感情に流されず事実を見つめる。“現実主義”な人の特徴と恋愛傾向とは - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. 感情に流されず事実を見つめる。“現実主義”な人の特徴と恋愛傾向とは

感情に流されず事実を見つめる。“現実主義”な人の特徴と恋愛傾向とは

あなたは現実主義でしょうか、それとも夢や理想を追い求める方でしょうか。どちらの方がいいとは一言で言えるものではありませんが、皆さんはどちらになりたいと思いますか?

今回は、現実主義の人の特徴と恋愛傾向についてご紹介します。自分のことが現実主義だと思う人も、現実主義になりたい人も参考にしてみてくださいね。

 

感情に流されず事実を見つめる。“現実主義”な人の特徴と恋愛傾向とは

現実主義とは

現実主義とは、現実を重視する態度の人のことを言います。夢や理想を追いかけることをせずに、現実的なことだけ見て行動する人のことですね。

現実主義は恋愛にも影響し、恋愛に夢や理想を求めることはせず、現実的に異性とどう関わるかということばかり考えます。常に現実的な考えができているのかとか、現実的にどう役に立つのかといったことを考えてしまうのが、現実主義の人なんです。

現実主義の人の特徴

ここでは、現実主義の人の特徴をまとめています。一体どのような特徴がある人が、現実主義と呼ばれるのでしょうか。

理性的で感情で行動しない

現実主義の人は、とても理性的です。感情に流されるということがなく、いつも冷静に判断します。現実的に物事を考えるので、感情的になって損になるようなことをすることがほとんどありません。

突発的に行動することもなく、計画を立てて行動する傾向があります。テスト勉強なども、適当に勉強するのではなく、まずこれをして、次にこれをして・・・ときちんと考えてから勉強するタイプですね。

現実主義の人は、とても落ち着きがあって慎重に行動します。

効率を重視する

現実主義の人は、効率を重視する傾向があります。何か資格の勉強をしようと思ったときも、効率良く学べる方法を調査し、その通りに勉強します。無駄なことをすることが嫌いで、自分が損にならないように行動することを心がけています。

現実主義の人は、夢やロマンを追って賭けに出るということをしません。堅実で効率良く物事をこなし、確実に自分のプラスにしていきます。

事実を重んじる

現実主義の人は、事実を重んじます。何が起こったのか、どういう結果だったのかということを重視する傾向があります。人間関係でもこの傾向があり、相手が本当はこうだったのに・・・と言っていても事実を優先して、物事を考えます。

そのため、現実主義の人は、時には他人に冷たい態度を取ってしまうことがあります。仕事や恋愛で相手をあっさりと切り捨てるということをすることがあるんですね。現実的にその人がどのような行動を取ったのか、発言との相違はどうだったのかということを重視して考えるわけです。

占いに興味がない

現実主義の人は、占いにオカルトなどに興味がありません。科学的にはっきりしないものは信用せず、全く重視しません。人との会話で適当に話を合わせることはありますが、自分は内心全く占いなどを信じることがありません。現実的に起きたことや、はっきりと証明されている物だけ信じる傾向があるのです。

安全が好き

現実主義の人は、安全であることが好きです。曖昧で先が見えないということは苦手で、常に保険をかけて生きています。現実的に自分がどう得をしていくのか、万が一失敗したときにどうやって助かるのかということを気にしています。堅実と言えば堅実なのですが、臆病な性格をしていると言い換えることもできます。そのためか、時々周りからつまらない性格をしていると言われてしまうことがあります。

夢や理想を見続ける人を小馬鹿にする

現実主義の人は、自分が現実的な思考をしているということもあって、夢や理想を見続ける人を小馬鹿にする傾向があります。大人になったんだから夢を追うことはやめるべきという価値観なわけですね。中には子供相手でも、現実的なことばかり言ってしまう人もいるくらいです。

わからないことはすぐに調べる

現実的な人は、わからないことはすぐに調べるという癖があります。自分が現実的な判断をするためには、多くの情報が必要なためです。わからないことをすぐに調べて知識を増やしていくことで、現実主義の人は現実主義でいられるわけです。もしもわからないことを放置するような性格の人なら、いつまでも知識が増えず、現実的でいられません。

現実主義の人の恋愛傾向

次に、現実主義の人の恋愛傾向を見ていきましょう。

恋人と付き合う理由がはっきりしている

現実主義の人は、恋人と付き合う理由がはっきりとしています。その人がカッコいいからとか、お金を持っているから、将来安定しそうだからなど、自分の恋人のいいところをスラスラ言うことができます。なんとなくで付き合うのではなく、自分にとってどのようなメリットがあるのか考えてから慎重に恋人を選ぶので、付き合う理由を言えるというわけです。

あっさり振ることもある

現実主義の人は、どれだけラブラブカップルだったとしても、時にはあっさり相手を振ります。自分にとって負担になっていると感じたり、恋人がいい加減でついていけないと思ったりしたら、すぐに振ります。自分がその人と付き合うメリットがないと思うと、すぐに別れるわけです。現実主義の人のあまりの変わりように、相手が戸惑ってしまうということもよくあります。

だらしない人が嫌い

現実主義の人は、だらしない人が嫌いです。特にお金にだらしない人を嫌悪する傾向があり、付き合いたくないと考えます。仮に彼氏がだらしないとわかったら、すぐに別れを考えます。自分がお金や時間にきっちりとしているので、だらしなくしている相手と付き合ってられないというわけですね。

 

感情に流されず事実を見つめる。“現実主義”な人の特徴と恋愛傾向とは

おわりに

現実主義の人は、夢や理想を追うことなく現実を重視する人のことです。慎重な性格をしており、冷静に物事を考えることができます。現実主義の人になりたい人は、常に事実を重視して、考えてから行動することを心がけるといいでしょう。

そんな現実主義の人の恋愛は、恋人と付き合う理由がはっきりしており、メリットがなくなるとあっさり振る、だらしない人とは付き合いたがらないという特徴があります。あなたもこういった恋愛をする傾向があるなら、現実主義かもしれませんよ。

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

about-a-sex

誕生日を迎えるTGCモデルの知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

about-a-sex

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM