繊細なのは素敵な長所!繊細な性格を受け入れて幸せに生きるコツとは - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. 繊細なのは素敵な長所!繊細な性格を受け入れて幸せに生きるコツとは

繊細なのは素敵な長所!繊細な性格を受け入れて幸せに生きるコツとは

いろいろなことが気になりすぎて、なんだかとっても生き辛い・・・。あなたはそんなことを感じたことはありませんか?みんなは大して気にしないようなことでも、自分だけすごく気にしてしまう。自分はおかしいのだろうかと悩んでしまう人もいるでしょう。

それはあなたがおかしいのではなく、心が繊細だからなのかもしれません。「〇〇さんって、繊細だよね」と言われたことがある人もいるでしょう。

今回は、そんな繊細な人についてご紹介します。繊細な人の特徴や心理、繊細な人が人生を楽しく生きるための方法などをまとめました。

ちょっと生きることがしんどいなと感じている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

繊細なのは素敵な長所!繊細な性格を受け入れて幸せに生きるコツとは

繊細とは

繊細という意味には、外見を表すものと内面を表すものがあります。

外見を表す意味は、細工や文様が緻密だったり、ほっそりしていて美しいというもの。そして内面の繊細さとは、感情が細やかで優しいという意味です。また、傷つきやすく打たれ弱いという意味もあります。

人の性格に対して繊細という言葉を使う際には、内面を表す意味を言っている時が多いです。

 

繊細な人の特徴や心理

それではさっそく、繊細な人の特徴や心理について見ていきましょう。自分に当てはまる特徴や心理があるかどうか、ぜひチェックしてみてくださいね。

人の気持ちを感じ取る

繊細な人は、他人の気持ちを感じ取ることができるという特徴があります。人の気持ちが分かるということは、人間関係を築いていく上で大切なことですよね。

しかし、敏感に気持ちを感じ取ってしまうが故に自分が苦しくなってしまうこともあります。特に、相手が負の感情を抱いている時です。人の怒りや悲しみを受け取ってしまうので、自分の気分も引っ張られてしまうんですね。

例えば、朝から機嫌が悪い人がそばにいたとします。繊細な人はその人の気持ちを感じ取ってしまうので、朝から気が滅入ってしまうでしょう。

優しい心を持っている

優しい心を持っていることも特徴の一つ。人の痛みを理解することができる人なので、そっと労わってあげることができるんです。

しかし、優しすぎてしまうところもあるんです。自分よりも他人を思い遣ってしまうんですね。その心はとても素敵ですが、あまりに他人を優先し過ぎてしまうと自分を見失ってしまいます。

まずは自分を大切することを心掛けましょう。その上で他人を思い遣ることで、バランスがとれるんです。

場の空気を読んで気遣う

その場の空気を読める人と読めない人っていますよね。繊細な人は前者です。その場の空気を読み、人を気遣うことができるんです。どんなシーンにおいても、場の空気を読める人は頼りにされますよね。

しかし、空気を読みすぎて自分の意見を飲み込んで我慢してしまうことも多いんです。自由に発言をする人を見ると、どうしようもなくモヤモヤとしてしまうでしょう。

考え過ぎてしまう

何事に対しても考え過ぎてしまう。繊細な人の特徴の一つです。考えて行動をすることはリスク回避のために必要なことですよね。しかし、考え過ぎて頭でっかちになってしまうと身動きが取れなくなってしまいます。

まずは行動をしてみることも大切なときもあるんです。出遅れてしまい、チャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

傷つきやすい

繊細な人は傷つきやすい人です。冗談で言われたことでもそのまま受け取ってしまい、自分を責めてしまうことがあるでしょう。

繊細な人がこのように傷つきやすいのは、自己肯定感が低いことに由来します。自分はダメな人間だと思っているので、人から言われる些細なことに心を痛めてしまいます。自分に自信をつけると、人から何を言われても受け流すことができるでしょう。

本番に弱い

繊細な人はどちらかと言えば本番に弱いタイプ。なぜなら、頭の中は失敗したらどうしようでいっぱいだからです。マイナス思考に陥ってしまい、普段の力を出し切ることができないのでしょう。

失敗したらどうしようではなく、失敗しても大丈夫という思考に変えられると本番に強くなれますよ!

繊細な人が楽しく生きるために心がけたいこと

ここまで、繊細な人の特徴や心理について見てきました。自分に当てはまる、だから辛かったんだと理解した人も多いでしょう。

最後に、繊細な人が楽しく生きるために心がけたいことについてご紹介します。少しでも心のモヤモヤを晴らすため、ぜひ読んでみてくださいね。

心配していることはほとんど起こらない

こうなったらどうしよう・・・何か行動に出ようとする時に、あれこれと不安になってしまうのが繊細な人。でも、心配するような最悪の事態というのは、実際のところそうそう起こるものではありませんよね。結局は取り越し苦労、心配するだけ時間の無駄になってしまうんですね。

もしも不安になってしまった時は、無理にでも「大丈夫!」と言い聞かせましょう。最初は違和感があると思いますが、だんだんと自然に大丈夫だと信じられるようになりますよ。

自分に自信を持つ

ちょっとしたことで傷ついてしまうのは、自分に自信がないから。

でも、自信をつけるということは言うほど簡単なことではありません。しかし、だからといって行動を起こしていかなければ、変わることはできませんよね。

優しい自分も傷つく自分も素敵な人間なんだ、愛される人間なんだと思ってくださいね。

細かいことは気にし過ぎない

細かいところまで気が付くのはとても素晴らしいです。ビジネスをしていく上で役に立ちますよね。

しかし、気が付いたとしても気にし過ぎてしまうのは辛くなってしまいます。あまりに細かいところにまで気にし過ぎないよう意識してみてくださいね。

他人の問題と自分の問題を切り離す

人の気持ちを感じ取ってしまい、自分も引っ張られてしまう。この状況はとても辛いですよね。少し薄情に聞こえてしまうかもしれませんが、人と自分を切り離すことが大切です

それが例え友達であったとしても、アドバイスや手助けをすることはできますが、あくまでも解決をするのは本人次第だということを頭に置いておくと良いでしょう。

他人と自分の問題を切り離し、客観的な目線で見るようにしていきましょう。

 

繊細なのは素敵な長所!繊細な性格を受け入れて幸せに生きるコツとは

おわりに

いかがでしたでしょうか?今回は繊細な人についてご紹介してきました。

繊細な人には脆いところがあります。しかし、それ以上に優しい心を持っているんです。人の痛みを理解し、共感できる。困っている人や悲しんでいる人に寄り添ってあげることができますよね。

繊細な人は、人を思い遣る気持ちを持ちつつ、自分も大切にすることができると生きやすくなります。人よりも自分を優先させるクセを少しずつつけていけるといいでしょう。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN