結婚するにはいくら貯金すればいい?結婚費用を抑える方法って? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. LIFESTYLE
  3. 結婚するにはいくら貯金すればいい?結婚費用を抑える方法って?

結婚するにはいくら貯金すればいい?結婚費用を抑える方法って?

大好きな彼氏と、将来的には結婚したいと思っている人は多いでしょう。結婚はすぐにできるものではなく、お互いの仕事の都合や、両親との関係、お金の問題など、現実的に様々なことを考慮しなければなりません。

仲でも一番無視できないのが、お金の問題です。お金がないと結婚式を挙げることもできませんし、子供を作るには不安が残ります。

そこで気になるのが、結婚するまでにいくらくらい貯金すればいいのかということです。大体の目安がわかれば、貯金が目標額を超えたら結婚を考えるという手をとることもできるようになります。

そこで今回は、結婚に必要な貯金額についてご紹介します。

 

結婚するにはいくら貯金すればいい?結婚費用を抑える方法って?

みんな貯金はしているもの?

そもそも結婚以前に、みんな貯金をしているものなのかどうかって気になりますよね。20代女子は、平均して250万円くらい貯金していると言われています。皆さんはこの金額を多いと思うでしょうか、それとも少ないと思うでしょうか。

もしも多いと思った人がいても安心してください。実際には100万円にも満たない貯金額の人は一定数おり、誰もが250万円貯金しているというわけではありません。できれば250万円の貯金があると安心ですが、それに満たないからといって駄目だというほどでもありません。

また、彼氏に対しても、250万円くらい貯金をしてくれていたら安心だなくらいに思うくらいでちょうどいいですね。男性の方が貯金額が多いと言われていますので、実際はもっと貯金している可能性が高いです。

結婚に必要な貯金額はいくら?

結婚にどれくらいお金をかけるかは人それぞれですが、それなりに立派な結婚式や新婚旅行をしたいなら、ある程度の貯金が必要になります。

結婚式の費用は大体350万円はかかると言われています。そこから新婚旅行や生活費の準備金を入れると、450万円は必要になるでしょう。なので、二人合わせて500万円弱の貯金があれば、余裕を持って結婚できるということになります。女子が平均して250万円は貯金しているということを考えると、ちょうどいい金額であると言えます。

ただしこれはあくまで理想ですから、二人の貯金額が500万円に満たなくても気落ちする必要はありません。次項では、結婚のために必要となる貯金額を減らすポイントについてご紹介します。

結婚に必要な貯金額を減らすポイント

結婚は500万円溜めることが理想ですが、現実には貯金が500万円なくても結婚しているカップルはたくさんいます。ここでは、結婚の貯金額を減らすポイントをご紹介します。自分たちの場合はどうか考えて、現実的にいくらの貯金が必要なのか試算してみましょう。

親の援助がもらえるかどうか

まず、自分と彼氏の親からの援助がもらえるかどうか考えましょう。極端な話、親が費用を負担してくれるなら、貯金額がほとんどなくても結婚できます。もしも結婚したらいくらくらい援助してくれるのか、聞いてみるてもいいでしょう。

ただし親の援助をあてにして考えていて、やっぱり援助は難しいと言われるリスクもあります。確実に出してもらえそうかどうか、しっかり確認することをおすすめします。

ご祝儀はいくらくらい見込めそうか

ご祝儀がいくらくらい見込めそうかということも考えておきたいところです。ゲストの人数にもよりますが、大体200万円くらいになると言われていますから、ある程度の計算はできますよね。ご祝儀のことを考えると、貯金額は500万円よりも少なめで結婚できそうなことがわかりますね。

結婚式や新婚旅行の費用をどうするか

前項で結婚にあたって450万円前後はお金が必要になるということを述べましたが、これはあくまで目安に済みません。例えば新婚旅行には行かないと決めれば50万円以上浮きますし、既に同棲していて退職や新生活の準備も特に必要ないという場合は、追加費用は必要ありません。

また、結婚式も安めに抑えて工夫を凝らしてくれるところを選んで開けば、350万円もかからないでしょう。多くの貯金額を見込めない場合は、これらの費用をいくらまでに抑えるか考えることで、現実的に結婚できるのかどうか判断することができます。

結婚のための貯金は彼とよく話し合って決める

結婚を意識し出すようになったら、結婚のためにいくら貯金すればいいのか、彼氏とよく話し合うことをおすすめします。もしかしたら彼氏が全く貯金がないかもしれませんし、逆に現時点でかなり蓄えているパターンもありえます。

それとなく彼氏に結婚についてどう考えているか聞いてみて、そのうち結婚したいと思っているという答えをもらえたら、貯金いくらくらいしようかなどと話してみてもいいでしょう。

結婚前にお金の話をすることを嫌がる男性もいるのでうまく話す必要がありますが、現在同棲しているなど、結婚を意識する関係の場合は、こういった現実的な話をしてもいいでしょう。

結婚後が不安なら多めに貯金を

今回は、「結婚に際してお金がどれくらい必要とするのか」という視点から結婚の貯金額を考えました。しかし、結婚するときだけではなく、結婚してからもお金がかかります。もしも今妊娠している、そうでなくてもできるだけ早く子供を作りたいという場合は、出産費用の分多めに貯金をしておく必要があります。50万円~70万円くらいは余分にあると安心でしょう。

また、結婚して退職する予定の人も、念のために多めに貯金があった方が安心です。彼氏の会社が倒産する、病気でしばらく働けなるといった不運なことが起きたときに、生活を立て直すためにお金が必要だからです。彼に完全に依存するのはリスクが大きいので、少し多めに貯金しておいた方が無難であると言えます。

 

結婚するにはいくら貯金すればいい?結婚費用を抑える方法って?

おわりに

結婚のための貯金は二人合わせて500万円あると安心です。しかし、必ずしも500万円必要というわけではなく、いくら親の援助をもらえるのかとか、結婚にかける費用はどれくらいなのかによって必要な貯金額は変わります。実際に結婚する前に、一度いくら必要なのか試算してみるといいでしょう。

お金の問題は決して軽視できるものではありません。今回の記事を参考にして、現実的に必要な貯金額を考えてみましょう。

 

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE