年の差恋愛は何歳差まで?お付き合いのメリット・デメリット - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. 年の差恋愛は何歳差まで?お付き合いのメリット・デメリット

年の差恋愛は何歳差まで?お付き合いのメリット・デメリット

好きになった人がたまたま年上だった、元々年齢差がある異性が好きで気になってしまうなど、さまざまな理由から年の差恋愛をする人は多いでしょう。年の差恋愛は、一般的に何歳差までOKで、付き合う上でどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。ここでは年の差恋愛の許容範囲と、メリット・デメリットについてご紹介します。

赤い糸で繋がれた男女

年の差恋愛は何歳差まで?

芸能人の間では、かなり年の差がある相手でも結婚しているケースが見受けられます。テレビの中では広く受け入れられている年の差恋愛ですが、実際には年の差がありすぎると違和感を覚えるかもしれません。一般的には何歳差までが、年の差恋愛の許容範囲なのでしょうか。

一般的には10歳差まで

年の差恋愛で何歳差までが許容範囲かは、個人差が大きいものですが、一般的には男女共に10歳差までを恋愛対象とするケースが多いでしょう。それ以上の年の差になってしまうと、恋愛対象というよりは兄弟や親戚関係に近いものを感じてしまうかもしれません。

また、自分が女性なら男性に対して上が10歳差下は5歳差まで、男性なら女性に対して上は5歳差下は10歳差までなど、男女差が発生する場合も。

年の差がないほうが上手くいくという意見も

恋愛対象として見る範囲は10歳差までですが、実際に付き合って上手くいくのは1~3歳差までなど、年の差があまりない相手という意見もあります。年の差が近いほど、学生の時に流行った曲や趣味などの共通点が多く、話題が広がりやすいのかもしれません。

ただし、年の差は相性と関係ない、恋愛が上手くいくかいかないかはその人次第、という意見も多く見られます。

年の差恋愛のメリット・デメリットは?

ドラマや映画の世界では美しく描かれる年の差恋愛ですが、実際にお付き合いをするとなると、年の差があることのメリットやデメリットが気になりますね。ここでは、年の差恋愛のメリット・デメリットについて見ていきます。

年上男性と付き合うメリット

年上男性と付き合うメリットは、まず精神的に余裕があることです。人生経験が多いので、トラブルやそれを乗り越える術も多く身に付けています。デートの時も気配り上手だったり、博識で色々なことを教えてくれたりします。同世代にはない大人の余裕を、魅力的に感じ取る人も多いでしょう。

また、年上男性は同年代や年下男性に比べて、仕事で安定したポジションに就いているケースが多く、経済力があります。不安定な今の時代に経済力が安定していることは頼もしいメリットです。

そのほかに年上男性は年下女性に対して甘いところがあり、甘えることを許してくれるというのも素敵なメリット。同年代の男性に比べ、結婚や将来に対して真剣に考えてくれる点も、結婚を考える女性には嬉しいでしょう。

年上男性と付き合うデメリット

年上男性と付き合うデメリットは、価値観の違いを感じることです。人によっては女性はこうあるべき、という考えを持っている場合もあります。あなたが現代的な価値観に慣れ親しんでいるなら、違和感を覚えてしまうかもしれません。

また、世代間のギャップがあるので、昔流行っていたドラマや曲が異なり、会話が合わずにすれ違うことも。年上男性は結婚に対して真剣に考えてくれるのはメリットですが、結婚をすぐには考えていない女性の場合、結婚や出産の考え方にズレが生じる可能性もあります。結婚までゆっくり相手の性格を見極め、ふたりきりで過ごす時間が少なくなるのは、デメリットといえます。

ほかにはアクティブなレジャーは疲れてしまう、体力や健康に気を使わなければならない、といった点がデメリットとして挙げられます。

年下男性と付き合うメリット

年下男性と付き合うメリットは、活発で生命力があることです。自分より若々しい相手からは、日々の元気や発想力をもらえるでしょう。体力があるので、レジャーやフェスなど、アクティブなデートに誘いやすいのも嬉しいところ。また、年下男性なら将来のことをゆっくり考えられます。結婚や出産、新婚生活といったイベントまでに心の準備や、貯金をしておけるのは大きなメリットです。

ほかには考え方が柔軟で、男性が家事・育児することや、女性が生涯働くことに抵抗ない人が多いのも良いメリット。キャリアや経済的自立を重視する女性には嬉しい点です。相手が年下なので、相手の失敗に対しておおらかになれる、多少のわがままや甘えは許せることも、長く付き合う上でプラスに働くでしょう。

年下男性と付き合うデメリット

年下男性と付き合うデメリットは、年下ならではの価値観の違いを感じることです。考え方が柔軟な分、仕事観や恋愛観が自分と違う可能性があります。自分がそれまで常識と思っていたものが通じないと、相手に不信感を抱いてしまうことも。また言動が子どもっぽく、頼りなく感じられてしまうのもデメリット。しっかり者の年上女性が、いつも年下男性を引っ張ることに疲れてしまうケースもあるでしょう。

また、職種にもよりますが、年下男性だと役職についていなかったり、年収が低かったりするので、経済面で余裕がないこともあります。もちろん年下男性も年齢を重ねれば昇進していくのですが、将来のことはわからないので、今現在の収入を見て不安に感じてしまう女性もいるでしょう。結婚や子育てに対しのんびりしていて、プロポーズや子供を持つことを真剣に考えてくれないのも、すれ違いの原因となるかも。

年の差恋愛が上手くいくコツは?

年の差恋愛には年上・年下共に、メリットとデメリットがあることがわかりました。年の差恋愛にはデメリットがあるとわかっていても、年の差のある相手を好きになってしまう場合もあります。年の差恋愛が上手くいくコツはあるのでしょうか。

相手の価値観を理解する

年の差恋愛で大切なのは、相手の価値観を理解することです。相手が年上でも年下でも、自分との価値観の違いはあります。違いを非難するより、歩み寄るほうが長期的には上手くいくでしょう。

また彼氏と価値観の違いでケンカになったら、自分の価値観が偏っていないかチェックするチャンス。いつも同年代の友達とばかり話していると、価値観が偏りやすくなります。会社の先輩や後輩、近所のおばさんやおじいちゃん、取引先の人や親戚など、色々な年代の人の話を聞くと、違う視点が持てることも。

視野を広げ、相手がどうしてそういった考え方なのかを理解すると、年の差が少しずつ気にならなくなっていくでしょう。

年の差を気にしすぎない

恋愛する上で重要なのは、年の差があることより、相手がどういう人間であるか、自分のことを大切にしてくれるかどうかです。人として尊敬できる、自分と相性がすごく良いなどの場合、年の差を気にしすぎる必要はありません。

年の差カップルは、ときに他人の視線が気になるもの。周りのカップルと比べない、周りの目を気にしすぎないのも年の差恋愛が上手くいくコツ。他人と同じ幸せでなく、自分たちだけの幸せを探す気持ちが幸福へと導いてくれます。

大事なことはきちんと話し合う

結婚や将来の話など、大事なことはごまかさず、きちんと話し合うのも年の差恋愛が上手くいくコツです。もし将来のビジョンが二人の間で大きく異なっているなら、よく話し合う必要があるでしょう。

お互いの老後や親の介護、経済面など、目を逸らしたいことは多くありますが、無理のない範囲でひとつずつ向き合って。

年の差恋愛のメリットとデメリットを理解しよう

ハートがついたカクテルグラス

年の差恋愛は年の差があることで上手くいくケースもあれば、年の差が原因ですれ違うこともあります。年の差恋愛は良い面も悪い面もあると理解して、相手の価値観に歩み寄るように付き合うと上手くいくでしょう。年の差恋愛のメリット・デメリットを理解して、より良い関係を築くヒントにしてみましょう。

 恋愛の関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年上半期 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE