大好きな彼氏との同棲が決定!二人の生活費の平均てどれくらい? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. コラム
  3. 大好きな彼氏との同棲が決定!二人の生活費の平均てどれくらい?

大好きな彼氏との同棲が決定!二人の生活費の平均てどれくらい?

近年、結婚を考えるカップルが同棲をする割合は増えています。

昔は親の理解を得ることが難しく、同棲するカップルはあまりいませんでした。

しかし、時代の変化によって親の考え方も大きく変わっていったんです。

同棲の主な目的は結婚ですよね。

他にも、経済的な理由で一緒に住んだ方がいいと決める人たちも多いでしょう。

今回は同棲について詳しくご紹介します!

大好きな彼氏との同棲が決定!二人の生活費の平均てどれくらい?

彼氏と同棲が決定!

彼氏と同棲が決まったあなた。新しい生活に心がウキウキしているのではないでしょうか。

同棲が決まった時、一番に気になるのが同棲費用ですよね。

お金の問題はどんなに親しい間柄であってもしっかりと決めておくことが重要です。

お金が問題で別れを選択してしまうカップルも数多くいるんです。

お互いの収入、二人で使うお金、個人で使うお金などをしっかりと把握し合うことがとっても大切

また、家計簿をつけ始めることもおすすめします。

生活費ってどれくらいかかる?

まずは生活費は一か月でどのくらいかかるのか見ていきましょう。

これから紹介する生活費とは、二人で折半して支払うべき生活費のことです。

カップルによって価値観は様々だと思いますが、基本となる生活費をご紹介します。

あなた自身と彼の収入からどのくらい捻出できるのか考えてみてください。

家賃

部屋のグレード、住む場所や利便性によって変わってくるのが家賃です。

例えば都内で同棲をした場合、二人で暮らせる物件の家賃は10万円前後が相場。

生活に少し不便な場所でもいいと妥協できればもう少し家賃を抑えることができます。

しかし、公共交通機関を利用するのに長距離を歩かなければならないとなるとストレスが溜まってしまいます。

できれば生活をする上で便利な場所を選べるといいですね。

二人で折半すると考え、家賃は約5万円ほどかかると思っておいてください。

水道・光熱費

水道や光熱費は住む場所によって様々です。

水道代が定額制のところもあれば、使った分だけ支払うところもあります。

光熱費は、オール電化なのかプロパンガスなのかでも大きく変わってきます。

水道代と光熱費をあわせると約1万円程度です。

つまり一人当たり約5千円かかると思ってください

携帯・ネット代

携帯やネットなどの通信費は個人で使うものと共通で使うものがあります。

今回ご紹介するのは自分が持っている携帯の使用料ではなく、家でパソコンを使える環境にした場合の費用についてです。

多くの人が家でもパソコンが使えるようにしていますよね。

約6千円ほどかかると想定しておくといいかもしれませんね。

また、同棲を機に携帯を格安のものに変えることもおすすめします。

食費

食費はカップルでさまざまです。

外食が多いカップルや、お酒をよく飲むカップルの場合は食費が多くなります。

外食を月に数回すると考えると、約5万円ほど食費にかかります。

5万円は高いかも、と思う方は節約をすれば大丈夫です。

一番費用を抑えられるのが食費です。

無駄な出費を抑え、おうちごはんの回数を増やしていけば食費は大幅に抑えられることもできますよ!

娯楽費

娯楽費は主にデート代や友人との交際費です。

娯楽費は約4万円ほどです。

しかし、娯楽費は月によってさまざまですよね。

イベントが多い月は出費が増えてしまうと思います。

娯楽費を抑えたいなと思う場合、お金のかからない遊びや趣味を始めてみるのもいいでしょう。

生活費の分担はどうすればいい?

ここまで生活費にいくらかかるのかをご紹介してきました。

毎月約20万6千円は生活費と必要になってきます。

単純に半分にしても、一人当たり約10万円です。

生活費をどう分担するのかはカップルによって様々です。

どのように分担しているのか、4つのケースをご紹介します。

収入に合わせて分担

お互いの収入に合わせ、生活費の支払いを決めるというパターンです。

毎月の収入の何割かを生活費にあてるという決まりをつくっておけば、お互いに不満もないでしょう。

家賃と光熱費水道代は彼の担当

家賃と光熱費や水道代は彼氏の担当にするというパターンです。

食費は自分の工夫次第で何とでもできます。

同棲を機に料理の腕を磨き、彼の胃袋をつかんでくださいね。

共通のお財布をつくる

同棲をする前から共通のお財布をつくっているカップルも多いですよね。

そういったカップルは生活費なども共通のお財布から出しています。

共通のお財布があればどちらかが払いすぎているのでは、という思いを抱かずに済むでしょう。

外食費やデート代は彼氏

家賃などは自分で支払うけれど外食費やデート代は彼氏に任せているというパターンです。

この場合、自分自身にある程度の収入がないと厳しいかもしれませんね。

結婚するなら貯金も!

同棲をするということは彼との結婚を考えている方も多いですよね。

同棲をし始めたら、生活費の支払いだけではなく貯金のことも考えなければなりません

結婚は思った以上にお金がかかります。

結婚式を挙げたいと思うならなおさらです。

生活費の支払いプラス貯金もしていくようパートナーとよく話し合う必要があります。

大好きな彼氏との同棲が決定!二人の生活費の平均てどれくらい?

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回は同棲にかかる費用についてご紹介してきました。

好きな人と一緒に暮らすことを考えるだけで幸せな気持ちになれますよね。

しかし、同棲は楽しいことばかりではありません。

違う環境で育った者同士が一緒に暮らすことは大変なことも多いからです。

また、生活費の支払いをどうするかという現実的な問題もありますよね。

生活費は思った以上にかかってきます。

しっかりと話し合いをして、どうやって出していくかを決めておいてください。

あらかじめルールを決めておくと喧嘩にならないでしょう。

一緒に節約を考えることでより絆が深まっていきますよ。

同棲をすることで結婚生活の練習にもなります。

これから一緒に生きていくパートナーとしてお互いに協力し合って同棲を楽しんでくださいね。

関連キーワード

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY