あまのじゃくな人の特徴と心理・ツンデレ彼との付き合い方 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. あまのじゃくな人の特徴と心理・ツンデレ彼との付き合い方

あまのじゃくな人の特徴と心理・ツンデレ彼との付き合い方

「ああ言えばこう言う」そんなあまのじゃくな彼に手を焼いている女性もいるのではないでしょうか。決して悪い人ではないのだけれど、付き合いが長くなるにつれてだんだん疲れてくることも。ここでは、あまのじゃくな人の特徴とその心理、ツンデレ彼との付き合い方をご紹介します。

あまのじゃくとは?

そもそも「あまのじゃくと」は、どこから来た言葉なのでしょうか。

あまのじゃくの意味とその由来

「あまのじゃく」とは、昔話に悪者として出てくる鬼「天の邪鬼(あまのじゃく)」に由来します。日本の妖怪の一種で、モノマネがうまく、他人の心を読み取っていたずらを仕掛けていました。そのため、人の言うことにわざと逆らう人、つむじ曲がりのことを「あまのじゃく」と呼んでいます。

あまのじゃくとひねくれ者の違い

あまのじゃくとひねくれ者は、どちらも素直ではないことを意味し、混同して使われることが多いのですが、本来の意味は少し異なります。あまのじゃくが他の人と反対の言動をするのに対し、ひねくれ者は、他の人と違う思考を持ちます。

例えば、昔の写真を見て「かっこいいね」と誰かが言ったとしたら、「別にかっこよくないよ」というのがあまのじゃくで、「今はかっこ悪くて悪かったな」という思考になるのがひねくれ者です。

あまのじゃくは相手が正しいことを自覚したうえで逆らいますが、ひねくれ者は元々の考え方が歪んでいます。また、あまのじゃくは変わろうと思えば変わることもできますが、ひねくれ者は本人が自覚していない場合もあり、簡単には直すことはできません。

あまのじゃくの特徴とその心理

付き合う中で、本当に彼は私のこと好きなの?と思ったことのある女性は多いでしょう。いったい彼はなぜ、素直に気持ちを表現してくれないのでしょうか。

一匹オオカミ

あまのじゃくな人は、たいてい他人から誤解されて距離を置かれている自覚があります。しかし自分を変えようとは思っていないため、1人でも丈夫な強さを身につけます。そして人の目を気にせず、単独行動にも強くなります。もともと人と同じ行動は取りたくないと思っているため、友達も多くはありません。

多数派に批判的

多数派になりたくないと考えている人は、人と違う発言や行動を好みます。多数派の一員になることを恥ずかしく思い、流行りのものを身につけるのはダサいと思っている節もあります。

大勢の人が賞賛しているものを一緒になって称えるのは、プライドが許しません。クリスマスやバレンタインなどのイベントごとも同じ。だからと言って彼女が何もしないと、自分なんてそんなものかと拗ねてしまうことも。

恋愛に関しては奥手

あまのじゃくな男性は、ストレートに気持ちを表現することが苦手なため、恋愛に関しても好きという感情をうまく伝えることができません。気持ちを伝えることで相手から嫌われたり避けられたりすることを恐れて、奥手になってしまうのです。

女性に好きと伝えるのは恥ずかしい、カッコ悪い、という気持ちもありますが、相手が自分と同じ気持ちでなかった場合に、傷つきたくないという不安も持っています。

好きな人に意地悪をしてしまう

あまのじゃく男子は、好きな人には優しくして近づきたいはずなのに、自分の気持ちに素直になることに慣れておらず、本音を伝えることに抵抗があります。つい、思っていることとは正反対のことを言ってしまったりして、好きな女性に意地悪をしてしまうことも。好きな女の子に意地悪をする小学生の男の子の行動に似ていますね。

自分からは連絡せず、好きと言ってくれない

付き合っているのに彼からは好きと言ってくれないし、連絡もくれない。「私のこと好きではないのかも・・」と戸惑うこともあるのではないでしょうか。彼は本心では、好きな人の声を聞きたい、連絡を取りたいと思っていても、自分から連絡をすることによって、自分の方が相手を好きなようでなかなかできないという心理があります。

ツンデレ

あまのじゃくの男性の恋愛は、基本的にツンデレです。「〇〇に行きたいな」と言うと「1人で行ってきなよ」と言ったものの実際には一緒に行ってくれたり、「〇〇買ってきてくれる?」と言えば「自分で買ってきなよ」と言いつつ、わざわざ遠い店まで行って欲しいものを買ってきてれくれることも。

「じゃあ最初からそう言ってくれればいいのに」と思うかもしれません。しかしこれも彼女に優しい言葉をかけることをかっこ悪いと思っていたり、照れたりする気持ちからなのです。

相手の愛情を試す言動が多い

あまのじゃくな人は、相手が自分のことをどう思っているか、どれくらい思っているかを確認するために思っていることと正反対の態度を取ることは珍しくありません。皆で旅行に行く計画に対して、突然行かないと言い出すのは、「○○さんがいないとつまらない、行こうよ!」と言ってほしいから。

好きな人の愛情を確かめたくて、わざと他の異性の名前を口にしたり、出かけてしまったりするのは、嫉妬をして欲しいから。嫉妬は愛情の証と考えているため、嫉妬をされると嬉しいと感じます。時には望んでもいないのに、別れ話を切り出してしまうことも。

ツンデレ?あまのじゃくな彼とうまく付き合うには

彼のツンデレなところに惹かれてしまったものの、あまのじゃくな男性とのお付き合いは疲れますよね。複雑に思えるあまのじゃくですが、対処法は意外にシンプルかもしれません。

真に受けずに適度に流す

あまのじゃくは単に周囲と正反対の事をしたいだけなので、気に触ることを言われても真に受けずに流すようにしましょう。こちらが反論するとさらに反論してきます。ただし、完全にスルーしてしまうと、本当は構って欲しいと思っているため、あまのじゃくを助長させる可能性もあります。

機嫌を損ねていれば「大丈夫?」と一言かけることで、気にかけてくれる人がいることに安心するでしょう。

断られても一度は押す

映画やコンサートなど、一緒に行こうと誘っても、あまのじゃく男子は「面倒くさいから嫌だよ」と断ることも。しかし本当は、必ずしもノーではないどころか、「嬉しい!」「行きたい!」と思っていたりします。

一度断られたからと言って「それなら女友達と行く」なんて言ってしまうのはNG。自分で断っておいて、「自分の存在はそんなものなんだ」と自信をなくすこともあります。「お願い!一緒に行きたいの。」と、もう一度押してみましょう。

頼みごとは、してもらうの無理だよね?とお願いする

ストレートに何かを頼んでも、断られることがあるのは想定内。頼みたいことがあるときはあえて、「〇〇してもらうの無理だよね?」と無理前提でお願いしてみましょう。あまのじゃくな彼は、「できないことはないけど・・」と引き受けてくれる可能性が高くなります。

相手を褒め、自分からの愛情表現は素直に

あまのじゃくな人の心理として、受け入れてもらえないのではないか、否定されるのではないか、傷つくのが怖い、といった不安があります。彼に心を開いてもらうには、彼の性格を受け入れたうえで褒めて、不安を取り除いてあげるようにしましょう。自分のことを理解してくれる相手には、本音を話してくるようになることも。相手からの愛情表現がなくても、自分からの愛情は素直に表すことがポイントです。

彼の言葉よりしてくれていることに目を向ける

思ったことと反対のことを言ってしまう彼の言葉に目を向けず、実際に彼がしてくれたことに目を向けるようにしましょう。「嫌だよ」と言いながらも親切にやってくれた事実に目を向ければ、彼の本音が見えてくることも。

うまく扱ってあまのじゃくな彼の本音を見極めて

 

何を考えているか分からないあまのじゃくな男性ですが、本当は構って欲しいのに、傷つきたくなくて自分から壁を作ってしまうことも。彼を否定せず、長所を褒め、こちらからの愛情表現を素直にすることによって、だんだんと壁を作らなくても良い相手なのだと安心することができるでしょう。

とはいえ、対人間なので、スムーズにいかないことも多いかもしれません。彼の本音の見極め方も、やりとりを通して上手にコツを掴んでいきましょう。

 

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年上半期 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TGC熊本2020 TOKYO GIRLS RUN