森崎ウィン×ジャン海渡 超貴重ミックスインタビューVol.3〈FAKE MOTION -卓球の王将-〉 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 森崎ウィン×ジャン海渡 超貴重ミックスインタビューVol.3〈FAKE MOTION -卓球の王将-〉

森崎ウィン×ジャン海渡 超貴重ミックスインタビューVol.3〈FAKE MOTION -卓球の王将-〉

今最も勢いに乗る若手俳優集団「恵比寿学園男子部(EBiDAN)」と、2020年音楽シーン注目度No.1のマルチクリエイターまふまふ、絶大な人気を誇る漫画家・おげれつたなかの豪華布陣が参加する総合エンターテインメントプロジェクト「FAKE MOTION -卓球の王将-」。
CDにドラマ、コミカライズなど様々なメディアミックスを展開している注目必至のコンテンツで、現在日本テレビでは佐野勇斗さん、古川毅さん、北村匠海さんらEBiDANメンバーが集結する同名ドラマが放送中です。

girlswalkerは、4月1日に行われた、主題歌「FAKE MOTION」リリース記念ネットイベントに潜入! ドラマに出演中のEBiDANメンバーを直撃しました。同作だからこそ実現した、超貴重♡ミックスインタビューを全9回に渡ってお届けします。
さらに、girlswalker公式TikTokでは、ここでしか見られないスペシャルな胸キュンコメントも公開。お見逃しなく!

第3回に登場するのは、都立八王子南工業高校の部長・マザーこと近藤勇美役の森崎ウィンさん、同じくチームメイトで2年生 “市村兄弟”の弟・市村哲役のジャン海渡さんです。

girlswalker FAKE MOTION 卓球の王将_森崎ウィン・ジャン海渡01

左:森崎ウィン 右:ジャン海渡

森崎ウィン×ジャン海渡 独占インタビュー

話し合って作っていった“マザー”やチーム像

――2人は都立八王子南工業高校でチームメイトですが、かなり個性的なキャラクターですよね。役作りでこだわった点や苦労した点はありましたか?

森崎ウィン(以下、森崎)「近藤勇美(マザー)はみんなのお母さん的存在で、母性本能が豊かな役です。みんなのお母さんでなきゃいけない瞬間もあれば、みんなを守る戦士になる瞬間もありすごく難しかったんですが、みんなでチームのバックボーンとかを想像しながら話し合って、作っていきました」

ジャン海渡(以下、ジャン)「そうですね。八王子南工業高校のメンバーは、瑞生(板垣瑞生)は幼馴染で昔から遊んでいたし、ウィンくんも家に遊びに行かせてもらうほどの仲だし、“家族愛”を作るにあたってはすごくやりやすかったです。あと、僕はドラマ自体が“first time”(初めて)だったんですけど(※突然の流ちょうな英語!)」

森崎「ははははは!(笑)。うっせ~(笑)」

ジャン「ドラマに出演するのが初めてだったんですが、デビュー作品が八王子のメンバーで良かったなって思います」

――森崎さん演じる近藤勇美(マザー)の“女性言葉”も印象的です。どのようにイメージして臨まれたんでしょうか。

ジャン「普段からやってますから」

森崎「やってないわ(笑)。 それこそキングダムの王騎のようなイメージでした。2.5次元に近いキャラクターものというか。台詞を言うだけなら誰でもできることですが、表面上じゃない、人間味をきちんと持たせたかったので、本当にみんなと協力しながら作っていきました。もともとは普通の男言葉だったところを、『やっぱりここお母さんとして言っていいですか』と監督と相談したりして。そっちの方がシーンとして成立するかなって時は、あえて逆にしてみたりもしました」

girlswalker FAKE MOTION 卓球の王将_森崎ウィン・ジャン海渡03

兄弟みたいに仲良くなった! “ウィンジャン”のラブラブエピソード

――お二人は今回の共演をきっかけに仲良くなられたんですか? これまで交流はありましたか?

ジャン「産まれた場所が一緒だったんですよね~」

森崎「何言ってんの(笑)」

ジャン「すみません。嘘です(笑)」

森崎「このドラマをきっかけにすごく距離が近づいたんですよね。なんか、すごい俺のこと好きで、無駄に絡んでくるから、なんだこいつって思ってたんですけど、しょうがねえなって思って(笑)」

ジャン「おいおい!」

森崎「帰りとかも、わざわざ遠回りして一緒に帰ってくれたりして。一緒にサムギョプサルを食べにも行きました。ジャンはほぼ喋ってばっかりで全然食べてなくて(笑)。ずっと喋ってました。可愛かったですけど」

girlswalker FAKE MOTION 卓球の王将_森崎ウィン・ジャン海渡04_仲良し_肩組

――年齢は10歳離れているんですね! ジャンさんからしたら、森崎さんはお兄ちゃん的な存在でしょうか。

ジャン「そうですね。僕自身、今まで自分から先輩方にアプローチをかけることがあまりなかったんですけど、お互い曲作りをしているところだったり、僕が今英語を勉強してることもあって、ウィンくんは英語を喋れるところだったり、色々な面で共通する部分があって話せることも多いのかなって思いました。その、遠回りして一緒に帰ったっていうのも、ウィンくんが寂しそうにしてたので(笑)」

森崎「あっは!(爆笑)」

ジャン「これマジな話です! なので付いて行ってあげようかなみたいな。お互いね、八王子のメンバーみたいに寄り添う場所がないんでしょうね(笑)」

森崎「本当に友達がいないんですよ、ジャン」

ジャン「めちゃくちゃいますよ!!」

――(笑)。お二人のやり取りを見ているだけで都立八王子南工業高校の撮影現場の雰囲気が想像できますが、他のメンバー含めてチームワークはいかがでしたか。

森崎「こんなにたくさん集まると『俺が!俺が!』っていう人もいたりすると思うんですけど、意外に、みんなが見えない何かで繋がっているような感じがして、チームとしては一番良かったかなって思います。繋がってるんだけど、個性豊かな人達が集まっているから面白い。チーム楽曲も一番カッコいいと思います!」

――都立八王子南工業高校のテーマソング「Say My Name」の聴きどころを教えてください。

森崎「メタル調なんですけど、“家族愛”ってことですごく温かみのある曲です。どこか寂しいメロディにも聴こえて、グッとくるところがあります。どの楽曲に負けないくらいカッコいい曲ですよ! 特にジャンのラップがカッコいいです。あのリズムの踏み方はジャンにしかできないじゃないかなって僕は思います。ほぼ何言ってるかわからないんですけど(笑)」

ジャン「確かに(笑)」

girlswalker FAKE MOTION 卓球の王将_森崎ウィン・ジャン海渡02

それぞれが持ってる「ギフテッド」は?

――ドラマでは「ギフテッド」という特殊能力がポイントにもなっていますが、お二人の「ギフテッド」を挙げるとしたら?

森崎「ジャンの特技あれじゃん、モノマネが上手いじゃん!」

ジャン「ちょっとやめて本当に(笑)。何もできないし(笑)。先にウィンくん言って」

森崎「僕の『ギフテッド』は、何だろうな。もう、ちゃんと、生きれてること。ちゃんと生きてることがそもそも『ギフテッド』なんじゃないかなって思います。このご時世ですし、命の尊さ、命の重さ、そして自分の愛する人を守れるのかなとか、そういうのを考えると、今自分が普通に生きてこうやってお仕事させてもらって、住む家があって、欲しいものが買えて……っていうこと自体が『ギフテッド』なんじゃないかなって最近すごく感じます」

ジャン「めっちゃ良いコメントの後にやりづらい(笑)。僕の『ギフテッド』は、自分で言うのもあれですが、自分の芯を持っているところですかね。今はSNSとかもあって人の意見が簡単に飛び込んでくる時代だと思うんですけど、流れている情報にすぐ乗ったり、それで自分を見失ったり、一番やりたいことっていうより二番目にやりたいことをやっているように見える人がすごく多いと感じます。そういうのに流されずに、常に自分の一番のために何かを捨てる覚悟を持っていたいと思っています。それが自分の強みなのかなって思います」

森崎「カッコいい~!!」

ジャン「あざす!!」

森崎「でも、カットして『ギフテッドはモノマネ』って書いておいてください!(笑)」

ジャン「ここまで言ったのに!? スティッチのモノマネに変えておきましょうか?」

森崎「ちょっとやってみて!」

ジャン「(咳払いをして……)ボク、スティッチ!ミンナ オハナ! アハハハハハ!」

森崎「(爆笑) このネタ書いてあげてください(笑)」

girlswalker FAKE MOTION 卓球の王将_森崎ウィン・ジャン海渡05_仲良し_肩組

TikTokで胸キュンコメント動画を公開中!

メンバーの皆さんに即興で胸キュン(!?)のシチュエーションコメント動画を撮影させてもらいました。
今回のお題は「気になる女子を部活のマネージャーに誘う一言」です♡

@girlswalkernews「FAKE MOTION –##卓球の王将-」胸キュンラリー👆🏻👆🏻❤️ お題は【気になる女子を部活のマネージャーに誘う一言】です🔥 ##ジャン海渡##森崎ウィン ##girlswalker では2人のミックスインタビューを公開👍🏻✨ ##fakemotion♬ オリジナル楽曲 – girlswalker.official

キャストミックスインタビューを随時公開!

超貴重ミックスインタビューVol.1 佐野勇斗×古川毅×森崎ウィン×板垣瑞生

超貴重ミックスインタビューVol.2 田中洸希×吉澤要人×田中雅功×髙田彪我

ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将-」

第4話 4月29日(水)深夜25時09分~25時39分(日本テレビ)※関東ローカル
オンライン動画配信サービスHuluとdTVで、地上波放送終了後に見逃し配信をスタート。

small_「FAKE MOTION -卓球の王将-」_main

《出演》佐野勇斗、古川毅、橘柊生、田中洸希、吉澤要人、北村匠海、田中雅功、髙田彪我、山中柔太朗、髙松アロハ、富本惣昭、草川拓弥、小笠原海、村田祐基、船津稜雅、松尾太陽、福田佑亮、森崎ウィン、板垣瑞生、矢部昌暉、泉大智、ジャン海渡、加藤諒、池田彪馬、坂口涼太郎、尾北翼、仲田博喜
《企画・原案》汐留ヱビス商店街 「FAKE MOTION -卓球の王将-」
《監督》河合勇人 千村利光
《脚本》小山正太
《公式ウェブサイト》 https://www.fakemotion.jp

《主題歌》FAKE MOTION / King of Ping Pong
同ドラマでピンポンバトルの激しさと緊張感を演出しているのが、“EBiDAN”歌唱の主題歌「FAKE MOTION」。2020年音楽シーン注目度NO.1マルチクリエイター『まふまふ』が楽曲を全面プロデュースし、アグレッシブなビートに緊張感高まる激しい掛け合い、そして卓球の効果音も取り入れられた臨場感溢れるサウンドが心に響く1曲となっている。

歌唱メンバーは、佐野勇斗(M!LK)/古川毅(SUPER★DRAGON)/北村匠海(DISH//)/松尾太陽(超特急)/森崎ウィン /板垣瑞生
《購入サイト》https://umj.lnk.to/kop_fmYD

「FAKE MOTION -卓球の王将-」

ドラマのほか、『月刊少年チャンピオン』での漫画連載や、クロフネLINEマンガでの展開なども。詳細は公式サイトをチェック!

《公式ウェブサイト》 https://www.fakemotion.jp
《公式ツイッター》 @fakemotion_pj
《公式インスタグラム》 @fakemotion_pj

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年上半期 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE