田牧そらと櫻坂46山﨑天、初共演で感じたギャップとは「一歳しか変わらないのに…」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 田牧そらと櫻坂46山﨑天、初共演で感じたギャップとは「一歳しか変わらないのに…」

田牧そらと櫻坂46山﨑天、初共演で感じたギャップとは「一歳しか変わらないのに…」

「ショートショート劇場『こころのフフフ』」2021年7月17日よりWOWOWオンデマンドで一挙配信、8月15日にWOWOWプライムで一挙放送される。

心のフフフ

本作は、現代ショートショートの旗手、小説家・田丸雅智の完全オリジナルで描かれ、「短くて・不思議で印象的な結末のある」一話約10分のショートショートドラマ。

主人公の奥野こころは、内気な性格の高校一年生。のんびり屋の両親に育てられ、同年代の子たちに比べて世界をまだ全然知らない。そんなこころは、高校入学初日、隣の席に座った鳥居あすかのカーディガンの袖が極端に長いことに驚く。どうやら袖は自然に伸びてしまうもので、”袖サロン”に切りに行かなきゃいけないらしい。その後も、“腹ベル部”に“なまリップ”、“エアドーナツ”に“紺ソの森”…と次々と訪れる未知の世界に触れ、こころは「フフフ」と笑って楽しんでいく。

主人公・奥野こころを演じるのは、14歳ながら本作ドラマ初主演の若手女優、田牧そら。その同級生・鳥居あすかを、ドラマ初挑戦となる山﨑天(櫻坂46)が演じる。物語の中で親友となっていく2人は、インタビュー中もまるで青春真っ只中の親友のような空気感。仕事のことから学校の話など、フレッシュな対談をお届けする。

SPECIAL INTERVIEW

現場で工夫した役作り

——今回、田牧さんは初主演、山﨑さんは初のドラマ挑戦ということですが、出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

田牧 「今までいろいろな作品に出させていただいた中で、主演の方って色んな所に意識を向けていたり、俳優部の先頭に立って引っ張っている姿を見てきたので、大変っていう事を知ってたんです。自分がその立場になるのは嬉しいけど不安な気持ちも大きかったです。でも、皆さんすごく優しくて現場もアットホームで。本当に不安な気持ちが全部なくなるくらい楽しく演じることができました」

山崎 「私は演技自体ほとんど経験がなかったので、最初は不安しかなかったです。オーディションに受かったのは嬉しかったけど、『どうしよう、受かっちゃった…』という気持ちのほうが大きくて、現場に行くまではすごく不安な気持ちでした。でも、現場の様子や周りの方たちを見て、毎日がいい刺激と挑戦になりました。本当に一つ一つのことが新鮮で、難しいことも含めて全部が楽しかったなって思います」

心のフフフ

——役作りで心掛けたことを教えてください。

田牧 「私は台本を読んだ時に、こころって周りを笑顔にできる子だなと感じました。でも、自分が周りを笑顔にすることって難しい。迷った中で、考えて行ったというよりは、現場で考えたことを素直に表現したり、あすかとのお芝居で『あ、ここはこうやって言ってみたいな』って思ったらそれを取り入れてみたりしてました」

山崎 「私は台本を読んでみて、あすかが“どんな子なのか”を具体的に言葉で表すことが難しかったです。でも、こころを見て『こころ可愛いなぁ』みたいに私が自然に思ったことをあすかも思ってるのでは。と気づいたんです。そこから徐々に、あすかってこういう子なのかなと感じていく部分が大きかったです」

心のフフフ

——台本を読んだときの印象や、不思議なストーリーを実際に演じてみてギャップは感じましたか?

田牧 「毎回ギャップでした(笑)。毎回いい意味で想像を裏切られるというか『こういうことなんだ!』って思いました。“紺ソの森”とか、台本を読んでも読んでもわからなくて(笑)。実際に撮影してみると『あ、こういうことだったんだ。結構ありかもしれない』と新たな発見がありました」

山﨑 「そうだね(笑)」

田牧 「演じてみて、もっといろいろな目線から世界を見られる人になりたいなと思いました」

山﨑 「私は、初めて台本を読んだ時は本当に何も分からなくて、『これ、漢字の間違いかな?』って思ったりもしました(笑)。ネットで、聞いたことがない単語を何個か調べたんですけど全然出てこなくて」

田牧 「わかるわかる!(笑)」

2人の思わず“フフフ”と思うエピソードは?

——お互いに対してや、お仕事やプライベートで不思議に思ったことは?

山﨑 「あのー、そらちゃんは動きが不思議です。言葉はよく考えて話してると思うんですけど、動きはなんかずっと不思議で(笑)。“数学筋”のダンスみたいな体操で、『そらちゃん、これどうやって踊るのかな』と思ってたら、見本の動画と同じ動きなんですけど、なんか違くて(笑)やっぱり良い個性を持ってるなと思いました」

田牧 「天ちゃんは、なんでそんなに背が高いのかなって不思議です。一歳しか変わらないのにびっくりですよね。あと、物語には不思議な道具がいろいろ出てきますが、実際に“エアドーナツ”はあったらいいなと思いました」

山﨑 「食べたい!」

田牧 「撮影で用意してくれていた“エアドーナツ”は本当に美味しかったし、食べて痩せれるなら…」

山﨑 「あれが開発されたら最高だよね」

田牧 「最高!」

心のフフフ

——最近、心がフフフとなるようなことがありましたか?

山﨑 「櫻坂46のメンバーにダンスを教える機会があったんですけど、そのお礼に大量のチーズをもらいまして。本当に大量なんですよ、箱買いしたみたいな。チーズ好きっていうのを分かってたみたいで。『要冷蔵なので』と連絡がありました。大量のチーズが入っていて、すごい笑っちゃいました」

田牧 「家にアイスがある時(笑)。最近暑いので、学校から帰ってきてアイスがあるとすごい嬉しくなります。食べることが大好き。今食べたいのは、フルーツ系のアイスです」

心のフフフ

——田牧さんは中学三年生で、山﨑さんは高校一年生。卒業式で学生時代の後悔を成仏するシーンもありましたが、山﨑さん自身がこうしておけば良かったと思った経験、田牧さん自身が卒業までに過ごしたいと思う学生生活について教えてください。

山﨑 「私は中学時代にもっと友だちと遊んでおけば良かったなと思います。熱心に部活に取り組んでいたので、放課後遊ぶことが中々なくて。だから、放課後みんなで駄菓子屋さんに行ったりしておけば良かったなと思いますけど。でも、今回のドラマが中学生の青春を取り戻しているような気分にもなりました」

田牧 「私は今中学生で、仲良い子たちと同じクラスになれて、休み時間は喋りっぱなしな所が、こころの学生生活と似てるのかなと思います。最近休み時間にハマっているのは、ホワイトボードにいろんな人の似顔絵を描いて誰が一番上手かっていう遊びです(笑)。中学生活は楽しんでいますが、高校みたいに皆でお弁当を食べる事がないので劇中のそういうシーンに憧れました」

心のフフフ

INFORMATION

無料配信中

【第1話「袖サロン」】

【第2話「なまリップ」】

INFORMATION

WOWOWオリジナルドラマ「ショートショート劇場『こころのフフフ』」

2021年7月17日WOWOWオンデマンドにて一挙配信
2021年8月15日WOWOWプライム一挙放送

《原案》田丸雅智
《脚本》吹上よう
《監督》村尾嘉昭
《音楽》遠藤浩二
《主題歌》Vaundy『世界の秘密』(SDR)
《企画》亀山公亮、千原秀介(AOI Pro.)
《出演》田牧そら、山崎天(櫻坂46) 、大西利空
《プロデューサー》大木綾子、大高さえ子
《制作協力》TBSスパークル
《制作著作》WOWOW
《特設サイト》https://www.wowow.co.jp/drama/original/fufufu/

《Photo by》稲澤朝博

田牧そら
《ヘアメイク》石邑麻由
《スタイリスト》野田さやか
《サンダル》¥10,000/ブリジットバーキン

山﨑天
《ヘアメイク》市野沢祐大(TEN10)
《スタイリスト》田村なおこ
《シャツ》¥33,000/NEONSIGN
《ヴィンテージのキャミワンピース》¥12,000
《ヴィンテージのサンダル》¥11,000/LUIK

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM