趣味が多い人とお付き合いするなら♡知っておきたい傾向と対策 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. 趣味が多い人とお付き合いするなら♡知っておきたい傾向と対策

趣味が多い人とお付き合いするなら♡知っておきたい傾向と対策

「趣味が多い人」と聞くと、いかにも毎日充実していそうですよね。毎日アクティブなそんな男性を魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。ですが、それが彼氏となれば話はそう単純ではないかもしれません。本記事では、趣味が多い人の魅力や、そういった人と付き合う場合によく出てくる不満や悩み、おすすめの対応方法についてご紹介します。

趣味が多い人の魅力とは?

趣味が多い人の魅力にはどういったものがあるでしょうか。

引き出しが多いから一緒にいて楽しい

趣味が多いということは、たくさんの楽しみを経験しているということ。行動範囲は広く、入ってくる情報量も多くなるのが一般的です。

趣味の多さがそのまま引き出しの多さとなり、話題が豊富で話の幅も広がるので、何気ない話をしているだけでも楽しい人が少なくありません。複数人でおしゃべりしているときに会話の中心となる場合も多いです。

一緒にいて楽しいのは、趣味が多い人の大きな魅力の1つです。

キラキラしている

好奇心旺盛な人は「他にも夢中になれる何かがあるかもしれない」といったワクワクした気持ちを常に持っているともいえます。

楽しいことがまだまだいっぱいあるはず……! という目で世の中を見ているため、いつも楽しげな雰囲気。人生を肯定的に捉えているので、独特の明るさが備わっています。

そして実際に充実した日々を過ごしているわけですから、輝いて見えるのも不思議はありません。

ほとんど無条件にキラキラしているのも、趣味が多い人の魅力の1つです。

コミュニケーションを取りやすい

趣味の種類にもよりますが、たくさんの趣味を楽しむ中で日頃から多方面でコミュニケーションを取っている場合が多いので、コミュニケーションに苦労することは少ない傾向です。

趣味を通じて出会う人と良好な関係性を築くのに長けている(あるいは慣れている)だけに、一緒に楽しくやっていきたいという意思が明確で、打ち解けた雰囲気で話してくれる人が多いです。

とても話しやすい人といった印象を与えるのは、趣味が多い人の魅力であり強みといえるでしょう。

何事もサクサクとこなす

趣味が多い人とは、言い換えれば、どんな趣味であれ少なくともそれなりに楽しめるレベルには到達できる人です。要領が悪くては、そもそも多趣味でいること自体が無理かもしれませんね。

そうした事情から、趣味が多い人は往々にして何事も手際よくサクサクとこなせるタイプであると考えられます。

ちょっとしたことにも必要以上に慎重になったり、不器用で何かとモタつきがちだったりといったタイプが苦手な人ほど、何でもスマートにこなしてみせる多趣味な人をより魅力的に感じるでしょう。

趣味が多い人とのお付き合いにありがちな不満や悩みは?

友人・知人の立場ならなんの不満もなくても、恋人の立場となれば気になる点もあれこれ出てきますよね。趣味が多い人と付き合っていると出てきがちな不満や悩みにはどういったものがあるでしょうか。

ふたりの時間をなかなかつくれない

時間は限られています。趣味に時間を割けば、それだけふたりの時間が減るのは当然です。

会っている時間の長さが問題ではないと割り切れる、お互いに自分の時間を大切にするのは当然と考えているのであればおそらく問題ありませんが、自分との時間を最優先してほしいという思いが強ければ、不満を募らせてしまうでしょう。

彼氏が趣味の時間を何より大切にしているからといって、ふたりで過ごす時間をないがしろにしているわけではないと冷静に受け止められなければ、少しずつ溜まった不満がいつか爆発してしまうかもしれません。

置いてきぼりにされているような気持ちがする

自分も忙しくしていればさほど気にならなくても、相手のスケジュールが空くのをいつも待っているような状態だと、寂しい気持ちになるものです。

自分自身にはこれといった趣味がない場合は特に、相手がいろいろな趣味でいかにも楽しげに、そしてアクティブにしていると、置いてきぼりにされたかのような気分になる可能性大です。

浮気が心配

ひと口に趣味が多いといっても、そのスタイルはさまざまです。

ちょっとだけかじってみてはすぐ他の趣味に移るタイプは、飽きっぽい性格の可能性があります。

また、多趣味でいること自体が目的となっているような人も、「仲の良い女性は多いほどいい」といった考えになりやすいといえそうです。

その一方で、趣味の数は多くても、すべてに対して真剣に向き合っている人であれば、浮気の心配はさほどないのではないでしょうか。

経済観念が不安

どんな趣味かによってかなり差がありますが、多くの場合、楽しもうと思えばある程度の費用がかかります。つまり、多趣味であれば投じているお金も比例して多くなるのが普通。

いくつもの趣味にジャンジャンお金を使っている様子を見ていると、「この人の経済観念ってどうなってるのかな?」と不安を覚えることもあるでしょう。

ただし、収入が十分に多く、なんの心配もなく趣味につぎ込んでいるケースもあります。

趣味が多い人とのお付き合いでのおすすめアクション

趣味が多い人と付き合う場合におすすめなのは、どういった対応でしょうか。

一緒に趣味を楽しんでみる

彼氏の数多い趣味のうちの1つか2つだけでも構わないので、興味を持てそうなものに自分も挑戦してみてはどうでしょう?

手ほどきしてもらって楽しめるようになれば、これまでは置いてきぼりにされたような気持ちで鬱々と過ごしていた時間が、二人で一緒に楽しく過ごせる時間へと変わります。そしてもちろん、自分自身の世界も広がります!

さらにふたりの関係性についていえば、彼氏が恋愛関係におけるパートナーというだけでなく、貴重な趣味仲間ともなるメリットも。

自分の趣味に引き込む! または共通の趣味を見つける

もともと好奇心旺盛な彼氏なのですから、自分にも何かしらの趣味があれば「一緒にどう?」と誘ってみるのも1つの手です。うまくすれば、今までひとりだけで楽しんでいた趣味をふたりで楽しめるようになります。

あるいは、ふたりで新しい何かに挑戦してみるのもよいでしょう。たとえ続かなかったとしても、挑戦する時間を共通できたこと自体が楽しみと考えましょう。

逆にひとりの時間を満喫する

彼氏の趣味に付き合うのを苦痛に感じるなら、無理してまでお付き合いするのはやめましょう。つらくなるだけです。

彼氏が趣味多き人生を謳歌しているのは、見方を変えれば、自分の時間を満喫しやすい状況ともいえます。

世間には何かと束縛してくる彼氏もいる中で、多趣味な彼氏は正反対。自分自身が「束縛されたら困る」生き方をしているだけに、あなたを束縛するなど夢にも考えていないはずです。

あなたはあなたの好きなように自分の時間を使い、ふたりの時間を過ごせるときにはそれを思い切り楽しめばよいのです。

趣味が多い人の輝きに惹かれるなら、一歩近づいてみて!

趣味が多い人は、興味の対象が多い人。「私だけに興味を示してほしい!」と願うなら難しい相手ですが、自分の世界をちゃんと持っていてほしい、お互いに束縛しない関係がいい、無趣味に近い自分を趣味の世界に引っ張っていってほしいといった気持ちがあるなら、とても魅力的な交際相手となるでしょう。

社交的なこと、いつも明るく快活なこと、前向きなことなど、気になるあの人に感じている魅力は、その趣味の多さから生まれている部分も少なくないといえるはず。無理!と全否定する前に、ちょっと見方を変えてみては?

 恋愛の関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE