大切なのは“品”を感じさせること。本当に色っぽい女性の特徴とは - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. 大切なのは“品”を感じさせること。本当に色っぽい女性の特徴とは

大切なのは“品”を感じさせること。本当に色っぽい女性の特徴とは

色っぽい女性っていますよね。同じ女性から見てもドキッとしてしまう雰囲気がある女性のことです。なれるものなら、色っぽい女性になりたいという人は多いことでしょう。

そこで今回は、色っぽい女性の特徴についてご紹介します。もっと大人っぽい自分になりたいという人は必見の内容ですよ。

 

大切なのは“品”を感じさせること。本当に色っぽい女性の特徴とは

色っぽい女性はモテる?

色っぽい女性は男性にモテるのかって気になりますよね。恋愛したい人にとっては、せっかく色っぽい女性になれたのに男性にモテなくなってしまったら意味がないと感じてしまいます。

ズバリ、色っぽい女性は男性にモテます。もちろん美人過ぎるとハードルが高く感じてしまうこともありますが、基本的には男性に好かれる存在だと言っていいでしょう。

男性は、色っぽい女性を見ているだけでドキドキしてしまいます。性を感じさせる要素が強いので、どうしても気になってしまいます。ドキドキしたり、気になって見てしまったりすることがあると、男性は知らず知らずのうちに色っぽい女性のことを好きになってしまいます。

単純接触効果という言葉があり、人は何度も目にするとそれを好きになってしまう傾向があります。男性がついつい見てしまう色っぽい女性は、自然と男性に好かれるようになるんです。

よって、色っぽい女性はモテると言えます。

色っぽい女性はエロければいいというわけではない

色っぽい女性は胸を強調すればいいだけと思っていませんか。確かに胸が大きな女性は魅力的ですし、男性もドキドキすることでしょう。しかし、それだけでは男性に色っぽいとは思われません。胸を強調してエロく見せるだけでは色っぽいとは言い難いんです。

男性が感じる色っぽさは、女性特有の“品”から現れます。上品でありつつ大人の色気が漂う人っていますよね?いわゆるわかりやすいエロさとは異なるわけですが、実はそれこそが色気の源なんです。

なので、色っぽい女性になろうとして胸を強調する、肌を出すということをするのは良くありません。決して無意味ではありませんが、大人の色気と呼べる色っぽさを出したいなら、上品さなど他の要素に力を入れた方がいいのです。このことは頭に入れておいた方がいいでしょう。

色っぽい女性の特徴

ここでは、色っぽい女性の特徴についてご紹介します。色っぽい女性の特徴を知ることで、どんな女性を目指せば、男性に色っぽいと思われるのかわかるようになりますよ。

適度に露出している

まず、適度に露出している女性は色っぽいです。適度というところがポイントで、下品さを感じさせない、自分にあった露出をすることができています。時と場合によって露出度を変え、自分に合わないレベルの露出はしません。ファッションとして成立しているため、見ていて不快になりませんし、男性は思わず見てしまいます。

綺麗な髪

色っぽい女性と言うと肌や声などに注目してしまいがちですが、髪がとても重要な要素です。色っぽい女性はみんな髪が綺麗で、注目させる力があります。艶やかで長い髪は、色っぽい女性の象徴と言っても過言ではありません。

いい香りがする

色っぽい女性はいい香りがします。シャンプーや香水など、近くにいるだけでクラクラしてしまうような香りがあるんですね。視覚だけではなく、他の感覚も刺激することができるのが色っぽい女性なんです。

光沢感のあるメイク

色っぽい女性は光沢感があるメイクをしています。特に唇は潤っており、光沢感で色気を感じさせることができます。メイクをする際に光沢や色気を意識すると、色っぽい女性に近づくことができるでしょう。

くびれがある

色っぽい女性はくびれがあり、ウエストが細いことが多いです。胸やヒップは大きくても、ウエストは細くくびれがあるというのが、色っぽい女性の体型ですね。ウエストだけ細いと身体に曲線が生まれ、男性の視線を釘付けにすることができるんです。曲線がハッキリわかる体というところがポイントです。

笑い方に品がある

色っぽい女性は、笑い方に品があります。下品にギャハハと笑うことがありません。口元に手を当てて妖艶に笑うので、色っぽいと思われるのです。色っぽい女性は何をしても品があり絵になるのです。

女性特有の仕草でドキリとさせる

色っぽい女性は、男性を女性特有の仕草でドキリとさせることができます。髪をかきあげうなじがチラリと見えたり、スカートで椅子に座っているときに足を組み替えたりといったことで、色気を感じさせます。

言葉遣いが丁寧

色っぽい女性は下品で男のような言葉は使いません。普段は上品に話します。見た目だけに気を付けていても駄目で、内面が大事ということがよくわかりますね。言葉遣いは性格が出ますから、色っぽい女性になるためには、言葉遣いなど普段の意識から変える必要があるんです。

ゆったりハッキリ喋る

色っぽい女性はとても落ち着いています。話し方もゆっくりとしており、のんびりした話し方をしています。しかもただゆっくりと喋るのではなく、ゆったりハッキリ喋ることが特徴です。ゆったりしていながらも、言うことは言って芯の強さを感じさせる話し方をするのが色っぽい女性なんですね。

男性を惹きつける雰囲気があり、強さも感じさせるところが、色っぽい女性の特徴であり魅力であると言えるでしょう。

色っぽい女性から遠ざかるNGポイント

色っぽい女性の特徴を見ていくと、日ごろの小さな努力で誰でも色っぽさを手に入れられるということがわかります。色っぽさは天性のものではなく、個人のがんばり次第で持つことのできる魅力です。

努力をするにあたって、もう少し具体的に魅力アップのコツを見ていきましょう。ここでは、色っぽさのイメージから遠ざけるNGポイントとともに魅力アップを狙うためにできることをご紹介します。

ボディラインが全く見えない服装

オーバーサイズのシャツやワイドパンツなど、ボディラインを見せない服だけで構成したファッションからは色っぽさを感じられません。色っぽさを演出するためにはワンポイントの肌見せが効果的です。

よく挙げられるのは、首、手首、足首の「首」がつく部分。この部分は身体の中でも細い場所なので、見せることで華奢で女性らしい印象を与えることができます。

太ももやお尻はワイドパンツで隠しつつ、襟もとが開いたVネックのトップスなどで一部分的な肌見せをすれば、気になるところを隠しつつ色っぽさも兼ね備えたコーディネートになります。ゆったり系の服が全部だめなのではなく、必ずボディラインが見える部分を作っておくことが女性らしい服装のコツです。

また、必ず肌を見せないといけないわけでもありません。ボディラインが見えるタイトなニットは、肌が一切見えていなくてもなんだかドキッとしますよね?女性らしい曲線や細いラインが見えれば、肌は見えていなくても大丈夫です。

今ある服でも組み合わせを工夫すれば色っぽさを演出できます。どこかのラインを出すことを意識して服を組み合わせてみてください。

櫛を通しただけの髪

目立つ寝ぐせがないからと、軽く櫛を通しただけでお出かけしていませんか?

髪型で手を抜くと、どんなに服が色っぽくても残念な仕上がりになってしまいます。試しに、左右の半分だけ髪にヘアアイロンを通してみてください。大して寝ぐせがない髪でも、ヘアアイロンで整えた髪と比べると結構違いが出るはずです。筆者も以前は何もせずに出かけていましたが、この違いに衝撃を受けてからは毎回ヘアアイロンを通すようにしています。

ヘアアイロンをすることで髪にきれいなツヤが出ます。加えて、癖とも言えないくらいの小さなうねりやハネが落ち着いてまとまります。ワックスやオイルをしていなくても、ヘアアイロンだけでかなりヘアスタイルが洗練された感じになりますよ。

寝ぐせがなかったとしても、後頭部や髪の根本は一晩寝ている間にペタンとなってしまっていることが多いです。ペタっとした髪は老け込んだ印象になり、それだけでお疲れ顔に見えてしまいます。ヘアアイロンを通す際、髪の根本を立ち上げるように少しだけ生える向きと逆に通すとかなりボリュームがよみがえります。後頭部も同様に頭頂部に向けてヘアアイロンで根本を立ち上げると綺麗な頭の形に見せられます。寝ぐせでぺたんこな人はもちろん、後頭部が絶壁な人にもぜひ試してほしいポイントです。

盛り盛りのメイク

美人に見せたいからとアイメイクもチークもリップもばちばちに濃くするのは逆効果。

色っぽい印象にするにはワンポイントのメイクが正解です。

例えば、アイメイクをばっちりしたならリップはベージュや唇の色が透ける薄めカラーで軽く仕上げます。リップを濃いめにするなら単色のシャドウで淡く作るのも素敵です。

顔に強弱を作って魅せたいポイントを決めておくことで、より大人な女性らしい雰囲気に仕上げることができます。

全体的なメイクの仕上がりで言うと、自然さもポイントです。肌色とギャップがないファンデーションのカラー、生っぽさのある適度なツヤ、バレない程度のシェーディングなど自然な肌の質感や陰影も色っぽさのカギになります。

ファンデーションのCMに出ている女優さんくらいナチュラルなメイクを目指してメイクしてみましょう。

身振り手振りが大きい

身振り手振りが大きいと、どうしてもがさつな印象を受けてしまいます

身振りや手振りの大きさは元気そう、おしゃべりそう、声大きそうなど上品さとはかけ離れた印象を作る動きです。これはこれで悪くないのですが、色っぽさを目指すのであればできるだけ身振りや手振りは小さく、また少なくするように心がけるといいでしょう。

早口や言葉使いが悪い

荒い言葉使いは男性的な印象を与えます。一般的に見ても言葉使いの悪さはあまりいい印象がありません。色っぽさというよりは知性の欠如や育ちの悪さなど、人となりを疑われてしまうことが多いため避けた方がいいでしょう。

できるだけ丁寧な言葉や正しい言葉使いを意識することで、話し方に色っぽい雰囲気を醸し出すことができます。

また、話すときにはスピードも重要です。早口だとせっかちな性格を連想させてしまい、上品な印象と離れてしまいます。聞き取りやすいスピードで、滑舌よく話すことが大切です。

 

大切なのは“品”を感じさせること。本当に色っぽい女性の特徴とは

おわりに

色っぽい女性になりたいという人は、色っぽい女性の特徴を参考にして、自分にないものを見つけてみてください。もしも足りないところがあったら、どうすればそれが身に着くのかよく考えて行動しましょう。改善できるところはすぐに改善し、自分改革を行うことができれば、段々と色っぽい女性に近づくことができますよ。

色っぽい女性になるためには、単純に見た目を整えるだけでは足りません。内面も鍛え、大人の女性として品のある振る舞いをすることを意識することが大事です。中身も大人になり、髪、体型、服装、香りといった要素に気を使って綺麗になることができれば、きっと色っぽい女性になることができますよ。

 

 

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM