方言女子は男子ウケ抜群!方言を話すメリットや注意点、人気方言を紹介 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. LOVE
  3. 方言女子は男子ウケ抜群!方言を話すメリットや注意点、人気方言を紹介

方言女子は男子ウケ抜群!方言を話すメリットや注意点、人気方言を紹介

方言女子とは標準語以外の地方の言葉を話す女子のことです。方言には標準語にはない温かみややわらかさがあって、方言女子の男子ウケは非常に良いと言えるでしょう。ここでは、男子が抱く方言女子へのイメージや方言女子のメリット・注意点、さらには男子ウケの良い方言について紹介します。

ひまわりを持つ女性

男子が抱く方言女子への印象

ついうっかり故郷の方言が出た時は、周囲の視線が気になりますよね。思いっきり方言を話す女子を周りの男子はどう思っているのでしょうか。男子が方言女子を見た時に感じがちな印象を紹介します。

新鮮さがある

「田舎っぽい」とネガティブな感想を持たれるのかと思いきや、方言女子の方言は標準語男子にとって新鮮に聞こえるようです。

特に聞き慣れない方言に興味を持つ男子は多く、「どこの方言だろう?」と興味が湧いてくることもあるとか。標準語と異なるイントネーションや語尾は、素朴ですれていない印象があります。

方言を話す女子は「かわいい」「好感が持てる」とポジティブに受け止められています。

垢抜けない感じに好感が持てる

標準語に慣れ親しんでいる男子にとって、地方感丸出しの方言は「温かみがある」言葉に聞こえるそうです。取り澄ました感じがなく、都会の色に染まっていない感じが良いのかもしれません。

方言は標準語に比べると垢抜けない印象がありますが、男子にとってはそれがかえって好印象。方言女子の好感度を高めているのです。

守ってあげたくなる

都会にいても変わらずに地方の言葉を使う女子に出会うと、「友達はいるのかな?」と不安になる男子も多いよう。男子の脳内では「方言そのまま=標準語を話す友達がいない」と変換されているのかもしれません。

そんな男子からすると、方言女子が頑張って標準語を話そうとしている姿は好印象です。都会に馴染めているのか不安になり「守ってあげたい」と感じる男子も少なくはありません。

方言女子ならではのメリット

「どうしても方言が出てしまう…」と悩む女子は多いかもしれません。しかし、方言女子には方言を話すからこそのメリットもあるのです。方言女子ならではの嬉しいメリットを見てみましょう。

目上の人や先輩にかわいがられる

方言女子は、目上の人や先輩にかわいがられる傾向があります。というのも、地方の方言には標準語にはない親しみやすさがあります。丁寧に話すほど冷たく聞こえることがある標準語と比べると、とっつきやすく思ってもらえるでしょう。

また、方言を話すことで「都会慣れしていない=純粋で朴訥」と自動的にイメージする人も少なくありません。かわいい「方言キャラ」として定着すれば、目上の人や先輩に目をかけてもらえる機会が増えるでしょう。

覚えてもらいやすい

標準語の中に方言が混じれば、やはり目立つものです。方言女子はその言葉からいろいろな人に覚えてもらいやすくなるでしょう。

これは、仕事上はもちろん、プライベートでも大きなメリット。方言をきっかけに会話が広がりやすく、人とコミュニケーションを取る時に役立ちます。

同郷の人と知り合うチャンスが増える

方言は地方独特の言葉。そのため、方言を話していれば同郷の人と知り合う可能性がグッと高くなります。

都会に暮らしていれば、時に故郷が恋しくなるものです。「思い切り方言で話したい」「標準語ばかりでストレスがたまる」ということもあるでしょう。そんな時に同じ地方出身者がいれば、思い切り方言を使った会話ができます。誰も知らないローカルな話題で盛り上がることもでき、ストレス解消にもつながるはずです。

都会生活の愚痴がたまった時、素の自分を思い切り出せる相手がいると安心できますよ。

方言女子が注意したいポイント

方言を話しても大丈夫とはいえ、やりすぎは禁物です。男子ウケは良くても、女子ウケが悪くなる可能性があります。方言女子が方言を話す時はどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

わざとらしいと思われないようにする

男子から比較的好印象な方言女子ですが、方言アピールが過ぎると「あざとい」と思われることがあります。

特に、女性は同性への視線が厳しくなるもの。あなたが「方言がかわいい」などと言われている様子を見れば、「計算高い」と白い目で見てくるかもしれません。

方言は思わぬ時にぽろっと出るからこそ好印象です。普段の会話から方言を前面に出すのは避けた方が良いでしょう。

「これって通じる?」と聞かない

普通に会話をしたい時、いちいち「これって通じる?」などと言われれば、会話が面倒になってしまいます。やたらと方言の意味や使い方の違いをアピールすると「ウザい」と思われがちなので注意しましょう。

地方の方言によっては、意味の推測さえ難しい言葉があります。突き詰めると面白く場が盛り上がりますが、「これって通じる?」は飲み会の時などに留めるのがベターです。普段の会話で「方言自慢」のようなことをすると、会話が進みません。

あまりにも頻繁に方言の話題を出すと、周囲から「面倒くさい人」認定される恐れがあります。

TPOをわきまえる

ビジネスシーンなどでは、極力標準語を使いましょう。無意識のうちに出てくるものは仕方ありませんが、標準語を話す努力は必要です。悪目立ちしないよう、言葉をきちんと選ばねばなりません。

また、印象的な問題はもちろん、方言はビジネス上の誤解を生む恐れがあります。方言の意味を相手が誤解すれば、大きなトラブルを招くでしょう。

方言は「出して良い時」「出すべきではない時」をきちんとわきまえ、それなりに対処しておくことが望ましいと言えます。

この地方の方言女子はモテる!男子ウケ◎の方言

方言女子の話す方言は、どれも魅力的。しかし男子ウケとなるとある程度限られてくるようです。数ある方言から、特に男子からの人気が高い方言を紹介します。

広島弁

広島弁は、どちらかというと男性的な響きの方言です。「じゃけぇ」「~じゃろ」など独特な言い回しが多く、イントネーションも標準語とはやや違います。

その昔任侠映画で多用されたことから「荒っぽい方言」という印象がありますが、女子が使うと「ギャップ萌え」を狙えそう。男子には「ぶち(=とても)好き」などとアピールするとかわいいですね。

北海道弁

北海道弁といえば、流行語にもなった「そだねー」でもわかるように、のんびりしてかわいいイメージがあります。響きもどこかやわらかいので、標準語しか話さない男子からすると温かみがあると感じるようです。

「したっけさー」「ばくりっこ(かえっこ)しよう」など、ほっこり感の高い言葉がたくさんありますよ。

関西弁

関西弁は、比較的よく耳にする方言です。TVなどでお馴染みなので、親しみやすく感じている男子も多いのではないでしょうか。

標準語と比較するとテンポがよく、チャキチャキした印象。女子が話すと明るく楽しそうな印象です。「ほんま?」「~やねん」は男子ウケの鉄板。

京都弁

関西弁ではありながら、テンポがゆっくりしているのが京都弁。おしとやかな響きに憧れる男子も多そうです。

京都弁を話す女子は、やはりおしとやかで上品な印象。「~してはります」という、はんなりした言い回しにキュンとする男子は少なくありません。

博多弁

語尾に「と」「~たい」を付けるのが博多弁。標準語男子からはかなり新鮮に聞こえるはずです。

博多弁もどちらかというとチャキチャキした響きの方言ですが、女子が話すと博多弁に魅力を感じる人は多いよう。

「よかよ」「~やけん」など、独特の話し方は好感度大です。

ナチュラルな方言女子は魅力的!

微笑む女性

方言を話すと「田舎っぽい」などと言われたのは昔の話。今はかわいく方言を使う方言女子が人気です。周囲が標準語だと、方言を話すのは恥ずかしく感じるものです。

けれど、方言もあなたのアイデンティティの1つ。たまに出てくる方言を恥じることはありません。ただし過剰な方言アピールは反感を買うこともあります。方言はわざとらしくならない程度にナチュラルに使うのがおすすめです。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE