「サブカル女子」とは?その特徴とファッションとメイクについて - girlswalker
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. 「サブカル女子」とは?その特徴とファッションとメイクについて

「サブカル女子」とは?その特徴とファッションとメイクについて

サブカル女子

「サブカル女子」という言葉が流行してはや数年。その意味は、時代とともにどんどん変わりつつあります。

独特な世界観を持っているサブカル女子ですが、令和を生きるサブカル女子は、今どんな子になっているのでしょうか?

今回は今どきのサブカル女子の特徴と、彼女たちとの上手な付き合い方についてまとめてみました。個性豊かで尖って見えるサブカル女子ですが、よく理解すれば実はかなり愛情の深い人達なのです。

なんとなく耳にはするけど…そもそもサブカル女子って何?

そもそも、サブカル女子とはどんな女性なのでしょうか。

サブカル女子の「サブカル」とはサブカルチャーの略称です。

サブカルチャーとは、メインカルチャーの逆。世の中で大流行しているものとは別の流れを持つカルチャー端的に言えば有名になっていないもののことです。

サブカル女子と呼ばれる女性は、それらを好む傾向にある人のことを指します。

世の中で大流行しているものよりも、人気は少なくとも、自分の好みに刺さるものを大切にしています。

だからこそ、自分の価値観や世界観を持っており、それをとても大切にしています。

サブカル女子のタイプは多種多様!

サブカル女子

サブカル女子とひとくくりに言っても、彼女たちの傾向は人それぞれ細かく違います。種類は多種多様です。

アニメ、ゲーム、映画、音楽、文学……世の中には様々なカルチャーがあり、その中でも系譜がそれぞれ分かれてきます。

サブカル女子と呼ばれる女性はマニアックなものでも純粋に楽しみ、自分なりの意見を持つ女性です。だからこそ、似たような何かとひとまとめにされることを嫌います。それぞれの好きなものに合わせて、行動基準や傾向が、少しづつ違うということをまずは理解するべきでしょう。

サブカル女子の外見的特徴

サブカル女子の大きな共通点は「サブカル」を好むというところですが、好きなものに合わせて系統が変わってくることを分かっていただけたと思います。とはいえ、サブカルを好みやすい人には、いくつかの特徴もあります。ここでは、多くのサブカル女子に共通しやすい特徴をまとめました。

派手色のスカートなど部分的に目立つ色をファッションに取り入れている

自身の世界観を大切にしているサブカル女子は、身に纏うファッションも大切にしている人が多いです。

ポイントは「人とは被らないこと」。パステルカラーやふんわりしたスカートといった女性らしいファッションを好む人よりは、モードファッションや原色カラーとモノトーンを組み合わせた服、トラッドなスタイルなど、中性的なファッションを好む人の方が多いです。

ボーイズライクのものや、個性的なデザインの服。一点モノのアクセサリーや古着を好む人もいれば、知っている人の少ないドメスティックブランドや、海外のデザイナーズブランドにこだわっている人も。

個性的なファッションアイテムを必ず取り入れる

サブカル女子は外見にもこだわりのある人が多いので、どこかに自身を表すかのようなアイテムを取り入れていることが多いでしょう。アニメが好きな人なら、原作の1シーンがプリントされたTシャツを着ていたり、音楽が好きな人なら、リュックサックやヘッドホンをファッションに取り入れています。

また、どちらかというと内向的な傾向が強い人が多いため、メガネをファッションに取り入れていることも。昔はサブカル女子といえば黒縁の強いメガネか丸メガネかが一般的でしたが、今はレトロなボストンや、クラシカルなウェリントンフレームが人気です。

ヘアスタイルはショートヘアやウルフヘア

サブカル女子たちは、ヘアスタイルで個性を主張するパターンも多いでしょう。特に、20代前半のサブカル女子はその傾向が強く、ツートンカラーやメッシュカラーなど、ヘアカラーの活きるヘアスタイルを選ぶことが多いでしょう。

髪色は様々で、真っ黒な人もいれば脱色した派手な色の人もいるでしょう。

当時は、インナーカラーに前髪は重めぱっつんの人が多かったサブカル女子ですが、今の大定番はウルフカットになりました。女性的すぎない中性的なヘアスタイルで、インナーにカラーを入れて遊びやすく、尖った印象にも繋がりやすいですね。20代後半以降になると、バッサリとショートに切って大人っぽい中性観を持つようになる人も。

リップメイクと涙袋にこだわりあり

数年前のサブカル女子のメイクは、チークとリップが濃いめの「殴られメイク」特徴的でした。ピンクのチークをがっつりと頬に入れ、真っ赤なリップを塗っている人が多くいましたが、現在はヘアスタイルに合わせて、メイクの雰囲気を調整している人も多いでしょう。

派手な髪色の人が多いぶん、メイクは少し強めな印象です。量産型女子たちが好むラメメイクやすっぴん風のあざといメイクなどは避け、マットなリップで強い女性像を印象づけている人も。アニメカルチャーが好きな人は、地雷系女子に近い涙袋メイクにこだわっていたりと、ベースメイクよりも印象的なリップメイク・アイメイクにこだわりのある人が多いでしょう。

サブカル女子の内面的特徴

サブカル女子

サブカル女子の世界観をある外見の特徴が理解できたところで、続いてはの内面的な特徴についてもまとめてみました。外見以上に、内面の世界観を大切にしている女性が多いため、こちらはしっかり確認していきましょう。

自分の時間を大切にする

サブカル女子の共通点は、自分の趣味に没頭できる人であるということ。つまり、自分の時間を確保することを大切にしているのです。大人数でわいわい楽しむより、自分だけの時間を楽しむ方が好きなサブカル女子。1人の時間が必要不可欠な人は多いですが、趣味が合う、話が合うと分かった人には途端になついてしまうこともあります。友達の数は多くないため1人への依存度は高く、そのぶん相手のことを思いやって大切にできる側面も持っています。

知的好奇心が旺盛で多趣味

サブカル女子は知的好奇心が旺盛です。気になったものはとことん調べることに努力を惜しみません。物事に熱中できる人でもあるため、興味を持ったことに対しては突き詰めて情報を取り入れていきますし、そのぶん頭のいい人、知識の深い人も多い傾向にあります。

好奇心があるため趣味が増えがちで、メインの趣味に加えて読書や音楽、映画鑑賞、美術館巡りやカメラなど、サブの趣味にもしっかりお金と時間をかけて楽しみます。趣コンテンツへの愛情が半端なく、かけがえがないものとして大切にしています。

SNSでは別人

普段は大人しくて内向的な人が多いサブカル女子ですが、SNSの世界では別人になります。自分の気持ちやコンテンツへの感想を発信することが好きなので、ネットではリアルの内向的な彼女たちとは全く違う側面を見せます。

リアルで口に出せないことが多い分、少し自分の世界に酔っているようなところもありますが、内向的だからといって、自分の気持ちに共感してくれる人がいなくてもいいということではないということです。本当は自分の気持ちや好きなものについて話したくても、リアルでは口をつぐんでしまう、不器用なところもあるサブカル女子。ネットでは人と仲良くできるからと、仲間の見つけやすいSNSや掲示板に傾倒する人も多い傾向にあります。

繊細で警戒心が強い

ミーハーな流行に流されてこなかったサブカル女子は、学生時代も周りから浮いていたという人も多いです。いじめられるというほどではなくても、友達は数が限られていたり、クラスで目立つ方ではなかったという人も。

学生時代にガマンした部分が多かったからこそ、大学生以降ファッションが個性的になることが多いのがサブカル女子の傾向です。「分かってくれない人からは分かってもらえなくていい」というのが彼女たちの生き様であるため、簡単には心を開きません。だからこそ、繊細で警戒心が強いのです。

彼女たちは、自分が傷つくくらいなら人と仲良くなりたくない、好きなものを馬鹿にされたくないという誇りを持っています。仲良くなるためのハードルが高い分、懐に入れた人間には特別な優しさを発揮するのです。

みんなが知らないものを発掘するのが好き

サブカル女子はみんなが知らないものを発掘することが好きです。自分だけが知っているということに、自分らしい世界観や特別感を感じます。あえてポップなカルチャーには手を出さず、小さなライブハウスで歌っているインディーズのバンドやミニシアターをチェックしたり、古本屋で同年代の人は読まなそうな純文学を探したり……。

自分らしさを表現するために、人と違う行動をしていますが、決して目立ちたいと思っているわけではありません。ただ「私らしいルーティン」を充実させようとしているだけなのです。

サブカル女子が生息するスポット

世界観の強いサブカル女子を遊びに誘う時、どんな場所に誘えばいいか悩む人も多いでしょう。人混み嫌いも多いため、サブカル女子を誘いやすい場所や遊び方には法則があるのです。

魅力的な展示会や美術館

渋谷・新宿など人が多く荒れがちな駅は好まないことが多いサブカル女子。都内なら、美術館や展示会の多い上野や銀座などがおすすめです。近代デザインやアニメなどの尖った展示ならどんなタイプのサブカル女子でも誘いやすいはず。美術館終わりは、感想を語り合える落ち着いたバルやカフェを見つけておくと喜ばれます。

隠れ家的な純喫茶

サブカル女子はSNSが好きですが、インスタ映えな行列カフェは好みません。それよりも本質的な、コーヒー豆やティーカップにこだわったカフェ、産地にこだわったオーガニックなカフェなどを好みます。同年代のキラキラ系女子は少なそうな、渋めのお店でも大丈夫。「私だけが知っている場所」を大切にするので、むしろそっちの方が喜んでもらえるのです。

オンラインのゲーム空間

休日は家にいたいことも多いサブカル女子。どうしても交流したいなら、オンラインゲームに誘うのもおすすめ。ネット好きが多いため、ゲーム機やゲームもできるPCを持っている人も多いです。負けず嫌いな人が多いので、一度ハマるとゲーム漬けになってしまう人も……。しかしその分、長い時間一緒にゲームしてもらえますよ。

推しに会えるイベントスポット

推しがいるタイプのサブカル女子なら、推し活的なスポットにはよく行っているはずです。ただし彼女たちは警戒心が強いため、心を開いていない人とは趣味感が思いっきり出る場所には行ってくれないかも。

仲良くなったという実感が出てきたら、イベントスポットに誘ってみましょう。趣味に没頭する姿を見せられる友人は少ないはずなので、一緒に行けた人というだけでも、サブカル女子の中に特別感が生まれます。

上映数の少ない小さな映画館

サブカル女子を誘うのに最も無難とも言えるのが、小さな映画館です。メインシアターではやらないような邦画のヒューマンドラマ映画や青春映画を見つけたら、サブカル女子を誘ってみましょう。もちろん、感想を交換しあえそうな静かな飲食店も忘れずに見つけておいて。

サブカル女子の休日の過ごし方

1人の時間が大切なサブカル女子は、どんな休日を過ごしているのでしょうか。彼女たちのことをもっと理解するために、1人で過ごす休日の時間の使い方も知っておきましょう。

一人で古着屋巡りなどをする

買い物は1人がいいという人も多いのが、サブカル女子の一つの特徴です。人とかぶらない服がほしかったり、試着を人に見られるのが苦手といった理由があります。スマホをいじっていれば外に1人で行くのは苦でないという人も多く、気ままにお買い物をしています。

推し活をする

推しがいる人は、推し活に割く時間がかなり多いでしょう。アニメや配信はリアルタイムで楽しんでいたり、グッズの開封など顔出しのない動画を撮っていることも。ライブに行ったりコンセプトカフェに行ったりと、外での推し活もありますが、親友と行くか1人でいくかで、しっぽり楽しむ人が多いでしょう。

一人でゲームに没頭

ゲーム好きのサブカル女子は、昼夜問わず寝食も忘れてゲームに没頭していることも。こうういうタイプのサブカル女子は、とにかく痩せ型の人が多いです。ゲームでボイスチャットするのはネットでするチャットと変わらないようで、意外と仲間と一緒に話しながら楽しんでいる人も多いよう。

みんなが知らないようなところに出向く

新しい場所探しという名のおさんぽも、サブカル女子にとってはルーティンの一つです。人は知らないお気に入りカフェを見つけたり、静かな路地で写真を撮ったり……静かな自己表現の時間は、サブカル女子にとって自身を体感できる大切な時間です。

SNSで出会った友達とオフ会

時折、インターネットで知り合った友人たちとオフ会をするということも。趣味を共有できる仲間のことは同志として大切にしているため、苦手な大人数の会も楽しみます。かといって、そこから1人仲のいい人を見つけたりするのは苦手なので、こういった会は四半期に一回ほど、飲み会の感覚で楽しんでいます。

画像

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回はサブカル女子についてご紹介してきました。

少数の人から支持されるマイナーなものに興味を持ち、とことん掘り下げるサブカル女子。自分らしい世界観や意見を持っている、魅力的な女性だと分かっていただけたと思います。

付き合いにくいかなと思ってしまうところもあると思いますが、好きなものにはまっすぐな彼女たちに愛されると、きっと大切にしてもらえるはず。これから仲良くなりたいサブカル女子がいるなら、本記事を参考にしながら、彼女たちとゆっくり仲良くなってみましょう。

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

連載・特集

江戸川区特集サイト

都心からアクセスも良く、自然がいっぱい!「江戸川区」の魅力を発信!

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

新着

TGCmatsuyama2024 TGCkumamoto2024 TGC24SS TGC Premium TGC CARD matchingwalker