重要になってきます。

キリっとした強そうなメイクよりも、繊細さや清楚さ、ナチュラル感を重点的に出す女性らしさたっぷりな雰囲気が特徴といえますね。

パーツ別の特徴

続いては、色素薄い系メイクのパーツ別の特徴です。

ベースメイクは、陶器や西洋のお人形のような質感がお手本。きめ細かさと透明感が鍵となります。色素が薄い=白いといったイメージもあるので、肌のトーンアップを狙う必要が出てきますね。コントロールカラーを上手く使って、くすみや悩みをカバーしてあげましょう。

アイメイクは盛り過ぎ厳禁です。ナチュラルで優しく仕上げるのが理想的。まつ毛はボリュームよりも、長さを出すのが主流といえるでしょう。チークやリップはほんのりと色付く程度に乗せて、自然な血色感を出します。

色素薄い系メイクのやり方

ここからは、実際に色素薄い系メイクのやり方を紹介していきます。パーツ別に解説していくので、先ほどの特徴と照らし合わせながら挑戦してみてくださいね。

ベースメイク

ベースメイクのポイントは、透明感ときめ細かさ。肌を明るく見せて、白さを強調する必要があります。色素薄い系メイクにおすすめの下地は、やはりコントロールカラーでしょう。肌の悩みに応じたカラーを選んで、トーンアップを狙っていきます。カラーに悩んだ時は、パープル系を選んでみてください。トーンアップし、透明感を出してくれますよ。

ファンデーションはどのようなタイプでも問題ないのですが、リキッドなどの水分が含まれるものを使う際はツヤが出過ぎないように注意しましょう。陶器やお人形のような肌作りには、少しツヤを押さえたセミマットな質感が理想的です。ナチュラル感も重要なので、厚塗りは避けるようにしたいですね。

仕上げにはフェイスパウダーを使って、崩れやテカリをカバーしながらキメ細かさを演出してみてください。

アイメイク

眉はきっちりとしたものではなく、ふんわり感を意識してみてください。角度をつけ過ぎるとキツイ印象になる恐れがあるので、平行気味に描くと良いでしょう。やや太めにすると、今っぽくなりますよ。パウダータイプのアイブロウを使うと、ふんわりと仕上げやすいです。

アイシャドウは、はっきりとしたカラーより肌なじみの良い、淡い色味を選ぶのがおすすめ。ラメも大粒のものより、細かいものの方が儚げな雰囲気に見せやすくなります。

続いてはアイラインです。ペンシルか細めのリキッドで、目立ち過ぎない自然なラインを描くようにしましょう。ブラックだとキツイ印象になる可能性が高いため、ブラウン系の薄めのカラーが人気です。マスカラは、ボリュームを出して盛った感を出すのではなく、長さとカールを重視します。マスカラを付けた後にコームを使ってダマ対策をしておくと、自然な仕上がりになります。

チーク・リップメイク

チークのカラーは、ほんのりとしたピンク系が人気の傾向です。チークで注意したいポイントは、タイプによって塗る順番が異なること。クリームタイプのチークはファンデーションの後に塗り、フェイスパウダーで押さえておきます。パウダータイプのチークは、フェイスパウダーの後にブラシを使って乗せましょう。しっかりとぼかして、少し薄いかなと思う程度で問題ありません。自然な仕上がりになりますよ。

リップメイクは、ピンク系だけではなくレッド系を使っても可愛いです。軽く仕上げることを意識して塗るようにしてください。マットなものだと口元が浮いてしまうので、シアーな質感のものが良いですね。グロスを少し乗せて、透明感をプラスするのもおすすめです。

パーソナルカラー別のおすすめメイク

色素薄い系メイクは透明感が鍵。パーソナルカラーに応じたカラーを選ぶことで、顔が明るく見え透明感を出しやすくなります。ここでは、色素薄い系メイクに取り入れたいパーソナルカラー別おすすめカラーを紹介します。

ブルーベースさん

青みがかった肌が特徴のブルーベースさんは、色素薄い系メイクが得意なことが多いです。肌の悩みで多く見られるのは、血色の悪さが原因でくすみが気になること。ピンク系のコントロールカラーを取り入れると、くすみを飛ばしながら健康的な肌色を作りやすくなります。アイシャドウは青みピンクやパープル系がおすすめ。浮きにくく、女性らしい目元を演出できるでしょう。

イエローベースさん

黄みがかった肌のイエローベースさん。パープル系のコントロールカラーを使うと、自然に黄ぐすみを解消できます。透明感もプラスできるので、色素薄い系メイクにはぜひ取り入れたいアイテムです。

アイシャドウは、肌になじみやすいオレンジ系やコーラル系を使うと目元が明るく見えます。ピンク系カラーを選ぶ際も、オレンジやコーラルがかったものを選ぶようにするとチグハグにならず、自然に色が乗ってくれますよ。

よくあるお悩み解決法

色素薄い系メイクが上手くできない、自分にできるかどうか不安と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。ここでは、色素薄い系メイクに関するよくある悩みと解決策を紹介していきます。

色黒でも色素薄い系メイクができるのか

色白なイメージが強い、色素薄い系メイク。色黒だとできないと思ってはいませんか?色白ではなくても、儚げで色素薄い感を出すことは十分に可能なのですよ。

まず、アイメイクはブラウン系を使うようにしましょう。ナチュラル風に仕上げることで、優し気な印象を強調します。また、下まぶたに赤系のアイシャドウをうっすらと乗せることで透明感を演出してみてください。これだけでも雰囲気が変わります。

チークはピンクが入ったオレンジがおすすめです。ほんのりと乗せて、優しい血色感を頬にプラスしてみてください。

黒髪だと地味見えしないか心配

黒髪さんは地味見えが気になりがち。ですが、細かい部分を調整するだけで、垢抜けた印象を作ることができます。

アイブロウは太くなり過ぎないように、気持ち細めに描くのがポイントです。眉マスカラのカラーを髪色よりやや明るめのものにすると、地味見えが緩和されます。アイラインも眉と同様に、細めに描くようにしましょう。チークは、淡く入れるのは先ほど紹介したメイク方法と一緒なのですが、黒髪さんはやや広めに入れると良いでしょう。頬周辺が明るく見えます。

色素薄い系メイクで可憐な印象になろう

一緒に並んだコスメとアクセサリー

女性らしく、儚げな色素薄い系メイク。盛り過ぎず清楚な印象なので、男性からのウケも良い傾向にあります。コツさえ押さえれば特別なことはなく簡単にできるので、ぜひ毎日のメイクに取り入れて、イメージを変えてみてくださいね。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE タロット占い