山田涼介、役者キャリアの中で広がった演技の幅「上手くいかないときは…一回諦めます」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 山田涼介、役者キャリアの中で広がった演技の幅「上手くいかないときは…一回諦めます」

山田涼介、役者キャリアの中で広がった演技の幅「上手くいかないときは…一回諦めます」

2月4日から公開の映画『大怪獣のあとしまつ』で、真面目で正義感の強い特務隊・一等特尉の帯刀アラタを演じている山田涼介(Hey! Say! JUMP)さん。

大怪獣のあとしまつ

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

本作はヒーローが怪獣を倒して世界を救うという王道の展開のその後の世界を描いた空想特撮エンターテイメント。怪獣のあとしまつはいつどこで、どのような方法で行われているのか。これまで描かれてこなかった“その後”の世界がシリアスあり笑いありの全く新しいジャンルとして描かれています。

今回は俳優としても活躍中の山田さんに、映画の見どころや初共演の土屋太鳳さんに対する印象、アラタとの共通点について聞いてみました!

SPECIAL INTERVIEW

アラタを演じて広がった演技の幅

——まずは作品のオファーを受けたときにどう思いましたか?

山田涼介(以下、山田)「単純に面白そうだなって思いましたし、歴史と伝統のある松竹さんと東映さんがタッグを組んで『なぜこの題材を選んだのか』ということが何よりすごく気になりました。何より題材そのものがすごく面白いですよね。言われてみれば怪獣が倒された後にどうなるのか気になりますし」

——完成した作品をご覧になってみていかがですか?

山田「自分が想像していた20倍くらいスケールが大きい作品になっていて、驚きました。みなさん大真面目にやられているんですけど、作中の会話が本当に面白いんです(笑)。それをあの豪華な俳優の方々が演じているというこの滑稽さがさらに面白いなと思いました」

大怪獣のあとしまつ

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

——周りは面白いキャラクターが多い中で、山田さんが演じている帯刀アラタはとても真面目な役柄ですよね。役作りに関して意識したことはありますか?

山田「真面目にやっていればすごく真面目に見えるキャラクターではあるので、そこまで意識したことはありませんでした。ただ、あえて帽子のつばを触る回数を増やしてみるなどアラタのクセみたいなものは意識して演じていましたね」

——そんなアラタに対して共感できる部分はありますか?

山田「相手が誰であろうと、現場で起きていることに対してしっかりと意見を言えるところです。僕も間違っていることに対しては強く言ってしまうので、共感できましたね」

——アラタは無理難題に立ち向かっていく姿が印象的でしたが、山田さんが壁に直面したらどう乗り越えますか?

山田「乗り越えるというか、絶対にそれを正解にします。たとえ僕がやっていることが間違いだとしても、正解に持っていく術を探し続けるというか。少しでも自分の信じた道が正しいと思ったら、どんなことがあってもやり抜きたいなと思いながら活動しています」

——年齢を重ねるにつれて山田さん自身、演技の幅も広がったのではないでしょうか?

山田「それこそ、この映画をきっかけに広がったのかなと。アラタのような大人な冷静さをもった役というのは初めてでした。もっと色々な役に挑戦していきたいですね」

初共演の土屋太鳳さんは「まっすぐな人」

——本作には様々な世代の俳優さんが登場されていますよね。撮影現場はどんな感じでしたか?

山田「作品の現場だけでいうと、いろんな方とお会いするような現場ではなかったんですよ。割と決まった人といることが多くて、撮影現場では眞島(秀和)さんと(土屋)太鳳ちゃんと一緒にいることが多かったです。強いて言えば西田(敏行)さんとは同じシーンでご一緒したかったですね。一度映画でご一緒させてもらったことがあるんですけど、今回はお会いすることもなく終わってしまったのですこし残念でした」

——雨音ユキノ役の土屋太鳳さんとは今回が初共演です。

山田「太鳳ちゃんは撮影現場でも疲れた表情を一切見せないですし、イメージ通りとても“まっすぐな人”でした。撮影に対する姿勢は学ぶべきところが本当に多くて『こうあるべきだな』と感心しましたね」

大怪獣のあとしまつ

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

——土屋さんとの撮影で印象に残っているシーンはありますか?

山田「太鳳ちゃんとカメラマンさん3人の呼吸が合わないと成立しないっていうシーンがあるのですが、本当に仕草やタイミングには気を使いましたね。そこは監督のこだわりが詰まったカメラアングルになっていて、カメラマンさんも複雑な動きをするんです。リハーサルの段階からたくさん話し合いを重ねて撮影が行われたので印象的なシーンでした」

——三木聡監督の作品に出演されてみていかがでしたか?

山田「事前に色々とプランを考えて撮影に向かうのですが、現場で全部変わってしまうことも多くて…。最初は正直戸惑いもありました。ただ、結果的に完成品を見ると『こうなってるんだ』『こういう動きにはこういう意味があったんだ』と納得することが多くて、めちゃくちゃ勉強になりました。三木監督は頭のなかで全部見えているんでしょうね」

最後の最後にそうきたかと驚かされる展開が待ち受ける

——これまで役者として長いキャリアの中で上手くいかなかったこともあると思うのですが、山田さんなりの気分転換の方法などはありますか?

山田「特にないですね…上手くいかないときには一回諦めます。今回に限って言うと、映画はドラマほど何日までに取り終わらなければいけないという時間制限がないんです。なので、行き詰まったときには『ちょっと待ってもらっていいですか…?』みたいに言いに行くこともありました(笑)。少し時間をもらって、気持ちを作り直してから挑むとリフレッシュになります」

——最後に映画に込めたメッセージやこれから観る人に向けて、ここに注目してほしいというポイントを教えてください。

山田「『空想特撮エンターテイメント』というあまり聞いたことない言葉ですが、本作がそのジャンルの代表作になるんじゃないかなというくらい面白い作品になりました。登場人物はなにとも戦ってないんだけど、真面目に戦っている感を出しているのでかっこよく見えると思うんですよ。ただそのかっこよさだけじゃなく、コミカルな要素もたくさんあるので、何も考えずに“エンタメ”として楽しんでほしいです。結末を知っている僕が言うのもなんですけど、最後の最後に“そうきたか”と驚かされる展開が待っているので、ぜひ多くの方に観ていただければと思います」

INFORMATION

映画『大怪獣のあとしまつ』
2月4日(金)

《出演》山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、眞島秀和、ふせえり、六角精児、矢柴俊博、有薗芳記、SUMIRE、笠兼三、MEGUMI、岩松了、田中要次、銀粉蝶、嶋田久作、笹野高史、菊地凛子、二階堂ふみ、染谷将太、松重豊、オダギリジョー、西田敏行
《監督・脚本》三木聡 
《製作》「大怪獣のあとしまつ」製作委員会 
《企画・配給》松竹 東映
《公式サイト》https://www.daikaijyu-atoshimatsu.jp/
© 2022 「大怪獣のあとしまつ」製作委員会 

文:川崎龍也

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGG TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM