気になる男性の好印象をゲット!恋愛に使える心理テク - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. 気になる男性の好印象をゲット!恋愛に使える心理テク

気になる男性の好印象をゲット!恋愛に使える心理テク

心理テクニックとは、心理学を利用したさまざまなテクニックのこと。この心理テクは、仕事のほか、恋愛においても活用できます。気になる人にもっと好印象を持ってもらいたい、気になる人の気持ちが知りたい、恋愛中の女性なら誰しもが思うことでしょう。心理テクを上手に使えば、相手の気持ちをグッと引き寄せられる可能性があります。そこで今回は、恋愛で使える心理テクをシーン別にご紹介します。

好印象を持ってもらうために使える心理テク

素敵な出会いのためには相手にどのように自分を印象付けるかが大切です。ここでは、出会って間もない頃に使える心理テクをご紹介します。

スリーセット効果

人の印象は、その人と3回会うまでに決まり、それ以降は固定されると言う法則のことを「スリーセット効果」と言います。この法則は恋愛に活かすことも可能です。具体的には、男性と3回会うまでずっと自分のイメージを好印象で維持し続ければ、相手にとっての自分の印象は、4回目以降の行動にあまり影響されることなくずっと高止まりのまま、こういう状態を期待できるというわけです。
顔を合わせるたびに好印象を保とうと気合いをいれ続けるのは大変ですが、初対面から3回目まで特に力を入れれば良いなら頑張れそうですよね。

ザイオンス効果

会う回数が多いほど好印象を抱きやすいという心理的な法則です。「遠くの親戚より近くの他人」ということわざではありませんが、とにかく多く会うことができれば、自然と自分の印象がアップしていく可能性があります。短時間でも、まずは顔を合わせる回数を増やすことを目指してみましょう。

デートに誘うときに使える心理テク

好きな人をデートに誘いたいけど断られたらショック…と悩む女性もいるでしょう。そこで、デートのお誘いに使える心理テクを集めました。

フット・イン・ザ・ドア

小さな頼み事から徐々に大きな頼み事にステップアップさせていくことで、相手が了承しやすいようもっていく心理テクです。人はいきなり大きなことを頼まれると躊躇してしまいがちですが、小さな頼み事を積み重ねてから大きな頼み事をされると、ハードルが下がり、OKを出してしまう場合があります。
恋愛面で活かすなら、例えば最初からハードルの高いデートに誘わず、ごくごく軽めなデートに誘い、徐々に親密度を上げていくという使い方ができます。「公園を散歩」「一緒にご飯」「買い物に付き合ってもらう」などさりげなくステップアップさせていきましょう。焦らずに大きなお誘いとのギャップを埋めていくことが大切です。

ダブルバインド

2つの選択肢を同時に提示することで、自然とどちらかを選ばせるという心理テクです。例えば「ファストフード食べに行かない?」と尋ねた場合、基本的にはイエスかノーの2通りの返答になるので、断られる可能性もあります。
しかし、「ファストフードかスイーツ食べに行かない?」というように、選択肢を増やすことで、イエスかノーではなく、選択肢
のいずれかを答えに選んでしまいやすいということです。「月曜か金曜か遊びに行かない?」「カフェか居酒屋でご飯食べない?」など、いろいろな場面で使える技なので、ぜひとも覚えておきましょう。

ドア・イン・ザ・フェイス

最初に敢えて大きな要求をし、断られた後に小さな要求を飲ませるという心理テク。営業などでもよく使用される、有名なスキルです。仮にそれが無茶な要求だったとしても、断った方は大なり小なりの罪悪感を感じるもの。そこで間髪を入れず別な小さい要求をすることで、「さっき断ってしまった分こちらは了承しようかな」という気持ちにさせるのです。
例えば「遊園地に行こう」と誘ってダメだったとき「一緒にご飯ならいい?」とより小さな提案をすると、断った罪悪感からOKしてくれる可能性があります。

デート中に使える心理テク

デートは気になる男性との仲を深めるチャンス。デート中に使える心理テクで、彼の気持ちを引き寄せましょう。

ミラーリング

自分と同じ行動をする人には親近感を覚えやすいという心理的法則を利用したものです。心理テクの中では、非常に有名です。例えば男性が飲み物を飲んだら自分も飲む、男性が足を組んだら自分も組むなど、相手のアクションを観察し、その後にさりげなく同じアクションをすることで、自然と相手が自分に親近感を感じるよう仕向けることができます。
ただし、ミラーリングの行動があからさま過ぎると「なぜ自分の真似ばかりするんだろう」と相手に不審に思われる可能性もあります。あくまでさりげなく行うことがポイントです。

ゲインロス効果

良いギャップがあるとより好意的に見えるという心理を利用したテク。例えば「引っ込み思案な性格に見えて、実は自分の意見をしっかり言える」などです。このテクを利用すれば、より自分のイメージアップに繋げることも可能でしょう。
ただし、悪いギャップは逆効果になります。「しっかり者に見えて実は自己中」など、イメージダウンするようなギャップは相手をがっかりさせるだけなので注意しましょう。

ピーク・エンドの法則

物事の「ピーク」と「エンド」が最も印象に残りやすいという法則を利用し、デートの印象をまとめることも可能でしょう。1番力を入れたいタイミングとデートの最後さえしっかりしていれば、デート中に多少のミスがあっても相手が受け取る印象に大きな影響を及ぼさず、「楽しいデート」と認識してもらえる可能性があります。
最初から最後までパーフェクトなデートは理想的ですがなかなか難しいもの。ピーク・エンドの法則を意識しておけば心強いですね。

意中の男性の気持ちを探る!使える心理テスト

それでは最後に、意中の男性の気持ちを探れる心理テストをご紹介しましょう。合コンなど大人数がいるところで楽しんだり、さりげなく相手に試してみたり、さまざまな場面で使えます。

理想の異性のタイプを3つ挙げてもらう

理想の異性のタイプを3つ挙げてもらうというとても簡単な心理テストです。これでわかるのは、答えた人の本当の理想のタイプ。ポイントは回答した順番。本当の理想のタイプは「3つめ」に答えたものです。
理想のタイプと聞かれたとき、当たり障りなく建前でタイプを挙げる人もいます。しかし、3つめくらいになると建前のネタが底をつき、本心が出てくるものなのです。心理テストと明かさず、自然な話題の1つとしてタイプを挙げてもらうこともできそうですね。気になる男性の本当の理想のタイプを探りたい方はぜひ試してみてください。

自分の指から1本選んで引っ張ってもらう

相手(男性)に自分(あなた)の指をどれでもいいので引っ張ってもらいましょう。引っ張った指で相手があなたをどう思っているかが分かるという心理テストです。
親指なら相談相手、人差し指なら仕事などのパートナー、中指なら友達、薬指なら結婚してもいい人、小指なら理想の相手だと言われています。指を引っ張ってもらうだけの簡単さと、どのように思われているのかという直接的な心理を探れるところがポイントです。合コンや飲み会で皆で試しても盛り上がるでしょう。

心理テクを活用して恋を実らせよう

今回ご紹介した心理テクは、どれも些細で誰でも真似できるものばかり。しかし、上手く活用すればさらに相手から好印象をもたれるようにすることも可能です。ぜひこの記事を参考にしながら心理テクを身に付け、あなたの恋を実らせましょう。

 恋愛の関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE