最終話!それぞれの旅立ち!社長“向井理”の大人ハグから一夜『着飾る恋』第10話あらすじ - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 最終話!それぞれの旅立ち!社長“向井理”の大人ハグから一夜『着飾る恋』第10話あらすじ

最終話!それぞれの旅立ち!社長“向井理”の大人ハグから一夜『着飾る恋』第10話あらすじ

女優の川口春奈、俳優の横浜流星らが出演する火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS)の第10話(最終話)が、2021年6月22日(火)夜22:00~放送される。

kikazarukoi

第10話場面写真(C)TBS

主人公は、“着飾る女”真柴くるみ(川口春奈)はインターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカーの広報として、広告宣伝のPR活動を担当している。社長・葉山祥吾(向井理)に密かに想いを寄せ、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし努力する日々――。
そんな真柴だが、日々業務に追われマンションの契約更新を忘れていたせいで部屋を追い出されてしまう。行き着いた先は、一人暮らし! と思いきや・・・まさかまさかの知らない人たちとのルームシェアだった。
この春、“うちキュン”ラブストーリーが幕を開ける。

火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』第10話あらすじ

kikazarukoi

第10話場面写真(C)TBS

真柴(川口春奈)はSNSが炎上して以来、気持ちが途切れなかなか投稿できない日々が続いていた。そんな真柴を見かねた祥吾(向井理)は救いの言葉を掛ける。

kikazarukoi

第10話場面写真(C)TBS

一方、駿(横浜流星)のもとには、北海道で店を任せたいというスポンサーが現れ、心が揺れ動いていた。そんな中、陽人(丸山隆平)からの突然のプロポーズに戸惑う羽瀬(中村アン)。そして、礼史(生瀬勝久)から「もう一度やり直したい」と言われた香子(夏川結衣)。それぞれが人生の選択に迷っていた。

シェアハウスメンバーは、恋に仕事にと思いが交錯し、将来に向かって歩んでいく。それぞれが出した答えとは…

火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』概要

第10話(最終話)放送 6月22日(火)夜22時00分~(TBS系)

《出演》川口春奈 横浜流星 丸山隆平 中村アン 飯尾和樹 山下美月(乃木坂46) 高橋文哉 赤ペン瀧川 向井理 夏川結衣
《脚本》金子ありさ
《主題歌》星野源
《公式サイト》https://www.tbs.co.jp/kikazarukoi_tbs/

【ストーリー】
主人公は、“着飾る女”真柴くるみ(川口春奈)。インターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカー「el Arco Iris」(エル・アルコ・イリス=スペイン語で“虹”の意)の広報として、プレスリリースやメルマガの作成、メディアの取材対応、広告宣伝のPR活動を担当。「el Arco Iris」を興した社長・葉山祥吾(向井理)からも一目置かれている。会社に貢献したいと宣伝を兼ねて始めたSNSでは10万人近くのフォロワーを持ち、インフルエンサーとしても活躍。会社のため、フォロワーのため、そして密かに想いを寄せる葉山社長のため、「憧れの存在」であり続けようと背伸びし努力する日々――。
そんな真柴だが、日々業務に追われマンションの契約更新を忘れていたせいで部屋を追い出されてしまう。彼女に手を差し伸べたのは、カフェでバイトしていた頃に仲良くなった常連さんで、真柴の唯一の女友達であり、「姉御」と慕う人気フードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)。香子の計らいで真柴が行き着いた先は、表参道の一等地に建つ彼女のマンション。表参道の高級マンションで優雅な一人暮らし! と思いきや・・・まさかまさかの知らない人たちとのルームシェアだった!

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM