パーソナルスペースを意識!人間関係にも恋愛にも役立つ方法とは? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. パーソナルスペースを意識!人間関係にも恋愛にも役立つ方法とは?

パーソナルスペースを意識!人間関係にも恋愛にも役立つ方法とは?

人との距離の取り方については、職場関係においても男女関係においても、時々難しいと感じることが少なからずあるのではないでしょうか。相手のパーソナルスペースを知ることは、人間関係を円滑にするのに役立ちます。そこで今回は、パーソナルスペースの意味、対人相手ごとに異なる分類、男女別や国ごとに違うパーソナルスペースの距離、パーソナルスペースの広い男性との距離を縮める方法について解説します。

パーソナルスペースとは

パーソナルスペースとはそもそも何を指すのでしょうか。

パーソナルスペースの意味

「パーソナルスペース」とは、他人が近づいてきた時にどの距離までなら許せるかという、いわば「縄張り意識」のことです。人間には防衛本能が働いているため、この「縄張り意識内」に他人が入ってくると不快になります。この距離の感じ方は人によって異なります。

4つに分類されるパーソナルスペースのゾーン

アメリカ人文化人類学者のエドワード・ホール氏は、パーソナルスペースを4つのゾーンに分類しています

・密接距離:0cm~45cm

手を伸ばさなくても相手に触れることができ、顔も近く、キスやハグも容易にできる距離です。家族や恋人などごく近しい人は快適と感じられますが、それ以外の人にははっきりと不快を感じる距離です。

・固体距離:45cm~1.2m

お互いが手を伸ばせば触れ合う距離で、テーブル越しに向かい合う距離がこれに該当します。友人や親しい同僚ならば快適に感じる距離です。

・社会距離:1.2m~3.5m

職場の上司や学校の先生など少し距離を置くのが快適な距離です。手を伸ばしても触れることのできない安全な距離と言えるでしょう。

・公衆距離:3.5m以上

会場の講演会やスピーチなどで話す側と聞く側に分けられる距離です。私的な関係はない公的な関係で、一般人と社会的地位のある人のようなかしこまった関係の距離のことを指します。

人によって違うパーソナルスペースの感じ方、広い?狭い?平均は?

パーソナルスペースの感じ方は、男女によっても、国によっても感覚が違います。

男女で違う?パーソナルスペースの距離

男性と女性では、パーソナルスペースの感じ方が違います。女性が前後左右とほぼ綺麗な円形を描くのに対し、男性のパーソナルスペースは縦長のだえん形で、後方より前方の方が特に長くなっているのが特徴です。

このことから、男性の方が女性よりパーソナルスペースが広いことが知られています。そのため、女性は無意識に男性のパーソナルスペースに入ってしまいがち。気があると誤解されたり、不快に思われたりしないように気を付けたいところですね。

国ごとに違うパーソナルスペース

興味深いのは、国によってパーソナルスペースが異なることです。ある調査によると、広いパーソナルスペースが必要な国ランキングとして、以下のような順位になっています。

1.ルーマニア

2.ハンガリー

3.サウジアラビア

4.トルコ

5.ウガンダ

以上が上位を占めている、パーソナルスペースが広い国です。

 

26.イギリス

30.アメリカ

34.ギリシャ

35.スペイン

36.ロシア

以上が下位に入っている、パーソナルスペースが広くないとされる主な国です。

 

1位のルーマニアのパーソナルスペースは1.39mと広く、30位のアメリカが95.3cmです。日本はこの中に入っていません。

日本人の平均は近い?

国際パフォーマンス研究所代表である佐藤先生の調査によると、エドワードホール氏の分類において、日本人のパーソナルスペースは、外国人の1/3ほどとされています。私たち日本人は無意識に、外国人が不快に思うパーソナルスペースに入ってしまいがちということですから、外国人と接する時には気を付けなければいけませんね。

日本人のパーソナルスペースが近いのは、日本の住宅環境、個人主義よりも集団主義であること、銃などの武器がなく危機感を感じる必要がないことに起因すると言えるでしょう。

年齢によって変化するパーソナルスペースの感じ方

パーソナルスペースは、生まれつき備わっているものではありません。子供にはパーソナルスペースがありませんが、成長とともに徐々に学んでいくようになります。

会話時の距離の取り方によるある調査では、パーソナルスペースは40歳で最大となった後、再び近くなっていくことが分かっています。これは40歳という年齢が独立していること、その後、老いることにより周囲の助けが必要になることが考えられるでしょう。

また、同性同士の日本人場合、パーソナルスペースは20歳がいちばん近く、50歳同士よりも近いことも分かっています。これは20歳という年齢の精神的未熟さや依存性が原因ではないかと推測されています。

パーソナルスペースが広い男性との距離を縮めるには?

パーソナルスペースの広い人は、人間関係においても距離を取りたがります。気になる男性がパーソナルスペースの広い人だった場合、少しでも距離を縮めるにはどうしたらいいのでしょうか。

男性の前方に座らない

男性のパーソナルスペースは特に前方に長いため、親しくない相手の前方に座ると相手に落ち着きを与えない可能性があります。女性には気づきにくい点ですが、相手のパーソナルスペースを尊重するよう意識をしましょう。

相手のパーソナルスペースに入って好意を確かめる

相手との関係に少し慣れてきたと感じたら、あえて彼のパーソナルスペースに入ってみることで、自分への好意をある程度知ることができます。彼のパーソナルスペースに入った時に相手が両手を組んだり、一歩後ろへ下がったり、背中を後ろに反らしたりしたら好意は持っていないというサインです。再び距離を保ち、様子を見るところから始めましょう。

パーソナルスペース圏外から笑顔で

気になる男性には、遠くからでも笑顔を向けたり挨拶をしたりするようにしましょう。男性が他の人と話しているときは、パーソナルスペースに近い人に意識が向いています。だからこそ余計に、遠くからのアクションを感じることによって、無意識にあなたを意識するようになります。

これをうまく利用することにより、物理的にはパーソナルスペースに入れなくても、相手が心理的にあなたのことを気になるようになる可能性もあります。

パーソナルスペースに入れたら談笑を

ここで注意したいのは、彼のパーソナルスペースに入れたからといって、相手が自分を好きとは限らないということです。女性としての好意を寄せている人しか自分のパーソナルスペースに入れない男性もいる一方で、女性としての好意は持っていなくても、心を許した人としてパーソナルスペースに入れる男性も少なくありません。

しかし、いったん彼のパーソナルスペースに入ることができたら、楽しい談笑でその位置をキープすることが大事です。彼の話をただ黙って聞いているのではなく、雑談から共通の話題を見つけたり、次の会話の展開につながるキーワードを拾ったり、そんな雑談力のある女性は、パーソナルスペースに居てもいい人と認識されやすくなります。

相手のパーソナルスペースを知って対人にも恋愛にも役立てよう

 

 

特に親しくない相手との距離感をつかむのは、いろんな場面において難しいもの。パーソナルスペースを知ることによって、対人関係だけでなく、恋愛においても活用することができます。パーソナルスペースは無意識に反応が表れやすい部分なため、相手の反応を見ながら、距離感をうまく調節していきましょう。

 

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE タロット占い