ついに彼氏の両親に挨拶へ!注意すべきマナーと好印象を与えるコツとは? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. コラム
  3. ついに彼氏の両親に挨拶へ!注意すべきマナーと好印象を与えるコツとは?

ついに彼氏の両親に挨拶へ!注意すべきマナーと好印象を与えるコツとは?

あなたは今までに恋人の両親へ挨拶に行ったことがありますか?

どんな人でも初めましての瞬間は緊張するもの。それが恋人の両親ならなおさら緊張してしまいますよね。

 

今回は、そんな両親への挨拶について詳しく見ていきたいと思います!

相手の両親へ挨拶しに行く際、どんなことに気を付ければいいのか。また、どんなことをすればいいのかについてまとめました。

これから両親への挨拶が控えている方はぜひ参考にしてくださいね♪

彼氏の両親に挨拶へ!注意すべきマナーと好印象を与えるコツとは?

ついに両親に挨拶へ!

恋人の両親にきちんと挨拶をするカップルは、お互いのことを真剣に想い合っている証拠。

挨拶をするタイミングは人それぞれですが、これからもこの関係を大切にしていきたいという気持ちが分かりますよね。

両親に挨拶をするのは、同棲前や結婚前と答えるカップルが多いです。

しかし、挨拶をするタイミングはそれだけではありません!

これから先のことが具体的に決まっていなくても、大切な恋人を両親に紹介したい、挨拶したいと思う人は多くいます。

とは言え、いざ恋人の両親に挨拶!となると緊張してしまいますよね。できれば好印象を与えたいなと思うのが普通。

相手の両親に挨拶をする際、これだけおさえておけば大丈夫!というポイントがいくつかあります。

そのポイントをご紹介していくので、ぜひ頭の片隅において挨拶に向かってくださいね。

気をつけるポイント

まずは恋人の両親に挨拶に行く際、気をつけるべきポイントについて!

恋人の両親は目上の人です。失礼のないようにすることは、好印象を与えるうえでとっても大切なこと。

相手の両親に「この子はちょっと好きになれないかも」と思われないように気を付けましょう。

服装・メイクは控えめに

派手な服装やメイクを好むことは悪いことではありません。

しかし、恋人の両親に挨拶に行く際は控えめにするのがベターです!

露出が高い服や派手なメイクで挨拶に行くと、相手の両親をびっくりさせてしまいます。

胸元があいた服やミニスカートで行ってしまうと、誠実な印象を与えられません。

遊んでそう、軽そう、だらしなさそうという印象を与えてしまう危険性も・・・。

また、派手なメイクは威圧感を与えたり、自己主張の強そうな子だなと思われたりすることも!

挨拶に行く際、女性であれば女子アナの雰囲気を参考にしてみるのもおすすめです!

手土産を忘れずに

挨拶に行く際、忘れてはいけないのが手土産です。

手ぶらでお家にお邪魔するのは失礼になるので要注意!

「気の遣えない子だな」とインプットされてしまうと挽回が難しいですよ。

手土産は高級なものでなくて大丈夫。無理なく買える範囲のものを選んでくださいね。

ただ、手土産を選ぶときは数に気を付けましょう。恋人の家族プラス1個で選んでください。プラス1個はあなたの分。

もしかしたら手土産をそのまま出してくれる可能性もあるので、あなたの分も買っておくといいですよ!

挨拶は明るく

何よりも大切なのは笑顔です。

緊張してがちがちになってしまう気持ちも分かります。

しかし、笑顔もなく挨拶をしてしまっては相手の両親に好印象を与えられません

緊張してうつむき、小声になってしまうのは避けてくださいね。

きちんと両親の目を見て、元気よく明るく挨拶をするように心がけましょう。

「こんにちは」「ありがとうございます」「恐れ入ります」など、はきはきと明るく言ってくださいね。

挨拶で避けるべき言動

続いては両親に挨拶に行くときに避けるべき言動についてご紹介します。

ついついやってしまう言動により、相手の両親に悪い印象を与えないよう気を付けてくださいね。

彼氏をあだ名で呼ぶ

あなたは彼氏のことをあだ名で呼んでいますか?

「○○くん」なら大丈夫ですが、二人にしか分からないようなあだ名は両親の前では避けた方がいいでしょう。

恋人の両親とはいえ、初めて会う人たちです。

きちんと礼儀をわきまえて接しましょう。

自分を名前で呼ぶ

あなたの一人称は何ですか。

「私」なら問題ありませんが、自分のことを名前で呼ぶ人は気を付けてください。

恋人の両親の前で「○○は」「○○ちゃんは」と自分を名前で呼ぶのは避けた方が無難かも。

大人になってから自分の名前を呼んでいると、痛々しいなと思われてしまうことも・・・。

親心としては、自分の子どものパートナーはしっかりした人がいいなと思うもの。

可愛さをアピールするより、しっかりした真面目な印象を与えるようにしましょう。

ベタベタしすぎる

恋人のことが大好きなのはとても素敵なこと。

しかし、それを両親の前でアピールするのはやめてくださいね。

恋人の両親の前でベタベタしたり、寄りかかって話す態度はあまりいい印象を与えません。

また、両親から質問をされた際に「そうだよね」といちいち恋人に確認を取るのもやめましょう。

「この子は常識があまりないのかも」と思われてしまうかも!

恋人とベタベタするのは二人きりの時だけにしておきましょう!

彼氏の両親に挨拶へ!注意すべきマナーと好印象を与えるコツとは?

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は恋人の両親へはじめて挨拶を行くことについて詳しくご紹介しました。

恋人の両親に好印象を与えることは今後の二人の関係にとって大切なこと。気を付けるべきポイントをしっかりと頭に入れ、挨拶に行ってくださいね。

 

人の印象は初めて会った数秒で決まります。人は見た目ではないと言いますが、印象は見た目が9割。

清潔感と品のある外見を意識し、きちんとした言葉遣いができるようにしておきましょう!

第一印象が良いのか悪いのかは、今後の関係に大きく影響してきます。

 

外見で好印象を与えることも大切ですが、やっぱり一番大切なのは笑顔です!

恋人の両親も多少なりとも緊張しているので、あなたの笑顔で壁を取っ払ってくださいね♪

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC2019SS TGC熊本2019 TGC富山2019 シンデレラフェス TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN