King & Prince 永瀬廉、下半期も“国宝級イケメン”1位に意欲「頭一つ抜けられたのかな」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ENTERTAINMENT
  3. King & Prince 永瀬廉、下半期も“国宝級イケメン”1位に意欲「頭一つ抜けられたのかな」

King & Prince 永瀬廉、下半期も“国宝級イケメン”1位に意欲「頭一つ抜けられたのかな」

映画『弱虫ペダル』が、2020年8月14日(金)に全国で公開されます。

原作は、自転車競技を題材にした同名のスポーツ青春漫画で、現在までに68巻が既刊され累計2500万部突破している大人気作品。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされており、今回満を持して初の実写映画化となりました。
主人公でアニメ好きの高校生・小野田坂道役を、歌だけでなくドラマでも活躍を広げるほか、2020年上半期「ViVi国宝級イケメンランキング」1位を獲得し絶大な人気を誇るKing & Prince の永瀬廉が務め、仲間や自転車競技と出会い成長していく姿を好演。
坂道の良き仲間で期待の新人エース・今泉俊輔役には伊藤健太郎、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役に橋本環奈と旬なキャスト陣による豪華競演で、この夏一番熱い青春ストーリーを届けます。

s-★15751_0318_0210_re弱虫ペダル永瀬廉king prince

girlswalkerは、主演の永瀬廉さん(King & Prince)にインタビューを敢行♡
役柄への思い、体当たりで挑んだロードレース撮影の感想から、飛躍を実感された「国宝級イケメンランキング」などご自身にまつわることまでたっぷり語っていただきました。
さらには、永瀬さんのジャニーズのお仲間、そしてKing & Princeメンバーとの関係性などについてもお話いただき、素の永瀬さんが垣間見えるエピソードは必見です。

SPECIAL INTERVIEW

最初は不安だらけだった坂道役だけど……「やり切ったので不安はない」

――漫画の実写化作品ですが、オファーが来たときの心境はいかがでしたか?

「原作は、名前は知っていましたが、読んだことがありませんでした。なので、お話を頂いたときは、『あの弱虫ペダル?』と、ビックリしました。原作を読んでみると、レースシーンの緊迫感や選手たちの熱、疾走感をどう実写版で再現できるかなと不安になりました。自転車に乗っているシーンがほとんどだったので、そこは失われてはいけないと思いましたし、色々な場面で不安が募りました。
また、どこまで坂道(主人公)に寄せられるかな?僕らのビジュアルを見て、原作ファンの方々がどう思われるかな?という部分もあり、本当に不安だらけでしたね」

s-★15463_0317_0432_re_t弱虫ペダル永瀬廉king prince

――実際に撮影されてみて、不安だった部分は解消されましたか?

「感じ方は人それぞれだとは思いますが、撮影のときは、本当に1カット1カット全力で走りきったので、僕らからみたら『失われてないよ』『自信あるよ』って胸張って言えます。やり切ったので、そういう部分の不安はもうありません」

――作品を撮り終えて、今のお気持ちをお聞かせください。

「撮影を無事に終えた今は、達成感もありますが、何よりも安心しています。本当に、無事に誰一人ケガなく撮り終えて良かったなという気持ちが一番大きいですね。」

――永瀬さんからみた坂道くんの魅力は、どんなところですか?

「何かと可愛いなと思いますし、『頑張れ』と心の中でつい言ってしまうような人柄がまず一つの魅力だと思います。そう思わせるのは、『みんなと一緒に走りたい』『チームのために頑張りたい』っていう強い意志を持っているからだと思っています。みんなの為に自分の限界を更に超えて実力以上のものを発揮できる、とことん自分を追い込められるというのが一番の魅力だと思いますね。あとは、自分では意識していませんが、周りに愛されているところです」

s-★00768_0208_0246_re弱虫ペダル永瀬廉king prince

――可愛いところや、仲間のために頑張れるところは、率直に自分と似てるなって思いますか?

「坂道くんだからこそだと思います。自分なりに嚙み砕いて坂道くんを演じましたが、ちゃんと愛される坂道くんになったのかどうかは、早くみなさんの感想を聞きたいですね。そこは僕の一つの楽しみでもあります」

――坂道くんを作り上げるために、役作りとして頑張ったところは?

「坂道くんは、仲間のために実力以上のものを出せる人だと感じていたので、僕も撮影中は『坂道を見習って弱音は吐かない!』ということは意識してやっていました。過酷なシーンもありましたが、普段の永瀬だったら音を上げている部分も、そこをグッと堪えて『坂道を見習うんだ!』という意思を持って、撮影に挑みました」

――演技の面で、現場で吸収できたことはありましたか?

「自転車を漕ぎながらのお芝居は、なかなか体験することができませんが、そういう状況のなかお芝居するというのはこの作品を経験して慣れました。自分の一つの引き出しにはなったのかなと思います。劇中キツそうな顔をしているシーンが多いですが、あれももちろん心からの表情ですし、そういう意味でもリアル感というのは伝わるのかなと思います」

s-★18439_0324_134_re弱虫ペダル永瀬廉king prince

――競技用のロードレーサーはどのくらいで習得されたんですか?

「どのレベルが習得と言っていいかわからないですけれども、普通に乗れるようになったのは、1時間もかかっていません。足がペダルに固定されていて、サドルの高さに少し恐怖心があるくらいで、普通に乗るぶんにはすぐできました。スピードを出したりするのは徐々に……という感じですけれども、それでも2~3時間で速く漕ぐところまで持っていきました。少し漕いだだけでも、普段漕いでる自転車とはけた違いに速くて、加速度も凄いので、ほんとうに楽しいです」

――永瀬さん自身が感じた、自転車やロードレースの魅力はどんなところですか?

「自分が強くなっていくことが目に見えて実感できるところが一番面白い部分だと思います。スタミナがついたり、スピードも気づいたら何十キロも出ていたり……。あとは、チームの人と一緒に走る楽しさは一番感じました。過酷な部分もありますけれども(笑)」

――プライベートでも自転車に乗るようになりましたか?

「撮影以降はまだ乗っていないです。でも鳴子くん(鳴子章吉役の坂東龍汰)、柳くん(柳俊太郎)は乗ってるみたいで、『良いな~』と思っています。乗せてほしいなと(笑)」

――結構同年代のキャストの皆さんが集まりましたが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

「ほんとう部活みたいな感じでした!一年生組もわちゃわちゃしてるし、三年生は三年生で、トリオのようになっていました(笑)。
一年生3人組で『ご飯行こう』と約束していたのに、健太郎くん(伊藤健太郎)が当日寝てしまい、結局、俺と鳴子くんのご飯会になったこともありました(笑)」

s-★07053_0222_0345_re_t弱虫ペダル永瀬廉king prince

「ViVi国宝級イケメンランキング」下半期も1位獲得に意欲 「頭一つ抜けられたのかな」

――タイトルが『弱虫ペダル』ということで、永瀬さんの弱虫な自分がちょっと出ちゃう瞬間はありますか?

「弱虫な部分なのかは分からないですが、喋りすぎたら、脳に酸素が足りてないのか、人の言葉が理解できなくなるんです(笑)。日本語を話しているのに、理解できなくて何回も聞き返してしまう。気持ち的には頑張らないといけないと思っていても、脳がついてきてないような(笑)。自分の言ってることも分からない、相手が言ってることも分からなくなります。自分で驚きました」

――(笑)。それは緊張とはまた違うんですか?

「緊張はしてないです、全く。僕、喋るのも好きですけれども、最後の方は本当にそうなってしまいます。ラジオは、最初の方はそうなっていましたが、最近は鍛えられてます」

――劇中で、仲間の背を追って才能が大きく開花していくシーンがありますが、永瀬さん自身、ジャニーズに入ってから今まで、自分の中で“頭一つ抜けたな”と思ったエピソードはありますか?

「最近ありますね。国宝級イケメンランキング一位(笑)! 一位を取ったことで頭一つ抜けられたのかなと思いました。上半期だから、頭半分であともう少しですね。下半期も獲れたら、ようやく頭一つです(笑)」

――やっぱり国宝級イケメンランキング1位は自分の中でも大きかったですか?

「何かの賞で一位を頂けるのは、すごく嬉しいことでした。気持ちの変化は特にはありませんが(笑)」

s-★汎用05632_0219_0173_re_t弱虫ペダル永瀬廉king prince

“良き仲間”関西ジャニーズJr.・なにわ男子の西畑大吾・Aぇ!group正門良規、そしてKing & Princeのメンバーとの関係性

――坂道くんにとっての今泉くんのような、良き仲間を永瀬さんが挙げるとしたら、どなたですか?

「関西ジャニーズJr.・なにわ男子の西畑大吾と、Aぇ!groupの正門良規ですね。ジャニーズに入所したときの同期です。歳は2人とも二つ上ですが、親友、それ以上かもしれません。それくらい僕のなかで大きい存在なので、2人が色んな仕事をしていると、ライバル心じゃないけれども、「俺ももっと仕事頑張る!」という気持ちになります。プライベートでも本当によく遊びますし、かけがえのない良い存在です」

――坂道くんも自転車競技部のメンバーもみんなが仲間想いの作品。永瀬さんの仲間思いレベルは何%ですか?

「100%です! King & Princeなら100じゃないかもしれないです(笑)。やはり甘えてるから、100尽くせてるかと言われると100ではないです。本当にメンバーには甘えてるので、50くらいだと思います」

――じゃあKing & Princに対して甘えてるレベルでいうと?

「80、90%。特に誰にということはなくて、みんなに甘えてしまう。メンバーには素直に甘えられるけれども、プライベートで会う人はなかなか素直にいかない。お店も全部僕が決めたいですし、ほぼ甘えることはないです」

――それはさっき言っていた西畑大吾さんと正門良規さんに対しても?

「大吾は、僕が大阪行ったときに面倒見てもらい、東京に来たら(自分が)面倒見るという感じで、そういう意味では100ではないかもしれません。基本的には甘えないスタンスで、僕が全部決めます。(正門たちは)適当なところがあるので任せられないのもありますが(笑)」

――学園ドラマや職業ドラマに続き今回王道のスポーツ青春ドラマに挑戦しましたが、今後出演してみたいジャンルや設定はありますか?

「ヒューマンドラマみたいなジャンルをやってみたいです。そういうジャンルは試される部分が多いと思うので。だからこそ、やってみたいです。サスペンスでもいいですし、感動モノでも良いと思います。ラブコメは、お話が来たら喜んでやらせていただきたいです。基本、僕は任せられたら何でも大丈夫なのので(笑)。もちろん積極的に取り組みたいです」

INFORMATION

映画『弱虫ペダル』
2020年8月14日(金)全国公開

《出演》永瀬廉(King & Prince)
伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、栁俊太郎、菅原健、井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時
《原作》渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
《監督》三木康一郎
《脚本》板谷里乃・三木康一郎
《主題歌》King & Prince「Key of Heart」(Johnnys’ Universe)
《製作》「弱虫ペダル」製作委員会
《配給》松竹株式会社
《公式サイト》https://movies.shochiku.co.jp/yowapeda-eiga/
©2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 ©渡辺航(秋田書店)2

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN