広瀬すず、“実写版”ドラミちゃん役に困惑!「ちょっぴり恥ずかしい」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 広瀬すず、“実写版”ドラミちゃん役に困惑!「ちょっぴり恥ずかしい」

広瀬すず、“実写版”ドラミちゃん役に困惑!「ちょっぴり恥ずかしい」

ソフトバンクが「ドラえもん」とコラボし、制作しているテレビCMシリーズの最新作、テレビCM、5Gって ドラえもん?「ドラミ登場」篇が、2021年6月25日(金)から全国で放映開始。

ブルース・ウィリスがドラえもん役を演じていることでお馴染みのテレビCMが今回、新たにドラミ役として広瀬すずを起用。CM放映に先行して、キュートすぎる広瀬のドラミ姿が公開され、話題を集めている。

新CM 5Gって ドラえもん?「ドラミ登場」篇

今回の最新作では、新メンバーとして、広瀬すずさんがドラえもんの妹のドラミちゃん役で登場。

5Gがいつやってくるのかリビングで会話している白戸家の前に突如現れ、お母さんやアヤ、お兄ちゃんたちを驚かせる。そして、兄のドラえもんも登場し、さらに未来ののび太も「どこでもドア」から姿を現すと、なんと白戸家にも5Gの電波が入るようになり喜ぶアヤ。

そんなドラえもんキャラクターと白戸家メンバーの愉快な掛け合いを通じて、「どこでも5Gへ!」のメッセージとともに、2022年春までに5Gの人口カバー率90%を目指し、今後5Gサービスのエリアがますます拡大していくことを印象的に描いている。

一番の見どころは、広瀬さん演じるドラミちゃんのインパクト抜群の登場シーン。テレビCMシリーズ第1回目で、天井を突き破って出てきたドラえもんに勝るとも劣らない、白戸家メンバーとの衝撃の初対面シーンとは果たして…。

広瀬すずが演じたキュートなドラミちゃん♡

黄色いボディに大きな赤いリボン。お花のしっぽに鈴のペンダント。可愛すぎる広瀬すずのビジュアルは必見♡ドラミちゃんのトレードマークを再現したチャーミングな姿をお楽しみに。

また、可愛い見た目とは裏腹に、ド派手な音を立てて部屋の壁を突き破る“体当たり演技”にも挑戦!迫力満載なアクションシーンにも注目です。

撮影エピソード

かわいらしいトレードマークが目を引く、“うれし恥ずかし”のドラミちゃん役

撮影当日、「おはようございます」と恥ずかしそうな表情で、監督やスタッフの皆さんとあいさつを交わした広瀬。ドラミちゃんの実写版キャラクターを演じることについて、「ドラミちゃん自体がかわい過ぎるので、うれしいけど、ちょっぴり恥ずかしい気持ちもあります」と語っていたが、黄色いボディ(衣装)に頭の赤いリボンという、多くの人が知っているドラミちゃんのトレードマークをモチーフにした姿がとてもよく似合っていて、カメラの前に立つやいなや、スタジオの空気が一気に華やかに。本番では監督の「もうちょっと早口」「笑顔を大きめに」「語尾のニュアンスを変えて」という矢継ぎ早の指示にも的確に応えて、現場を大いに盛り上げていた。

ド派手な音を立てて部屋の壁を突き破る“体当たり演技”に挑戦!

 ドラミちゃんが白戸家のリビングに姿を現す体を張ったシーンでは、お芝居のイメージをつかむため、最初に代役の演技を確認した広瀬。大きな音を立てて壁を突き破るシーンを、「メッチャ派手ですね」と笑みを浮かべながら、興味津々の様子で見守っていた。さらに本番に向けて、今度は壁に穴が開いた状態のまま、「この辺からジャンプすればいいですか?」と、何度か動きのテストを実施。そこでの演技を見た監督が「運動神経いいもんね。バスケやってたし」と話し掛けると、「普通ですよ(笑)」と広瀬さん。バスケットをやっていたのは8年前とのことだが、持ち前の軽やかな身のこなしを生かし、壁を突き破るシーンでは見事たった2回で監督からOKテイクが出ていた。実は、壁を突き破った際に舞い上がるホコリは体に害のない麦で作った粉を使用しており、監督からカットがかかると口を動かしながら「甘い、なんかきなこみたいな味がする」となんともかわいらしい姿を見せてくれた広瀬なのでした。

白戸家の見事なチームワークで演技を披露!

3人そろった久々の撮影ながら、ファーストカットから息ぴったりのお芝居を披露していた白戸家の皆さん。カットによっては、CGやその場にいない相手との想像上の掛け合いを求められるシーンもありましたが、プレイバックを一緒に見ながら修正点を共有し、時にはカメラ前に向かう途中、誰からともなくセリフの読み合わせが始まり、歩きながらリハーサルを行うなど、長年の共演経験で培ったあうんの呼吸で、見事な演技を披露してくれた。

監督がこだわる微妙な演技違いのリクエストにも完璧に対応する堺

広瀬演じるドラミちゃんの「のび太さんは?」という問い掛けに応えて、堺扮(ふん)する未来ののび太がどこでもドアから出てくるシーン。テストで段取りをしっかり確認した堺だが、監督にセリフ違いの演技を求められた際、“バミり”(出演者の立ち位置を示す目印のビニールテープ)と自分の立ち位置が異なりNGに。「なんでセリフによって立ち位置が違っちゃうんだろう?」と首を傾げつつも、次のテイクでは「“バミり”に止まれた。良かった」と満面の笑みを浮かべ、しっかりとリカバリー。さらには、「来ちゃダメ?」というセリフについて、「来ちゃ」を言い終えた後ではなく、「来ちゃ」の途中で顔の向きを変えてほしいという監督の細かいリクエストにも完璧に応え、見事にOKテイクを獲得していた。

広瀬すずインタビュー

――ドラミちゃんを演じた感想は?
(ドラミちゃんを)実はあまり詳しく知らなかったんです。だから、最初はすごく不安で、現場で監督に聞いてみたり、動画を見たりしながら、どうやって演じればいいんだろうって、今まで演じた役の中で一番思いました。

――ドラミちゃんの衣装を着てみてどうでしたか?
個人的には全然違和感がなくて、すごくかわいらしいなと思いました。でも、映像を見ると、「あれ、こんな感じになってるんだ」と思って、いまだに大丈夫かなという思いも。

――ソフトバンクのドラえもんテレビCMシリーズに初参加した感想は?
古市(憲寿)さんとか、他のキャラクターが出られているバージョンもテレビでずっと見ていて、すごい方々が集結しているなと思っていました。でも、まさかそこに私がドラミちゃんで入れるとは思っていなくて、本当にうれしいです。今回の撮影は一人でしたが、いつか皆さんと一緒にドラミちゃんとしてお芝居できる日を楽しみにしています。

――ドラミちゃんといえば、「真面目でしっかり者」というキャラクター。実際の広瀬さんはどうですか?
お仕事とか人前では、しっかりするように頑張っています。ドラミちゃんと一緒です、とは言えないですけど、しっかり者でいようとか、気は張っているかもしれません。ドラミちゃんみたいになれるよう頑張ります(笑)。

――ドラえもんの中で使ってみたい「ひみつ道具」はありますか?
「どこでもドア」です。ドラマや映画を撮っている時は遠いロケ地も多く、現場に2時間かけて行って、そこからまた1時間かけて移動して、3時間かけて帰ってくるみたいなことが何カ月も続くと、やっぱり「どこでもドア欲しい!」ってなります。マネージャーさんも運転が大変ですし。

パンチのあるテレビCMをお楽しみに♡

Information

ソフトバンク 5Gって ドラえもん?新テレビCM 「ドラミ登場」篇
【出演】ブルース・ウィリス/上戸彩/樋口可南子/ダンテ・カーヴァー/堺雅人/広瀬すず
【放映日】2021年6月25日(金)〜
【放送地域】全国

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM