広瀬すず、俳句とラップに挑戦!共演・宮沢氷魚には「すごく癒されていました」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 広瀬すず、俳句とラップに挑戦!共演・宮沢氷魚には「すごく癒されていました」

広瀬すず、俳句とラップに挑戦!共演・宮沢氷魚には「すごく癒されていました」

俳人、堀本裕樹さんの青春俳句小説「桜木杏、俳句はじめてみました」をもとにした『ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-』で、「ドラマW」初登場にして初主演を務める女優の広瀬すずさん。不器用な性格のヒロインが、俳句とラップ、そして仲間との出会いを通して、自身の殻を破っていく姿をみずみずしく表現しています。

広瀬すず_あんのリリック_インタビュー_ワンピース

そこでgirlswalkerでは、広瀬さんにインタビューを敢行! 女優として進化し続けている彼女に、宮沢氷魚さんとの共演秘話や、原動力となる仲間の存在について語ってもらいました。

本作は芸大生リリックライターの桜木杏(広瀬)と、俳人でコピーライターの連城昴(宮沢)が織り成す“言葉”をめぐって、熱く魂がぶつかり合う姿を描く青春グラフィティ。人との関わりを苦手とする杏にとって至福の時間は、下宿の部屋でひとり、ラップのリリック“歌詞”を考えること。ある日、何気なく口ずさんだリリックをきっかけに、大手広告代理店勤務のコピーライター昴に声を掛けられる。彼に導かれるようにして参加した句会で、杏は個性的な面々と出会い、俳句の世界に惹かれていく……。

SPECIAL INTERVIEW

新たな挑戦と発見をくれた作品「ラップと俳句が身近なものになった」

――今回、広瀬さんは俳句とラップに挑戦されています。ご自身にとって俳句とラップは、身近なものでしたか?

「どちらも自分には縁遠いものだと思っていました。さらに、俳句とラップの間にも、かなり距離があるのかなと感じていて、その2つが融合していくストーリーだと聞いたときには『どうなるんだろう?』と思って(笑)。でも脚本を読み込み、撮影を進めていくと、どちらも“自分の思いを言葉にして発信していく”という意味では、一緒なのかもしれないと思うようになりました」

――たしかに、“言葉”を使った文化であることは同じですね。

「杏を通して、私にとってもラップと俳句が身近なものになったような気がしていますし、色々な新しい発見がありました。例えば俳句は、ひとつの句でも、受け取った一人一人によって、まったく違う捉え方もできるものだと知って。美しさだけが評価されるものではなく、何が正解ということもない。とても面白いなと思いました」

広瀬すず_あんのリリック_インタビュー_ワンピース

――杏は、不器用で友だちのいない女の子です。どのような印象を持ちましたか?

「最初は、ちょっと変わった女の子なのかなという印象を持ちました。ぶっきらぼうで、無愛想で、でも好きなこととなると、オタクっぽい性格を発揮してしまう。追及しすぎて、行くところまで行ってしまうような勢いがあるんです(笑)。そういったものを表現できたらと思っていましたが、杏として現場に入ったときに、周囲が杏の感性を褒めてくれたり、杏のことを気にかけてくれていたりすることで、彼女もどんどん人を好きになっていったんだなと思いました。
また、そうやって人が集まってくることを考えると、杏にはきっと、応援したくなるような魅力や、愛される魅力があるんだなと。それは杏が、素直だからこそなんです。杏の変化や素直さなども含め、現場の皆さんからもらったヒントも大切にしながら演じました」

――撮影前のコメントでは、「今までになかったお芝居をしたい」というお話もされていました。

「杏はちょっとした仕草などが、ものすごく独特なんです。監督からも、新鮮な演出がたくさんあったので、私もそれに便乗してみようと思いました。ちょっと気持ち悪いような笑い方もしていますよ(笑)」

広瀬すず_あんのリリック_インタビュー_ワンピース

宮沢氷魚の印象は?「マイナスイオンが出ている!癒しをもらってます」

――杏と特別な絆を育んでいく昴役を、宮沢氷魚さんが演じています。

「監督の独特な演出にも、氷魚くんはものすごく一生懸命に応えていて、監督とたくさんコミュニケーションを取りながら撮影に臨んでいました。そういう姿を見ても、すごく真面目な方だなと思います。カメラが回っていないところでも、『氷魚くんは本当にいい人だなぁ』と思う瞬間がたくさんありました。優しい雰囲気で、“マイナスイオン”が出ているような爽やかさがあるというか(笑)。現場のみんなは、すごく癒されていました」

――撮影以外の時間で垣間見た、宮沢さんの“癒しエピソード”を教えてください。

「撮影の最中に美味しいものが食べたいなと思って、自分が食べたいからという理由で、私は現場に差し入れをしていたんですが、ある日、氷魚くんが『なにか飲みますか?』とコーヒーを買ってきてくれたんです。『いつももらってばかりなので……』と言うんですよ。なんていい人なんだろう! と思いました。いつもレディーファーストをしてくれるし、私はまんまと、氷魚くんの優しさに甘えて過ごしていました」

広瀬すず_あんのリリック_インタビュー_ワンピース

――撮影現場にいい空気が流れていたことが伝わります。人気ラッパーのハゲボウズ役の板橋駿谷さんは、NHK連続テレビ小説『なつぞら』でも共演されていましたね。

「朝ドラでは、“番長”と呼ばれる役だったので、それ以降、ずっと“番長”と呼んでいます。“番長”はラップも得意なので、スタジオを借りて、二人でラップバトルの練習をしたりもしました。私はラップを聞いたことも、やったこともなかったので、“番長”がいろいろと心配してくれて。メールをくれたり、色々とアドバイスもしてくれました。本番中も、すごく引っ張ってくれて、とても感謝しています」

広瀬すず_あんのリリック_インタビュー_ワンピース

宝物のような『ちはやふる』『チア☆ダン』の仲間との出会い

――演じた杏は人とのコミュニケーションが苦手な一面がありますが、共感する点はありますか?

「私も小学生の頃は、ものすごく恥ずかしがり屋で照れ屋でした。“気にしい”な性格で、人と話すのも苦手だったように思います。でも映画『ちはやふる』で、なんでも話せるような仲間と出会うことができて、人がすごく好きになりました。また、映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』で出会ったみんなの存在も、とても大きいです。
やっぱり、撮影前からいろいろな練習をして、一緒に頑張って、一緒に達成感を味わった仲間というのは、とても信頼ができるもので。『チア☆ダン』の仲間とは、年越しも一緒にしたことがあるんですよ! 今でも連絡を取って、何かあるとお互いに相談し合ったりしています」

広瀬すず_あんのリリック_インタビュー_ワンピース

――とてもステキな仲間ですね。杏も仲間との出会い、また“言葉”によって、自分の殻を破っていきます。広瀬さんにとって、“忘れられない言葉”をもらったご経験はありますか?

「年上の女優さんに相談事をしたときがあって。当時の私はまだ10代でしたが、その方は、年下の私の話をものすごく親身になって聞いてくださって、さらにこちらの倍以上の言葉で返してくれて、色々なお話をしてくださいました。私、そのときすごく感動してしまって。それから人に相談するのが、なんだか嬉しくなってしまったんです(笑)。そのときはとても、言葉って力があるものだなと思いました。また専属モデルをやっていた『Seventeen』では、後輩の子たちが『話を聞いてほしい』とご飯に誘ってくれることもあって。そうやって相談されることも、嬉しいですね」

――先輩、そして後輩からも刺激を受けることができる年代と言えるのかもしれません。

「これまでは現場でも、私が一番年下ということが多かったのですが、段々そうではないことも増えてきて、そうするといつまでも年下気分ではいられません。例えば『ラストレター』で共演した森七菜ちゃんは、3つくらい年下だったんです。自分よりも年下の子が頑張っているのを見ると、体の心配をしてしまうこともあります。それは10代の頃には味わえなかったもので、新感覚ですね(笑)」

広瀬すず_あんのリリック_インタビュー_ワンピース

――最後に、“言葉”がキーとなる本作にちなみ、広瀬さんの好きな言葉を教えてください。

「“すべては時が解決する”かな……? 朝ドラをやらせていただいたときに、『始まったものは、終わるから』という言葉をかけてもらったことがあって、たしかにそうだなと思いました。どんなに大変だと感じることも、いつかゴールが見えてくるもの。すごく元気をもらいました」

INFORMATION

『ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-』
前編:2021年2月27日(土)夜9:00~
後編:2021年3月6日(土)夜9:00~
WOWOWプライムにて放送
前編放送終了後、WOWOWオンデマンドで前後編を一挙配信

《出演》広瀬すず 宮沢氷魚 毎熊克哉 安藤ニコ 桂雀々 ふせえり / 荒川良々 / 田辺誠一 夏川結衣
《監督》文晟豪(映画『五億円のじんせい』)
《原作》堀本裕樹『桜木杏、俳句はじめてみました』(幻冬舎文庫)
《脚本》荒井修子(NHK「長閑の庭」、NHK「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」)
《プロデューサー》植田春菜 中川裕規 石原仁美
《STORY》
芸大生の桜木杏(広瀬すず)は、友達がいない。日々のささやかな楽しみは、近所の掲示板に貼られている”言葉“を愛でることと、匿名でラップのリリック(歌詞)を作ることである。折しも、何気なく口ずさんだリリックをきっかけに、大手広告代理店勤務の連城昴(宮沢氷魚)に声をかけられる。俳人でもある昴は、上司の塔矢ローズゆり(夏川結衣)から、俳句とラップをテーマにしたプロジェクトチームに引き入られ、この突飛な企画に頭を悩ませていた。昴に丸め込まれた杏は、プロジェクトの手伝いをすることとなる。俳句は知らないし、人間関係も不安だった杏。だが、俳人・本宮鮎彦(田辺誠一)の句会で個性的な面々と出会い、俳句の世界に惹かれていく。そんな矢先、代理店での打ち合わせに参加した杏は、リリックを提供していた売れっ子ラッパーと鉢合わせてしまう。

Hair Make:河北裕介
Stylist:丸山晃
撮影:SHIN ISHIKAWA(Sketch)

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

連載・特集

ガル農園

野菜や果物に扮した12人の“ガールズ”たちが運勢を占う『ガル農園占い』

about-a-sex

2021年上半期の星座別恋愛占いをお届け!ラッキーアイテムや今年相性の良い星座も♡

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

about-a-sex

誕生日を迎えるTGCモデルの知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

about-a-sex

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM