上手な告白の断り方。相手に「好きになって良かった」と思ってもらうコツを紹介 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. 上手な告白の断り方。相手に「好きになって良かった」と思ってもらうコツを紹介

上手な告白の断り方。相手に「好きになって良かった」と思ってもらうコツを紹介

上手な告白の断り方のポイントは、相手の気持ちを思いやった言動を心がけることです。自分が傷つきたくないからと適当な返事をするのは避けましょう。ここからは、上手な告白の断り方のポイント、やってはいけないNG行動などを紹介します。告白してくれた相手には真摯な態度で向き合ってくださいね。

告白する男性

【相手別】告白された時の上手な断り方

告白の断り方次第では、相手との今後の関係も変わってしまうかもしれません。上手な告白の断り方を、相手別に紹介します。

男友達から告白された場合

今までずっと友達だと思っていた男性から告白された場合、どう対応したら良いか特に悩んでしまいますよね。好きだけれど「好き」の種類が違う…そう感じたらはっきりと「付き合えない」と伝えましょう。関係を壊したくないからとあいまいな態度を取ると、かえって相手を傷つけてしまうかも。

「友達として好きだから、友達でいてほしい」と伝えれば、相手も望みはないと理解してくれます。ただし、友達でいられるかどうかは相手次第です。「もう友達としては付き合えない」と言われたら、潔くそれを受け入れねばなりません。

先輩・上司から告白された場合

職場の先輩や上司から告白された場合は、必ずしも本音を伝えるのが良いとは限りません。付き合えないことだけはきちんと伝えるべきですが、「タイプじゃない」「好きじゃない」などと思ったことをそのまま言うのはやめましょう。今後の付き合いを考えれば、「他に付き合っている人がいる」と伝えるのが一番良い言い訳かもしれません。

また、仕事関連の先輩なら「キャリアを積みたい」「仕事にまい進したい」などと伝えるのもおすすめ。後々気まずくならないよう、断る時は「ありがとうございます」と感謝を伝え、「○○さんのことは先輩としてとても尊敬しています」などと加えると良いです。

同僚から告白された場合

会社の同僚に告白された時も、あいまいにせずにはっきりと断りましょう。あいまいな態度でいると職場で悪評が立つおそれもあります。「好きな人がいる」「付き合っている人がいる」などは、やはりテッパンの断り文句です。ただし、同僚とは今後も顔を合わせる機会が多いはず。断る時は丁寧にきちんとお詫びして「今まで通りの関係でいたい」と伝えてみてください。

知らない人から告白された場合

告白されて初めて相手の存在を知った場合、まだ好きか嫌いかも分かりません。相手の雰囲気や態度に少しでも好感を抱いたり興味を感じたりしたのなら「お友達としてなら…」という断り方もアリです。今後の付き合い方次第では、好きになる可能性もありますよね。

一方、完全に恋愛対象外なら「気持ちは嬉しいけれど」と前置きして、きっぱりと断るのが◎です。ただし、断る時は言葉をきちんと選びましょう。下手に傷つけるとストーカーになるおそれもあるので、冷たすぎる態度は取らないようにしてくださいね。

断る時も印象良く!告白の断り方のポイント

告白を断っても、できれば相手とは良好な関係を保ちたいですよね。そのためには、断る時も相手の気持ちを思いやることが大切です。告白を断る時、心がけたいマナーを見ていきましょう。

まずは感謝!「好きになってくれてありがとう」

まず大切なのは、相手に感謝の気持ちを伝えることです。告白されたら、「ありがとう」は必ず伝えましょう。そもそも誰かに思いを打ち明けるのは、とても勇気のいることです。勇気を振り絞ってくれた相手に対してお礼を言うのは、最低限の礼儀と考えてくださいね。

「ごめんなさい」で相手に非がないことをアピール

「ごめんなさい」は相手のダメージを軽減するための大切な言葉です。あなたが謝罪することで、告白を断るのはあくまでも自分都合であるとアピールできます。相手には何ら非がないと伝える上でも、謝罪の言葉は役に立つはずです。

結局のところどのような言い回しをしても、告白を断れば相手は傷つき、ダメージを受けるでしょう。「ごめんなさい」は、相手を傷つけてしまうことへのお詫びでもあります。告白を断る時は、相手をいたわる気持ちを持つことが大切ですよ。

相手のプライドを傷つけないよう「すごく嬉しかった」と添えて

好きではない人に告白された時は、必ず「すごく嬉しかった」という気持ちも伝えましょう。告白を断られたら、男性はやはりプライドが傷つくもの。自分の魅力が足りないのかと落ち込んでしまうかもしれません。しかしこの時、「告白されて嬉しかった」と言われれば相手も少しは救われて、次の恋に行きやすくなるかもしれません。

LINEでの告白はLINEで断ってOK

LINEで告白された…そんな時はLINEで告白の返事をしてもOKです。ただし、言葉を文字にすると言いたいことがうまく伝わらなかったり、都合良く解釈されたりするおそれがあります。断るなら、付き合えないときっぱり断りましょう。

また、相手に配慮するならば朝イチで告白を断るのは避けるのが◎相手が落ち込んで仕事が手に付かなくなっては困ります。告白を断る時は、仕事が終わる夕方以降がおすすめです。

これはNG!やってはいけない告白の断り方

告白は断るのも勇気がいりますよね。しかし、自分が傷つくのを避けようとしすぎると、相手を傷つけてしまうかもしれません。告白を断る時、避けるべき態度や行動を紹介します。

冗談ぽくごまかす

「またまた~」「最近流行ってるの~?」などと、告白を冗談ぽく流すのは相手に失礼です。相手は勇気を出して告白しているはず。普段ふざけ合っている相手でも、告白された時は真剣に受け止めましょう。あなただって、真剣な告白を茶化されたら悲しいですよね。真剣な告白には、真摯な態度で対応すべきです。

あいまいな態度を取る

「相手にはっきり言うのは悪いし…」と考えている人は、実は自分が悪者になりたくないだけかもしれません。相手を傷つけたくないからとあいまいな態度をとると、相手はあなたを諦めるタイミングを逃すことになります。その場しのぎの返事が、一番相手を傷つけてしまうかもしれません。気のない相手から告白された時、「考えさせて」「今は無理」などといって逃げるのはやめましょう。脈がないのならばはっきりと断る方が親切ですよ。

キツイ言葉で断る

告白をされた時、きっぱり諦めてもらおうとあえてキツイ断り方をする人がいます。しかし、告白を断られた上にキツイ言い方をされたら、相手はもっと傷つきます。告白をきっぱり断ることは大切ですが、相手を不必要に傷つける言い方は避けましょう。相手はあなたを好きになって、告白までしてくれた人です。その気持ちに感謝し、誠意を持って対応してくださいね。

「告白されたら困る!」と思った時の回避方法

告白の断り方に悩んでしまう人は、普段から告白されないように先手を打つのがおすすめです。ストレートな告白を回避しつつ、相手に脈はないと伝えるポイントを紹介します。

2人きりにならないようにする

告白を避けるには、2人きりを避けるのがベターです。食事や遊びに誘われても、必ず他の友達も誘いましょう。誘われる度に毎回同じことをしていれば、普通の人ならば「脈はないんだな」と察してくれるはずです。また、1対1のLINEやメールなども短めが鉄則。ダラダラ続けずに、自分からすぱっと終わらせるのが良いです。

相手に良い人が見つかるよう応援する

相手の恋を応援していれば、あなたにその気がないことは伝わりやすくなるはずです。「○○君ならあの子と合うよ」「かわいい彼女が見つかるよ」などと頻繁に口にして、「あなたは恋愛対象ではない」ということをアピールしましょう。普通、他の女性を薦めてくる相手に対し「脈がある」とは考えにくいもの。告白を避ける上でこの行動は十分な盾となってくれるはずです。

告白の断り方は「ありがとう」「ごめんね」を伝えるのがポイント

うつむく女性

気のない相手から告白された時は、お詫びの気持ちと感謝の気持ちを添えるのが断り方のポイントです。告白を受けられないとしても、相手に対してきちんと誠意を見せましょう。そうすれば、相手も「この人を好きになって良かった」と思ってくれるかもしれません。告白がダメだったとしても、相手が納得できる形で恋を終わらせてあげることが大切です。

「この先、恋する人はどんな人?」「彼はわたしのことをどう思ってる?」「私のモテ期はいつくるの……!?」 さまざまな恋のお悩みを本格的なタロット占いで占ってみましょう。

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGG TGC PREMIUM