山崎怜奈、山下幸輝、EXILE TETSUYA、GENERATIONSの小森隼、中務裕太らが集結!江戸川区「誰一人孤独にならず、喜怒哀楽が出せる区へ」 - girlswalker
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. 山崎怜奈、山下幸輝、EXILE TETSUYA、GENERATIONSの小森隼、中務裕太らが集結!江戸川区「誰一人孤独にならず、喜怒哀楽が出せる区へ」

山崎怜奈、山下幸輝、EXILE TETSUYA、GENERATIONSの小森隼、中務裕太らが集結!江戸川区「誰一人孤独にならず、喜怒哀楽が出せる区へ」

『SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC(以下、SDGs Fes)』が、2023年10月28日(土)に都立葛西臨海公園 汐風の広場(江戸川区臨海町6丁目)にて開催。

今年で3回目となる『SDGs FES in EDOGAWA』。2021年は「SDGsを知る・理解する」、2022年は「SDGsの行動を通して理解を深める」のテーマから、今年はさらにパワーアップ。「SDGsの行動を習慣化へ促すことに加え、区内外の方に向けてSDGsを軸に江戸川区の魅力を伝えていくこと」をテーマに、江戸川区がSDGsの中でも身近で簡単に取り組める行動としてまとめた「SDGsえどがわ10の行動」を軸にしたさまざまなステージが展開。その様子をピックアップしてお届け!

『SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC』

水と緑の江戸川ステージ

sdgsfes2023_1

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

sdgsfes2023_2

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

イベントのオープニングを飾ったのは、自然が豊かな江戸川区をテーマにしたファッションショー「水と緑の江戸川ステージ」。

「SDGsえどがわ10の行動」から【行動8:とにかくリサイクルしよう】【行動9:みどりを大切にし、プラごみを減らして豊かな自然を守ろう】をピックアップし、サステナブルな衣装を身にまとった安⻫星来さん、景井ひなさん、望蘭さん、ねおさん、⼭下幸輝さん、⼩室安未さん、藤井サチさん、中町綾さんがステージに登場。早速大きな歓声が上がった。

sdgsfes2023_3

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

その後のトークコーナーには、江戸川区出身の⼩室安未さん、中町綾さんに加え、⼭下幸輝さん、藤井サチさんが引き続き登壇。今回のショーで着た衣装について、「いろんなデニムを使ったセットアップ。ユニークでかわいい!」(中町さん)、「デニムの切り替えがかわいいんですよ。自然に配慮した素材ですね」(山下さん)とそれぞれにポイントを紹介しつつ、「SDGsえどがわ10の行動」から実践していることについてトークを展開した。

江戸川区オープニングトーク

sdgsfes2023_4

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023
左から:高木秀隆 江戸川区SDGs議員連盟会長 、藤澤進一 江戸川区議会議長、斉藤猛 江戸川区長、窪田龍一 江戸川区議会副議長 、中山慎一郎(手話通訳)

SDGsを意識したファッションショーのあとは、今回のフェスを主催する江戸川区から斉藤猛 江戸川区長、藤澤進一 江戸川区議会議長、窪田龍一 江戸川区議会副議長、高木秀隆 江戸川区SDGs議員連盟会長がステージに。

まずは、斉藤猛 江戸川区長が「3回目となる今回はリアルとオンライン、ハイブリッドでの開催が1番の特徴。SDGsえどがわ10の行動を楽しみながら実践して、1日楽しんでいただきたいです」と場内の皆さんに。

その後、「SDGsえどがわ10の行動を体験できるブースが豊富にそろっている」とさらに伝える藤澤進一 江戸川区議会議長や「江戸川区は都心にも羽田空港にもアクセスがいい住みやすい街」とアピールする窪田龍一 江戸川区議会副議長が続き、その最後には「難しいイメージのあるSDGsもごみの分別や食べ残しをしないなど、できることからやってみてください」と高木秀隆 江戸川区SDGs議員連盟会長が改めてメッセージを送り、SDGsへの理解、行動の実践を呼び掛けた。

魔法の文学館 ステージ

sdgsfes2023_5

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

スタジオジブリのアニメーション映画「魔女の宅急便」の原作者・角野栄子さんの世界観を表現した児童文学館「魔法の文学館」が、11月3日なぎさ公園にオープン!このステージでは、江戸川区出身の山崎怜奈さんをゲストに迎え「魔法の文学館」の見どころを紹介するトークを展開。

「魔法の文学館」は、角野さん自身がプロデュースし、国立競技場などを手がけたことで知られる建築家の隈研吾さんが設計。館内には、角野さんのテーマカラーでもある“いちご色”がふんだんに使われているのも特徴。

「魔女の宅急便」の舞台となったコリコの町が映し出されるプロジェクションマッピングや、子どもから大人までが楽しめるおもしろい物語をテーマに、角野さんがセレクトした約1万冊の本が並んだ読書エリアなど、こだわり満載。家族みんなで楽しめる「魔法の文学館」は、【行動3:家事や育児、介護に家族みんなで参加しよう】を考える行動としてもぴったり!

「新しい本との出会いが広がりそうですし、新しい江戸川区の見どころとして、何度も行きたい!と思える場所になっていますよね。SNS映えしそうな場所でもあるので、ファミリーだけでなく私と同年代の方も楽しめそう」と期待に胸膨らませる山崎さんの姿もあった。

江戸川ダイバーシティキッズコレクション

sdgsfes2023_6

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

オーディションで選ばれたキッズモデルと中町綾さん、安斉星来さん、加藤ナナさん、山下幸輝さん、野咲美優さん、藤井サチさん、景井ひなさん、小室安未さん、そして藤本美貴さんがランウェイに登場。

江戸川区には約120カ国、4万人の外国人が在住していることから【行動6:一人ひとりの多様性への理解を深め、交流の機会を増やそう】をテーマに、他国の民族衣装をモチーフにしたコーディネートを披露した。

ショーのあとには、子育てママを代表する藤本さんとのトークコーナーも。多文化・ダイバーシティに関して、藤本さんは自身の経験を交えながら「国それぞれの文化を理解しながら、その人自身に向き合うことが大切」と語った。

区長トークステージ

sdgsfes2023_7

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

斉藤猛 江戸川区長と新時代の生き方を提案する“プロママ集団”「MOTHERS」編集部、小脇美里編集長とのトークセッションでは、子育て世代に向けた江戸川区の魅力を発信。

待機児童ゼロを達成した取り組みや家族全員で情報を共有できる子育て応援アプリ「ぴよナビ えどがわ」についてのトークを展開。「おむつ定期便」など妊娠・出産時を含めて子育て世代へ充実したサポートが用意されていることの紹介があった。

その最後には小脇編集長からの「子育ての大変なところをピックアップして、それをカバーしていく江戸川区の子育て支援は素晴らしいですね。みんなで子育てを楽しもうという取り組みがすてきだなと思いました」というコメントを受け、斉藤区長が「誰一人孤独にならず、喜怒哀楽が出せる区になればいいなと思います。江戸川区、これからも頑張ります」と意気込んだ。

EXILE TETSUYA with EXPG

sdgsfes2023_10

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

EXILE TETSUYAさんのワークショップショーは、「Choo Choo TRAIN」からスタート。背伸びや足踏みなど、子どもから大人まで一緒に楽しめるよう分かりやすい声掛けをしながらキレキレのダンスを披露するTETSUYAさんに、場内のテンションも一気にアップ。

sdgsfes2023_8

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

その後、小森隼さんと中務裕太さんも加わってさらににぎやかに。「江戸川区、こんなもんじゃないでしょう!?」という声には、場内から大きな歓声が上がっていた。中盤では「一緒にダンスを踊って健康になろうという企画なので、ダンスを作ってきました」と「Choo Choo TRAIN」のダンスをレクチャー。

sdgsfes2023_9

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

さらに「Y.M.C.A」では小森さんの全力Y.M.C.Aコーナーもあり、場内一体となって大盛り上がり!「最後は江戸川区の皆さんと思い出作って終わりたい」と全員でウェーブを作り、ダンスを通じての一体感を楽しんだ。

アーティストライブやラジオ番組とのコラボステージも

ステージでは、ファッションショーやトークのほか、iScream、ORβIT、清水美依紗さんによるライブも!さらに、エハラ家ファミリーによるブース紹介にミキが登場したお笑いライブ、新内眞衣さんがパーソナリティーを務めるニッポン放送のラジオ「SDGs MAGAZINE」とのコラボステージなど、SDGsを楽しく学べるスペシャルなコンテンツが次々と登場した。

iScream

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023
iScream

ORβIT

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023
ORβIT

清水美依紗

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023
清水美依紗

エハラ家

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023
エハラ家ファミリー

ミキ

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023
ミキ

新内眞衣

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023
新内眞衣

『SDGs FES』をきっかけに身近なことから!

さまざまな世代の方が訪れた『SDGs FES in EDOGAWA supported by』。今回のステージをきっかけに、SDGsについて興味を持ったという人も多いのでは?「SDGs えどがわ 10の行動」をチェックして、身近なことからSDGsを行動に移してみて!

テーマは“江戸川区 行動を習慣に”

sdgsfes2023booth_1

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

SDGsに繋がる身近で簡単な行動をまとめた「SDGsえどがわ10の行動」をはじめとする、様々な行動を通じてSDGsへの理解を深めてもらう期間「SDGsシーズン」。2023年9月25日(月)から12月9日(土)まで開催。2021年に「SDGsを知る・理解する」ことを目的としてオンライン配信にて初開催。2022年には「行動を通して理解を深める」ことを目的に、リアルで開催。3年連続となった今回は、初の“リアル”と“オンライン”のハイブリット開催となった。

「SDGsシーズン」のテーマは「江戸川区 行動を習慣に」。イベントを通してSDGsの達成に向けた行動を体験し、体験した行動を日常生活で実践してもらいたい!という思いを込めたテーマとなっている。

【SDGsえどがわ10の行動】
行動1:食品ロスを防ぐため、必要な量だけ買おう
行動2:健康的な食事をし、運動を心がけ、十分な睡眠をとろう
行動3:家事や育児、介護に家族みんなで参加しよう
行動4:電気も水も大切に使おう
行動5:最新の科学や技術に興味を持ち、活用してみよう
行動6:一人ひとりの多様性への理解を深め、交流の機会を増やそう
行動7:世代を超えて地域のイベントや防災訓練に参加し、絆を深めよう
行動8:とにかくリサイクルをしよう
行動9:みどりを大切にし、プラごみを減らして豊かな自然を守ろう
行動10:川や海に囲まれた江戸川区の歴史や文化、環境を学ぼう

イベント概要

sdgsfes2023_11

©︎SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 2023

【SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC 開催概要】

●開催日時
2023年10月28日(土)開場10:00 開演11:00 終了15:00

●会場
葛西臨海公園 汐風の広場(江戸川区臨海町6丁目)

●出演者
iScream、安斉星来、EXILE TETSUYA、エハラ家ファミリー、ORβIT、景井ひな、加藤ナナ、小室安未、小森隼(GENERATIONS)、清水美依紗、新内眞衣、中務裕太(GENERATIONS)、中町綾、ねお、野咲美優、藤井サチ、藤本美貴、ミキ、望蘭、山崎怜奈、山下幸輝 ※50音順

●MC
山田真以

●主催
江戸川区

●協力
公益財団法人東京都公園協会

●企画/制作
株式会社W TOKYO

●公式サイト
『SDGs FES in EDOGAWA supported by TGC』公式サイト

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

連載・特集

江戸川区特集サイト

都心からアクセスも良く、自然がいっぱい!「江戸川区」の魅力を発信!

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

新着

TGC2024aw TGCmatsuyama2024 TGC Premium TGC CARD matchingwalker