アートメイクって何?失敗することもある?初心者向けにわかりやすく解説します!

6 min

アートメイクは色素を注入することで、肌に色をつける美容医療施術

時短メイクができることから人気のアートメイクですが「本当に安全?」「後悔しない?」など不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アートメイクの料金や痛み、安全性などを詳しく解説していきます。

アートメイクに興味があるものの、不安を抱えている方は要チェック。

この記事を読めばアートメイクがどんな施術かしっかり理解でき、挑戦するか判断できますよ。

アートメイクって何?

「アートメイクは永久的に残る?」「刺青と違うの?」などの疑問があり、アートメイクについて詳しく理解していない方も多いのではないでしょうか。

ここからは、アートメイクの持続期間刺青との違いなどを詳しく解説します。

まずはアートメイクに関する正しい知識を身につけましょう。

アートメイクと刺青の違いについて

アートメイクとは、皮膚の表面から0.02~0.03mmほどの浅い部位に色素を注入する施術。

専用の針を用いて、皮膚の浅い部位である表皮層に少しずつ色を入れていきます。

色を注入することでメイクの手間が省けるため、化粧がめんどうな方に人気の施術です。

しかし表皮層に色素を注入するため、肌のターンオーバーで色が薄くなります。

個人差はありますが2~3年後には薄くなるため、仕上がりをキープするには再度色素を注入する必要があります。

編集部

編集部

眉毛のデザインに飽きやすい方や、トレンドの変化に合わせたい方にもおすすめです。

一方刺青は、皮膚の深くまで色素を注入するのが特徴。

アートメイクよりさらに深い部位である真皮層まで色素を注入するため、一生皮膚に残り自然に消えることはありません。

アートメイクは医療行為

アートメイクは専用機器の針で皮膚を傷つけて色素を注入するため、医療行為とされています。

医師、または医師の指導のもとの看護師がいなければ施術はできません。

しかし、なかには無資格あるいは医師からの指導を受けていない人が施術を行う違法サロンもあるので要注意。

編集部

編集部

クリニックに比べて安価で提供しているため、安さにつられて違法サロンを選ぶことのないようにしっかり見極めましょう。

アートメイクの施術方法は2種類

アートメイクの施術方法は

  • 手彫り
  • 医療マシン

の2種類です。

手彫り

手彫りは、ペン型の針を使って少しずつ色素を注入する方法。

手作業で徐々に色を入れていくため、細かい部分や濃さを調節しながら進められます。

リアルでナチュラルな仕上がりに完成するのがメリットです。

少しずつ施術を進めるので時間がかかりやすく、痛みを感じやすいのがデメリット。

編集部

編集部

とは言え、麻酔を使用できるので痛みが苦手な方でも施術を受けられますよ!

医療マシン

医療マシンは、先端に針がついた専用の医療マシンで色素を注入する方法です。

スピーディーで自動的に針が動くマシンで、一定の間隔やスピードで規則的に着色していきます。

医療マシンを用いた施術は、痛みが少なく早く完成するのがメリット。

しかし細かい箇所まで調節できないので、のっぺりとした印象の眉毛になりやすいのがデメリットです。

編集部

編集部

特に、普段メイクをしない男性は不自然に感じやすいでしょう。

アートメイクの一番人気は眉毛!

アートメイクは、さまざまな部位に対応しています。

  • 眉:すっぴんでも好みの印象の眉毛をキープする
  • アイライン:すっぴんでも目元を印象づける
  • リップ:輪郭を整えて発色のよい唇に施術する
  • ほくろ:好きな位置にほくろを描き足す
  • ヘアライン:額の広さや生え際の形を調節する

そのなかで最も人気の部位は眉毛です。

眉毛は、抜きすぎが原因で生えてこなくなった人やメイクでうまく描けない人など、悩んでいる人が多い部位。

顔の印象に大きく影響するため、悩みを抱えやすい箇所です。

メイクに時間がかかりやすく、毎朝ストレスを抱えている方も多いでしょう。

しかし、アートメイクをすれば毎朝眉毛のメイクに時間をかけずに、時短メイクが叶います。

すっぴんの眉でも自信が持てるようになり、印象も明るくなるでしょう。

眉毛の形や量に悩んでいる方、メイク時間を短くしたい方におすすめです。

編集部

編集部

女性に限らず、男性でも眉毛のアートメイクを受けている人はたくさんいます。

ナチュラルに仕上げられるので、アートメイクで眉毛を自然に整えたい男性の方にもおすすめですよ。

眉毛をアートメイクしている芸能人

芸能人にも眉毛のアートメイクをしている方がたくさんいます。

辻希美さんも眉毛をアートメイクしています。

イメージを上回る仕上がりになり、とても満足している様子がインスタグラムからわかりますね。

顔を洗っても理想的な眉をキープできることに、喜びを感じているようです。

ギャルタレントとしてテレビで活躍しているゆきぽよさんもアートメイクを受けています。

麻酔を使うと痛みがかなり軽減されたと投稿しており、痛みを伴うもののあまり気にせずに施術を受けられることがわかります。

またアートメイクをしてからは、眉マスカラだけでメイクを終えるようになったとのこと。

アートメイクをすれば、時短メイクに繋がるようですよ。

小島瑠璃子さんもアートメイクをしています。

1本1本描き足すアートメイクの施術で、本当に毛並みが整っているような眉毛が完成。

アートメイクとはわかりにくいほどナチュラルな仕上がりです。

施術を受ければ眉毛は常に整っているので、時間のかからない薄いメイクで身支度が完了するようになるのがうれしいポイントです。

編集部

編集部

アートメイクをしている芸能人のインスタグラムで仕上がりや感想を参考にしながら、施術を受けるか考えてみましょう。

アートメイクの値段は高い?

アートメイクの部分別の価格相場をまとめました。

施術部位価格の相場
約120,000円
アイライン約70,000円
リップ約150,000円
ほくろ約13,000円
ヘアライン約290,000円

最も人気のある眉のアートメイクは、12万円ほどと高額。

しかし、毎日のメイクが楽になる上、すっぴんでも自信が持てるようになるため12万円払って挑戦する価値のある施術です。

アートメイクの中で一番高額なのはヘアライン

ヘアラインは施術面積が広いこともあり、約290,000円ととても高額です。

額の形にコンプレックスを抱えている方は、施術を受けるべきかよく考えてから挑戦しましょう。

一方、ほくろは約13,000円なので、施術を受けやすい部位です。

編集部

編集部

アートメイクの痛みが不安な方は、まずはほくろのアートメイクから挑戦するのもおすすめですよ。

アートメイクは痛い?

アートメイクは専用の針で肌を傷つけて色素を注入するため、多少の痛みを伴います。

「毛抜きで眉毛を抜いているような痛み」と表現されることが多いです。

しかし、痛みの感じ方は人それぞれ。

なかにはアートメイク中に眠ってしまう人もいるほどなので、耐えられないほどの鋭い痛みを感じることはほとんどありません。

また基本的にアートメイクは、麻酔クリームを使用してから施術を開始します

施術中に麻酔が切れてきた場合は、途中で麻酔クリームを足すことも可能。

多くのクリニックではなるべく痛みを感じないように配慮しているので、痛みが苦手な方でも施術に挑戦しやすいでしょう。

編集部

編集部

痛みに関して不安があれば、カウンセリング時にあらかじめ伝えておくと、さらに配慮しながら施術を進めてもらえますよ。

アートメイクで失敗したらどうなる?

永久ではないものの、2~3年間形や色が持続するアートメイク。

「失敗したらどうしよう…」と不安に感じる方もいますよね。

ここからは、アートメイクの失敗について解説します。

あらかじめリスクもチェックしておき、後悔することのないように注意しましょう。

デザインの失敗

アートメイクで起こりうるのは、デザインによる失敗です。

デザインの失敗は

  • 希望通りの形にならなかった
  • 色が濃くなりすぎた
  • 左右非対称でバランスが悪くなった
  • のっぺりとしたベタ塗りの仕上がりになった
  • 1年ほど経過して色素が変色した

などが考えられます。

アートメイクを受ける前のカウンセリングのときに、しっかり希望の形や色の濃さなどをよく話し合うことが大切。

さらに実績が豊富なクリニックを選ぶと、デザインを失敗するリスクを軽減できます

形・色・濃さが理想通りで、左右のバランスも整った眉毛が完成するでしょう。

また、医療マシンで施術を行うアートメイクは、眉毛がのっぺりとした印象になりやすいので注意。

編集部

編集部

ナチュラルな眉毛に仕上げたい方は、手彫りで施術を行うクリニックを選んでくださいね。

アートメイクは1年ほど経過すると、多少変色することも考えられます。

変色が気になる場合は、リタッチすることで改善しましょう。

アートメイクによる健康被害

アートメイクは医療行為のため、なかには以下のような健康被害が発生するケースもあります。

  • 強い痛みを感じる
  • 腫れが大きく長引く
  • 傷跡が残る
  • 目の隔膜を損傷してしまう ※アイラインのアートメイクの場合
  • ドライアイになる ※アイラインのアートメイクの場合

アートメイクは針で皮膚を傷つけて色素を注入するため、痛みの耐性や技術者のスキルによっては強い痛みを感じることも。

麻酔クリームを使用するクリニックを選べば、強い痛みを感じるリスクを軽減できます。

また、アートメイクによる腫れは時間が経つと治ることがほとんど。

しかし稀に症状が長引くことがあるため、気になる場合は医師に相談しましょう。

アイラインのアートメイクの場合は、施術のミスで色素が眼球に入ると目の隔膜の損傷してしまう恐れがあります。

編集部

編集部

実績が豊富で技術力が優れたクリニックを選ぶと、健康被害が起きることなく理想のアートメイクが完成するでしょう。

失敗したアートメイクを除去する方法はある?

失敗したアートメイクは、専用の除去手術を受けることで改善できます

しかし、費用・手間・皮膚への負担がかかることなので、除去する必要がないようにアートメイクに挑戦することが大切です。

アートメイクを受けるか悩んでいる方は、さまざまなリスクを考慮した上で挑戦するか判断しましょう。

また、アートメイクを受ける場合はクリニック選びがとても大切です。

  • アートメイクの実績は豊富か
  • どんな人が施術をおこなっているか
  • クリニックの口コミ評判

などをしっかりチェックして、クリニックを比較しながら決めましょう。

いくつか候補のクリニックをピックアップして、カウンセリングを受けてから選ぶのもおすすめ。

アートメイクは人気があり気軽に受けられる施術ではありますが、体や肌に負担がかかることをしっかり理解することが大切。

編集部

編集部

安さに惹かれてクリニックを選ぶのではなく、本当に信用できるクリニックか考えて慎重に選びましょう。

アートメイクはメンズにも人気

アートメイクはメンズにも人気の施術です。

男性芸能人では

  • ISSAさん
  • 宮迫博之さん
  • 市川海老蔵さん
  • 朝倉未来さん
  • ラファエルさん

などさまざまな方がアートメイクを受けています。

男性はメイクをしない方が多いからこそ、アートメイクは特におすすめです。

コンプレックスを改善したり印象がよくなったりすることで、見た目に自信が持てるようになります

さらに入念に手入れをする必要がないため、毎日整えるのがめんどうに感じる方にはぴったりです。

男性もアートメイクを受けて、少ない手入れできれいな状態をキープしましょう。

まとめ

この記事のポイントは、

  • アートメイクとは皮膚の表皮層に専用の針や機器で色素を注入する施術
  • 多少の痛みは生じるが麻酔クリームを使用するためあまり気にならない
  • デザインの失敗や健康被害のリスクがあるため信用できるクリニックを選ぶことが大切

アートメイクは、すっぴんでも自信が持てるようになりメイクの時間が短縮できるので人気の美容医療施術です。

多少の痛みが伴いますが、基本的に麻酔クリームを使用するため痛みが苦手な方でも施術を受けやすいでしょう。

また、デザインの失敗や健康被害のリスクはあるものの、慎重に信用できるクリニックを選べば満足のいくアートメイクが完成します。

自信が持てるようになったりメイクが楽になったりとメリットが豊富です。

忙しい方やメイクがめんどうな方、コンプレックスを解消したい方には特におすすめ。

アートメイクをして、短時間のメイクで理想の顔を実現しましょう。

関連記事