これは恋?それとも?「気になる人」と「好きな人」の境目ってどこ? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. コラム
  3. これは恋?それとも?「気になる人」と「好きな人」の境目ってどこ?

これは恋?それとも?「気になる人」と「好きな人」の境目ってどこ?

あなたは今好きな人がいますか?もしも好きな人がいないという方は、気になる人ならどうでしょうか。好きというほどでもないけどなぜか気になってその人のことを見てしまう・・・それが気になる人です。それならいるかも!という人もいるのではないでしょうか。

しかしながら、気になる人と好きな人にはどのような違いがあるのでしょうか。どちらも気になる存在であることには変わりがありませんし、ついつい見てしまうことも共通しています。でも気になるだけの人を好きと断定することには抵抗がありますよね。両者に何かしらの違いがあることは間違いありません。

そこで今回は、気になる人と好きな人の違いをご紹介します。一体どのような点が二つを分けるのか、この記事を読めばばっちりわかるようになりますよ!

これは恋?それとも?「気になる人」と「好きな人」の境目ってどこ?

「気になる人」と「好きな人」の境目は?

気になる人とは、文字通り気になってしまう人のことです。その人がいるとついつい目で追ってしまう、一緒にいて楽しいと思うことが多い、一緒にいて居心地がいい、他の男性に比べて特別に感じてしまう、でも好き!とはっきりと言えるかと言うと首をかしげてしまう・・・それが気になる人の特徴です。

対して好きな人は、こちらも文字通り好きな人です。気になる人の特徴に当てはまりつつも好き!とはっきり言えるという特徴があります。

恋愛的に好きと言えるかどうか以外に違いがあるとすれば、それは欲望です。私たちは好きな人に様々な欲を出します。他の女性のところにいかないで欲しいという独占欲、こうして欲しいという期待の欲、逆に好きな人に何々したいという尽くす欲、嫌われたくない、好かれたい愛されたいという欲などなど、好きな人には欲望、願望が強く出ます。

気になる人程度の相手にはここまでの欲は出ません。あってもささやかなものです。気になる人と好きな人の境目ははっきりとその人のことを好きと言えるかどうか、自分の欲が出るかどうかという点にあると言っていいでしょう。自分の気持ちを抑えられなくなって感情的になるようなら、それはもう完全に恋をしています。その男性のことが好きなことは間違いありません。

境目を見極めるポイントは?

気になる人と好きな人に大きな違いがあるとはいえ、自分の気持ちがよくわからないという方もいることでしょう。

気になる人と好きな人を見極めるポイントがあるなら知りたいですよね。

ここでは気になる人と好きな人の境目を見極めるポイントを4つご紹介します。普段の二人を思い返してみて、どちらに当てはまるかどうかで相手のことをどう思っているか判断してください。

くだらない話が気軽にできるかどうか

気になる人の場合は、気になるものの緊張するということがあまりありません。まだ気になっているくらいだからです。なので気になる程度の相手にはくだらない話が気軽にできます。

しかし、好きという段階にまでなると、恥ずかしさや緊張が出てくるのでくだらない話が気軽にできなくなってしまいます。今まで何も考えずにできた話でも、好きということを意識すると話すことに抵抗が出てきます。

もちろん好きが深まってさらに親密になるとそのような緊張も薄れてくるのですが、好きになって日が浅いときは緊張する可能性が高く、一つの目安として使うことができます。

ノリで遊びに誘えるかどうか

好きな人を遊びに誘うのって緊張しますよね。相手と遊んだことがあまりない場合、好きな人を遊びに誘うことは勇気がいります。変に思われないか、嫌がられないかなどと心配して不安になるんですね。

気になる人だったらこのような緊張はありません。深く考えて遊びに誘っていませんし、断られてもダメージが少ないです。ノリで遊びに誘うことも容易でしょう。

ノリで遊びに誘える、断れても気にならないならその人は気になる人、遊びに誘うのに緊張する、断られたらショックならその人は好きな人です。

深く考えずに手をつなげるかどうか

好きな人と手をつなぐのってとてもドキドキしますよね。やった嬉しいという気持ちと、緊張する、恥ずかしいという気持ちが入り混じって顔が真っ赤になってしまいます。気になる人相手だったらここまでドキドキすることはありません。特に深く考えずに手をつなぐことができます。

特に異性とのコミュニケーション、スキンシップに慣れている人なら、手をつなぐことに抵抗がないでしょう。照れることなく相手の手を握ることができたらそれは気になる人の可能性が高いと言えます。

見てるだけで満足か、自分を見てほしいかどうか

気になる人へは大した欲が生じないため、見ているだけでも満足します。

男性が誰かと話しているのを見ているだけで満足という人もいることでしょう。しかし、好きな人に対してはそこで止まりません。欲が出るので、自分を見て欲しい、自分とも話して欲しい、他の人を見ないで欲しいなどと考えます。

自分を認めて欲しい、見て欲しい、もっと親密になりたいという気持ちが出てくるなら、それは気になる人ではなく好きな人であると言えるでしょう。

これは恋?それとも?「気になる人」と「好きな人」の境目ってどこ?

おわりに

気になる人と好きな人はとてもよく似ています。どちらも気になる存在ですし、一緒にいて居心地がいいと感じます。両者の違いは、恋愛的に好きだとはっきり言えるかどうか、何々したいという欲が出るかどうかにあります。こういうことをしたい、彼にこういうことをして欲しいなどの欲望や期待が出るようなら、それはもう気になるだけの存在ではありません。好きということになります。

また、気になる人と好きな人の境目を確かめたい人は、相手に緊張するかどうかで判断するといいでしょう。くだらない話をすることができる、ノリで遊びに誘える、深く考えずに手をつなげるなど、緊張せずにスキンシップをとることができるなら相手は気になる人です。逆に緊張して照れる、恥ずかしいという意識が強く出るなら好きになっていると言えます。

気になる人と好きな人を見極め、自分の気持ちに気づいて素敵な恋愛をしてくださいね!

関連キーワード

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC18AW TGC北九州 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN