【高校生】女子から告白する方法とは?タイミングや告白を成功させるコツも紹介 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. LOVE
  3. 【高校生】女子から告白する方法とは?タイミングや告白を成功させるコツも紹介

【高校生】女子から告白する方法とは?タイミングや告白を成功させるコツも紹介

高校生の女子から意中の相手に告白するのは、ハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、告白方法やタイミングを知れば、想いを伝えやすくなります。この記事では、高校生の女子から告白する方法やおすすめのタイミングを紹介します。成功するためのコツや、相手に脈があるかを確かめる方法も合わせて見ていきましょう。

手紙を渡す女子高校生

高校生におすすめの告白方法4選

告白にはさまざまな方法があります。緊張しがちな告白を成功させるためには、女子から告白するのに向く方法を選ぶことが大切です。ここでは、高校生におすすめの告白方法4選を紹介します。

1. 直接伝える

ストレートに気持ちを伝えたい場合は、直接伝えるのがおすすめ。目を見ながら、気持ちを声に出すことで相手にも想いが伝わるでしょう。また、相手の反応や表情を直接見られるので、相手の本心も探りやすいです。他の方法よりも勇気がいりますが、雰囲気が作りやすく自分のペースで進めやすいというメリットもあります。

直接告白をする場合、クラスで噂になる可能性も高いのであらかじめ覚悟を決めておきましょう。

2. 電話で伝える

直接自分の声で伝えたいけれど、面と向かって気持ちを伝えるのが怖い人におすすめの方法が電話です。声に出して相手への気持ちを表現できるので、比較的想いが伝わりやすいでしょう。また、直接会うのが難しい遠距離の相手に告白したい時にもおすすめ。

しかし、お互いの顔が見えないので具体的に気持ちを伝えないと、相手に上手く伝わらないこともあります。表情や仕草から相手の気持ちを読み取ることができないので、直接伝える時よりも工夫が必要です。

3. LINEやメールで伝える

自分の声で伝えるのは恥ずかしいと感じる人におすすめなのが、LINEやメールで伝える方法です。相手のタイミングでメッセージを確認してもらえるので、雰囲気作りに悩むこともありません。LINEやメールで告白をする時は、いきなり気持ちを伝えるのではなく、「話たいことがあるんだけど…」など一言添えるとお互いに気持ちの準備ができます。

またLINEやメールは、一度送信すると文章が相手側に残ってしまう可能性があるので、ミスがないように必ず文章を確認してから送信するよう注意しましょう。文章は「好きです。」など、ストレートな言葉にすると文面でも想いが伝わりやすくなります。

4. 手紙を書いて渡す

直接伝えるのはハードルが高いけれど、LINEやメールは少しそっけなく感じるという人は、手紙を書いて渡すのがおすすめ。手書きなのでLINEやメールよりも自分の気持ちを込めやすいでしょう。手紙もLINEやメールと同じように一度書いて渡してしまうと残ってしまうものなので、必ず見直しをすることが大切です。事前にメモなどに下書きをしておくとミスが減ります。

手紙は相手によって気持ちが重いと感じてしまう人もいるので、渡したい相手の性格などを考えてから実行しましょう。

高校生におすすめの告白タイミング

告白の重要なポイントとしてあげられるのがタイミングです。告白のタイミングを間違えてしまうと、告白自体が失敗するリスクも高くなります。ここでは、高校生におすすめの告白タイミングを紹介します。

体育祭や文化祭など学校行事の後

高校生ならではの告白のタイミングとしてあげられるのが学校行事の後です。文化祭や体育祭など、みんなで頑張ろうと1つの目標に向かって取り組んでいる時は気持ちも盛り上がっています。そのため、意中の相手と行事を一緒に取り組むことで、一気に距離が縮まることも。

行事後に告白すると決めたら、行事になるべく積極的に取り組み、一生懸命な姿を相手に見せておくことで告白の成功率アップにつながります。

学校からの帰り道

同じ学校に好きな人がいる場合は、学校からの帰り道に告白するのもおすすめです。一緒に帰ることができる関係であれば、既に距離は縮まっているので、告白が成功する確率も比較的高いと考えて良いでしょう。

告白をする時は周囲に誰もいない2人きりのタイミングで伝えるのがベスト。普通の会話をしながら告白のタイミングをうかがえるので、雰囲気作りが苦手な人でも安心です。

デートの帰り道

デートの帰り道は楽しい気持ちの余韻がある状態なので、告白の成功率がアップしやすいと言えます。1日の思い出を一緒に振り返るなどすれば、告白する雰囲気も作りやすいでしょう。

また、デートの帰り道に雰囲気が良い場所に誘ってから告白するのもおすすめです。夕方から夜にかけては昼よりも良いムードを作りやすいので、普段勇気が出ない人でも背中を押されて告白できるかもしれませんね。

休み時間

直接告白する心構えができている人は、授業と授業の間の休み時間を狙って告白するのもおすすめ。教室が騒がしい状況で相手を呼び出せば、周囲にもバレにくいでしょう。

しかし、誘い出すタイミングを間違えてしまうと、周囲の友達に勘付かれたり、相手に断られる可能性があるので注意が必要です。相手の行動をしっかり見て、誘い出して大丈夫かどうか判断します。

女子からの告白を成功させるコツ

いくつかのコツを押さえておくと、告白が上手くいきやすくなります。女子からの告白を成功させるコツを見ていきましょう。

友達といる時間帯は避ける

部活や学校の帰り道など、相手が友達といる可能性が高い時間帯に告白するのは避けましょう。友達といる時間帯に告白をしてしまうと、告白の内容を相手以外の人に見られる可能性が高まり、相手も落ち着いた状態で告白を受け入れづらくなります。

告白をする時は自分も相手も1人の時間帯を狙い、「今何してるの?」など告白をする前に相手の状況をうかがうのがおすすめです。

文章で告白する時は相手のテンションに合わせる

LINEなどメッセージ上で想いを伝える時は、文章のテンションを相手に合わせることが大切です。例えば、相手の文章が短文であるにもかかわらず長文を送ってしまうと重い印象を与える可能性があります。相手のテンションに合わせることで、やり取りがスムーズに行えるでしょう。

返事がすぐ来ないと不安になりますが、相手もゆっくりと返事を考えている可能性があるので催促するのは控えます。

気持ちはシンプルな言葉でストレートに伝える

告白をする時はストレートな気持ちをシンプルに伝えるのがベストです。あまり長い言葉だと、大切な部分が伝わらないこともあります。告白をする前にあらかじめ気持ちの整理をしておくと、本番で失敗しにくいでしょう。

告白をする前に友達を通して気持ちを軽く伝える

告白前にそれとなく好意に気づいてほしいなら、友達を通して相手に気持ちを軽く伝えてもらうのも良いでしょう。相手の反応次第で告白のタイミングを調整できます。告白の勇気が出ない人でも相手の反応を知ることで、背中を押されることも。会話の中でそれとなく伝えてもらう程度で留めるのがコツです。

告白前に確かめたい!高校生の脈ありサイン3選

告白をする前に確かめておきたいのが、相手も好意を持っているかどうかです。ここでは高校生の脈ありサイン3選を紹介します。

1. 他の女子よりも優しく接してくれる

相手が自分に対して好意を持っている時は、他の女子よりも優しく接してくれることが多いです。困っている時に助けてくれたり、積極的に声をかけてくれたりする場合は脈ありの可能性が高いと言えます。高校生はまだ恋愛に慣れておらず、言葉よりも態度で示すことが多いため、好きな相手の態度はしっかりとチェックしておきましょう。

2. LINEなど連絡がマメ

LINEの返事が早かったり、向こうから積極的に送ってきたりする場合は脈ありを期待できるでしょう。学校ではあまり話しかけてこないのに、LINEのやり取りは頻繁というのも脈ありサインの1つです。そのため、学校でそっけない態度をされるからといって脈なしとは言いきれません。

3. 一緒の時間を増やそうとしてくれる

一緒に帰ろうと誘ってきたり、グループ活動で同じ班になりたがったりする行動も脈ありサインかもしれません。例えば、帰り道が逆方向なのに相手が誘ってくる場合は脈ありの可能性が高いです。好きな相手から何かを誘われた時は、できる限り誘いに応じると良いでしょう。

告白を成功させ楽しい高校生活を送ろう

窓の外を眺める女子高校生

告白の方法やタイミングは高校生ならではを意識したシンプルでストレートなものがおすすめです。また、告白を成功させるコツを押さえておけば、片想い中の相手との関係が進展しやすくなるでしょう。告白を成功させ、意中の人と楽しい高校生活を送ってください!

「この先、恋する人はどんな人?」「彼はわたしのことをどう思ってる?」「私のモテ期はいつくるの……!?」 さまざまな恋のお悩みを本格的なタロット占いで占ってみましょう。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い about-a-sex

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード
girlswalker総研 girlswalker総研 TGC PREMIUM TGC PREMIUM