シミが気になる人におすすめ!「隠す」と「なくす」を同時に叶えるファンデーション5選

10 min

年齢を重ねるにつれ、目立ってきてしまうシミ。シミがあるだけでグッと老けた印象になってしまうので、どうにかして隠したいと思う人も多いのではないでしょうか?

コンシーラーなどのシミ隠し専用のアイテムも販売されていますが、忙しい朝にアレコレしているのは大変!また、コンシーラーを使用することで厚塗り感がでてしまうことも。ベースメイクの基本であるファンデーションで綺麗にシミをカバーできればうれしいですね。

そしてやっぱりシミは隠すだけではなく、なくしたいもの。長時間肌につけているファンデーションで、シミケアができれば理想的です。

そこで今回は、シミを隠すだけでなくケアもできるおすすめファンデーション5選をご紹介!シミケアに選びたい成分をはじめ、自分に合ったファンデーションの選び方コンシーラーを使用しないでシミを隠すメイクの裏技もあわせて紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

シミはどうしてできるの?

シミは、皮膚内でつくられる色素のメラニンが沈着したもののことをいいます。

シミができるメカニズムは以下のようになっています。

  1. 紫外線を浴びる・・・紫外線の刺激から肌を守ろうとして活性酸素が発生する。
  2. メラニン生成の指令が出る・・・活性酵素がメラノサイト(色素細胞)にメラニンを作るように指令を出す。
  3. メラニンを表面に運ぶ・・・生成されたメラニンが皮膚の表面まで運ばれる。
  4. メラニンが表面に見える・・・黒色メラニンが肌表面に運ばれると、その部分が黒ずんで見えるようになる。

シミの種類

ひと口にシミといっても、シミには種類があります。代表的なものの特徴を見ていきましょう。

日光黒子(にっこうくろし)

シミの中で最も一般的なのが、日光黒子。淡褐色か濃褐色の色素班になっています。主な原因は紫外線で、よく紫外線を浴びている人に見られます。顔以外にも、手や背中、腕といった露出の多い部分に見られ、特に中年以降に増えてくるのが特徴です。

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的に、そばかすといわれるものです。直系は数ミリ以下の小さな茶褐色の半てんで、頬や鼻の周りに多く見られます。日光黒子とは異なり、遺伝性の強いもので、家族にも同じようなそばかすがあるという場合が多く、3歳ごろから見られて思春期に特に目立つ傾向があります。

炎症後色素沈着

やけどやニキビ、化粧品のかぶれなどによる肌の炎症が治った後にできる褐色のシミです。年齢や性別、部位に関係なくできるもので、時間とともに徐々に薄くなることが多くなっています。

肝斑(かんぱん)

女性の顔に多くでき、発症には女性ホルモンが大きく関連しているといわれるシミです。薄い褐色でやや大きく、左右対称に頬骨に沿ってできるのが特徴。高齢者ではほとんど見られず、30代、40代を中心にみられます。避妊・経口避妊薬で発症・悪化し、紫外線やレーザー治療で悪化するといわれています。

その他のシミ

遺伝的なものが多く、特に眼球や額に現れやすいといわれているもので、日本人をはじめとするアジア人によく見られる太田母斑(おおおたぼはん)や、紫外線や加齢が原因で中高年に発生する、カサカサした茶色や黒色の老人性のイボである脂漏性角質なども、上記の有名な4つ以外で良く知られているシミになっています。

いづれも自然になくなることはなく、取りたい場合は皮膚科の受診が必要です。

気になるシミはファンデーションでカバー!

シミが気になったら、まずは何とか隠したいもの。
そんな時は、ファンデーション選びを工夫しましょう
気になるシミを綺麗にカバーしてくれる優秀なファンデーションはたくさんあります。

上手に選べば、シミの気にならない美肌に見せることが可能。

また、最近は綺麗にシミを隠して美肌に仕上げることができるだけでなく、シミをケアしてくれる有効成分が配合された医薬部外品の薬用ブライトニングファンデーションがたくさん販売されているので、大変おすすめですよ。

ファンデーションの上手な選び方

シミにおすすめのファンデーションといっても、さまざまなタイプが販売されていますね。肌を綺麗に見せながらケアもしたいというときは、自分にあったファンデショーンを選ぶことが重要です。そこで、ファンデーション選びの5つのポイントを紹介します。

自分の肌色に合ったものを選ぶ

ファンデショーンは、自分の肌色に合ったものを選ぶことが重要。肌色に合わないものを塗ると顔だけ浮いてしまいますよね。

ファンデーションの色味の違いを説明しますので、選ぶときの参考にしてみてください。

  • ベージュ・・・黄みが強いイエローベースの人に合うカラー。健康的な肌色に見せてくれる。
  • オークル・・・肌の色が青みがかったブルーベースの人に合うカラー。血色感をほんのリプラスしてくれる。
  • ピンク・・・オークルよりもピンク感が強く、血色が悪いときにおすすめ。イエローベースの人が使用するときは、ベージュ系のものと混ぜると浮きにくい。

また、シミやくすみなどが気になるとついつい明るい色を選びたくなってしまいますが、シミを隠したいというのであれば、少しだけ濃い色を選ぶほうがおすすめです。

店頭で試すときには、手に塗るのではなくフェイスラインに塗ることが大切。

少し鏡から離れて馴染んでいるかを確認するようにしましょう。

自分の肌質にあったものを選ぶ

ファンデショーンは、顔に直接塗るものなので自分の肌に合ったものを選ぶことが何より大切です。肌に合わないものを選んでしまうと、肌荒れなどの原因となりますますシミがひどくなってしまいます。

肌質別のおすすめのファンデーションは、次のようになります。

  • 乾燥肌・・・保湿力が高いクリームタイプ
  • 脂性肌・・・化粧崩れしにくいパウダータイプ、シリコーン系の成分が含まれているタイプ
  • ニキビ肌・・・皮脂を吸着してくれるタイプ
  • 敏感肌・・・アルコールや紫外線吸着剤などの肌に刺激を与えやすい成分が無添加のもの、保湿成分が多いもの

また、シミだけでなく毛穴やくすみなど他の悩みもあるのであれば、ブライトニング有効成分以外にも美容成分が含まれているものを選ぶと良いですよ。

好みの仕上がりから選ぶ

ファンデーションの仕上がりは、商品によってさまざまです。マットな肌に仕上げてくれるもの、透明感のある明るい仕上がりのもの、ツヤのある肌に仕上げてくれるものなどがあるので、以下のように選ぶのがおすすめです。

  • カバー力を重視する人・・・マットな仕上がりのもの
  • 自然なメイクが好みの人・・・透明感がでるもの
  • 生き生きとした印象に仕上げたい人・・・ツヤのあるもの

好みのタイプのものを選ぶ

ファンデーションには、クリーム、リキッド、パウダーなどさまざまなタイプのものがあります。それぞれ次のような特徴があるので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

  • クリームファンデーション・・・しっとりとした仕上がり
  • リキッドファンデーション・・・ピタッと密着した仕上がり
  • パウダーファンデーション・・・軽いつけ心地でメイク直しがしやすい

ファンデーションは、質にこだわるデパコスや通販品からドラックストアやコンビニ、スーパーなどで気軽に購入できるプチプラまで幅広い値段のものがあり、自分の予算に合ったものを選ぶのがおすすめです。

最近は、下地や日焼け止め、美容液など多くの機能を兼ね備えたオールインワンタイプも豊富に販売されており、時短メイクを目指す人にピッタリです。

値段から選ぶ

デパコスは、カウンターで自分の肌状態や悩みを相談しながら商品を手に取って選ぶことができるのも魅力。品質にこだわっているものが多く、ベースメイクにこだわりのある人にピッタリです。

通販品は、実際に商品を手に取ることはできず口コミなどを参考に選ぶことになりますが、返金保証やサンプル配布を行っていることも多いので、上手に利用するのがおすすめです。

プチプラアイテムは、気軽に試すことができるのが魅力。リーズナブルでもシミやくすみをしっかりカバーして美容効果も期待できるコストパフォーマンスが高いものもあるので、いろいろ試して自分に合うものを選んでみましょう。

シミを隠してケアするおすすめファンデーション5選

ファンデーションの選び方がわかったところで、シミを隠しながらケアも行ってくれるおすすめのファンデーション5商品を紹介します。

美肌ケアが叶うブライトニング有効成分配合の医薬部外品ファンデーション

ブライトニング有効成分の4MSKが、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぎ、ブライトニング効果が期待できる医薬部外品のクリームファンデーションです。SPF30・PA+++で、紫外線から肌を守る効果も期待できます。

美容液のようなテクスチャーで肌馴染みがよく、べたつかずにさらっとしたつけ心地。シミや色むらを目立たせずに、素肌感のある自然な仕上りを叶えてくれます。

アレルギーテスト済み、ニキビのもとになりにくい処方になっており、肌が敏感な人やニキビ肌の人にもおすすめ保湿成分整肌成分も配合されており、シミを隠しながら美肌ケアを叶えてくれます。

  • 内容量 30g
  • 価格 5,280円(税込)
  • UVケア SPF30・PA+++
  • タイプ クリーム
  • 仕上がり ツヤ
  • カラーバリエーション 6色

《こんな人におすすめ》
★ニキビが気になる人
★べたつきが気になる人
★ツヤのある仕上がりがよい人

高いカバー力で美容ケアもできる医薬部外品ファンデーション

ファンデーションと美容液、ブライトニング、パック、日焼け止めの5つの機能を兼ね備えたクリームファンデーションです。

ブライトニング美容成分のプラセンタエキスをはじめ、5種類のコラーゲン3種類のヒアルロン酸など、成分の65%が美容成分でできており、うるおいと透明感のある肌へと導いてくれるのが特徴。抗シワ試験済みで、乾燥小じわが気になる人にもおすすめです。

微粒子パウダーや平版パウダーによる光の乱反射の効果で、シミやくすみ、毛穴などの肌悩みをしっかりカバー。大気汚染物質や紫外線などからも肌を守ってくれる無添加処方なので、敏感肌の人にもおすすめです。

  • 内容量 25g
  • 価格 3,477円(税込)
  • タイプ クリーム
  • UVケア SPF35・PA++++
  • 仕上がり 自然な透明感
  • カラーバリエーション 5色

《こんな人におすすめ》
★肌が敏感な人
★濃いシミなどをしっかりカバーしたい人
★シミのほかにもシワなどが気になる人
★乾燥が気になる人

石けんで落とせるのにブライトニングとシミケアが叶うミネラルファンデーション

ミネラルと天然由来成分で構成されており、石けんで落とすことができる肌に優しい医薬部外品のファンデーションです。軽いつけ心地のパウダータイプでありながら、独自製法で、まるでクリームのようなしっとりとした質感を実現。肌にピタッと密着してシミをカバーし、透明感のある肌に仕上げてくれます。

薬用有効成分のビタミンC誘導体酸化亜鉛が配合されており、シミやそばかすを防いでくれるほか、SPF50・PA+++と高い紫外線防止効果が期待できるのも魅力です。

ミネラル成分が汗や皮脂を吸着してくれるので、崩れにくく、長時間美しい肌をキープしてくれるので、夏場の使用にもおすすめです。

  • 内容量 5g
  • 価格 4,950円(税込)
  • タイプ パウダー
  • UVケア SPF50・PA+++
  • 仕上がり マット
  • カラーバリエーション 3色

《こんな人におすすめ》
★肌が敏感な人
★石けんで簡単に落とすことができるファンデーションを探している人
★化粧崩れが気になる人

毛穴レスの肌を叶える本気のブライトニングファンデーション

ブライトニング有効成分のトラネキサム酸が、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防いでくれる医薬部外品の薬用ブライトニングファンデーションです。SPF30・PA++で日常の紫外線対策にも最適です。

みずみずしいテクスチャーで伸びが良く、乾燥が気になる人にもおすすめ。厚塗り感がなくナチュラルでありながら、毛穴やシミを目立たせず、透明感あふれる自然な仕上がりを叶えてくれます。

素肌のような仕上がりで、しっかりメイクが苦手な人にもピッタリです。

  • 内容量 30ml
  • 価格 6,600円(税込)
  • タイプ リキッド
  • UVケア SPF30・PA++
  • 仕上がり ナチュラル
  • カラーバリエーション 6色

《こんな人におすすめ》
★乾燥が気になる人
★厚塗り感が苦手な人
★毛穴が気になる人
★しっかりブライトニングしたい人

うるおうのに崩れにくい1本で6役のプチプラ高機能BBクリーム

ファンデーションと美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コンシーラーの6つの機能が備わった医薬部外品の薬用ブライトニングBBクリームです。ドラックストアなどでも手軽に購入でき、プチプラ価格も魅力的。

ブライトニング有効成分のプラセンタエキスがメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぎ、コラーゲンヒアルロン酸セラミドなどの美容成分が肌にうるおいを与えて美しい肌へと導きながら、今あるシミや毛穴をしっかりカバーしてくれます。

高い紫外線防止効果とウォータープルーフ処方、サラッとして仕上がりで夏場やアウトドアにもピッタリです。

  • 内容量 33g
  • 価格 1,320円(税込)
  • タイプ クリーム
  • UVケア SPF50・PA++++
  • 仕上がり サラッと透明感
  • カラーバリエーション 4色

《こんな人におすすめ》
★プチプラファンデーションを探している人
★アウトドアやスポーツを楽しむ人
★時短メイクが希望の人

必見!コンシーラーなしで上手にシミを隠す裏技

シミを隠してケアするファンデーションを紹介させていただきましたが、せっかくならばシミを上手に隠すメイク技をマスターして、より美しい肌を演出してみませんか?

ここでは、コンシーラーを使わずに、厚塗り感なくシミを綺麗に隠すメイクの裏技を紹介しますので、普段のメイクにぜひ取り入れてみてくださいね。

頬のシミには、練チークを活用!

気になる頬のシミを綺麗に隠すのに、おすすめなのが練チーク。練チークは、お風呂上りのようなジュワっと肌の奥から湧き上がるような血色感を与えてくれながら、自然に気になるシミをカバーしてくれます。特にオレンジ系のカラーは、シミを隠しやすいのでおすすめ。気になるシミの部分はもちろん、広範囲にトントンと叩くように広げて肌に馴染ませます。

ただし、ブルーベース肌の人がオレンジ系カラーを使用すると浮いてしまうこともあるので、その場合は赤系のカラーを選ぶのがおすすめです。

濃いシミを隠すのならリキッドファンデーション&フェイスパウダーのミルフィーユメイク!

ファンデーションだけでは隠し切れない濃いシミを厚塗り感なしに隠したいというときには、リキッドタイプのファンデーションと粉状のルースパウダータイプのフェイスパウダーを使用します。

顔全体にファンデーションを塗ったら、その上からフェイスパウダーを乗せ、さらにその上から気になるシミの部分にファンデーションを指にとって重ねます。さらにルースパウダーでカバーしたら完成です。

まるでミルフィーユのように薄く重ね付けすることで、厚塗り感なしにシミをカバーすることが可能。化粧崩れも防止できるので長時間美しい肌をキープすることができるのも魅力です。

シミを予防するには?

メイクでシミを隠すのもよいですが、シミができないように予防することも非常に大切です。シミ予防をしなければ、新たにシミができてしまうだけでなく、今あるシミを濃くしてしまうことにも。

ここでは、正しいシミ予防の方法をお伝えします。

紫外線対策は1年中!

何はともあれ、シミをつくらないためには紫外線対策が必要不可欠。シミの代表ともいえる日光黒子は、紫外線が原因であるだけでなく、黄斑や雀卵斑、炎症後色素沈着も紫外線が原因で悪化してしまいます。

紫外線は春先から夏が特に強く、日焼け止めなどで対策をおこなう人も多いかと思いますが、1年を通じて降り注いでいます。知らず知らずに紫外線を浴び続けてしまい、気付いたらシミができているなんてことも。

紫外線の強い季節は、日傘帽子サングラスなども使用して紫外線対策をするようにし、1年を通じて紫外線をカットしてくれる日焼け止めクリームや日焼け止め効果のあるファンデショーンなどを使用するようにしましょう。

日焼け止め剤の正しい選び方

日焼け止め効果を示す指標として使用されているのが、SPFとPAです。それぞれの意味と選び方は以下のとおりです。

SPF

表皮に作用し、肌に赤い炎症を起こしてしまうUVBから肌を守る目安となる数値。通常20分で肌は赤くなり始めるところを、SPF30ならば、20分×30倍の10時間ほどを守ってくれ、数値が高いほど効果が高くなる。

PA

肌を黒くし、シミ・たるみを促すUVAから肌を守る目安となる数値。+から++++の4段階で表記されており、プラスが多いほど効果が高い。

選び方

・散歩や買い物などの日常生活

SPF30・PA++以下のもの

・野外での軽いスポーツやレジャー

SPF30・PA++からSPF40・PA+++のもの

・リゾート地などでのマリンスポーツなど

SPF40・PA+++以上のもの

数値が高いものほど紫外線防御効果は高いですが、肌への負担も大きいので、状況に応じた数値を選ぶようにしましょう。また、効果は時間とともに薄くなるうえ、汗などで落ちてしまうこともあるため3-4時間ごとにこまめに塗るのがおすすめ。

日焼け止めクリームだけでなく、ファンデーションを選ぶときにもぜひ参考にしてみてください。

正しいスキンケアをする

シミを予防するには、紫外線対策だけでなく日常の正しいスキンケアをおこなうことも大切です。バリア機能が衰えると紫外線の影響をうけやすくなってしまうため、正しいスキンケアで肌のバリア機能を守る必要があります。

洗顔時は擦らず優しくマッサージをするようにして、ぬるま湯できれいに洗い流しましょう。拭くときも、タオルでゴシゴシせずに肌を抑えるように注意をしましょう。

乾燥もバリア機能低下の大きな原因となるので、洗顔後はすぐにローションや美容液などで保湿をして、肌が乾燥するのを防いでください。自分の肌に合ったスキンケアアイテムを選び、肌が乾燥しないように心がけましょう。

規則正しい生活とバランスの良い食事を心がける

シミをつくらないためには、体の内側からのケアも非常に大切。肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるので質の良い十分な睡眠が欠かせません。

また、ストレスやバランスが乱れた食事は、肌のターンオーバーの乱れにつながり、肌荒れやシミなどの原因になってしまいます。

バランスの良い食事を心がけるのはもちろんのこと、血行促進や抗酸化作用があるビタミンEや、シミのもとになるメラニンの生成を抑えるビタミンCを含んだ食品は特に積極的にとるのがおすすめです。

<シミ予防に効果的な栄養素を含む食品>

・ビタミンC

ブロッコリー・キウイフルーツ・パセリ・柑橘類・イチゴなど

・ビタミンE

ナッツ類・うなぎ・アボカド・サケなど

シミを根本から直したいのなら・・・

シミが気になったときに、ファンデーションなどのメイクでカバーするのは、一時的な対処法。シミを根本から直したいというのであれば、次のような方法を試してみるのもおすすめです。

医療機関を受診する

医療機関では、シミのもととなるメラニンやメラニンを作り出すメラノサイトに働きかける内服薬や塗り薬などを用いた治療を受けることができます。

また、美容皮膚科などでは、レーザー治療光治療ケミカルピーリングなどの特別な治療も可能で、短期間でシミを改善したい人におすすめ。ただし、肝斑はレーザー治療で悪化することがあり注意が必要です。シミや肌の状態などに合わせてきちんと治療法を提案してくれる信頼できる皮膚科を選ぶようにしましょう。

セルフケアをする

医療機関に比べて即効性はないものの、セルフケアでシミを改善することも可能です。シミに効果的な内服薬やブライトニング外用剤なども多く販売されているので、上手に取り入れるのがおすすめ。

シミケアにおすすめの内服薬と外用剤の成分は以下のようなものになっています。

<内服薬>

・トラネキサム酸

メラニンの活性化を阻止する。

・L-システイン

ビタミンCとともにメラニン生成の原因となる活性酵素の作用を抑える。新陳代謝を促す。

・ビタミンC

メラニンの生成を抑え、すでに蓄積されたメラニンに直接作用して還元する。

・ビタミンE

抗酸化作用で活性酸素から細胞を守る。肌の新陳代謝を活発にする。

・プラセンタ

抗酸化作用で活性酵素から細胞を守る。メラニンの生成を抑える。

<外用剤>

・トラネキサム酸・カモミラET

メラニンを活性化させる情報伝達物質を抑え、生成を抑える。

ハイドロキノン・コウジ酸・アルブチン・エラグ酸・ルシノール・マグノリグナン・リノール酸

メラニン生成の原因となる活性酵素を阻害する。

・エナジーシグナルAMP・4MSK

肌のターンオーバーを促進させる。

・ビタミンC誘導体

メラニンの生成の原因となる活性酵素を抑制し、メラニンを還元する。

・プラセンタ

抗酸化作用で活性酵素から細胞を守る。メラニンの生成を抑える。

ケアとメイクでシミが気にならない美肌を手に入れよう

シミを隠すだけでなくケアをしてくれるおすすめのファンデーションとあわせて、シミケア、シミを隠すメイクの裏技なども紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

今あるシミは少しでも綺麗に隠したいと同時に、少しでも早くなくしたいものです。日ごろのケアを徹底するのはもちろんのこと、今回紹介させていただいたファンデーションなども上手に活用して、シミの気にならない美しい肌を手に入れてくださいね。

関連記事