話題ドラマ「17.3」、女子高生の“社会への提言”スピーチに絶賛の声続出「神回」「全部が心に突き刺さった」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ENTERTAINMENT
  3. 話題ドラマ「17.3」、女子高生の“社会への提言”スピーチに絶賛の声続出「神回」「全部が心に突き刺さった」

話題ドラマ「17.3」、女子高生の“社会への提言”スピーチに絶賛の声続出「神回」「全部が心に突き刺さった」

「ABEMA(アベマ)」新オリジナルドラマ『17.3 about a sex』の第7話が、2020年10月15日(木)よる11時より配信された。

ABEMA_17.3 about a sex第7話06

(C)AbemaTV

恋にセックスに揺れ動く話題ドラマ『17.3 about a sex』第7話

本作は、『Seventeen』モデルとしても活躍中の永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨がトリプル主演を務める17歳の女子高生3人が恋にセックスに揺れ動くリアルな心情を描く、ひと夏の青春恋愛物語。女子高生の目線からキスの先に向き合い、大人へと成長する姿を描く本作に、“恋愛ドラマとして楽しめつつも、実は知らなかった性に関する知識も楽しく学べる”など初回配信から多くの共感の声が寄せられ、「ABEMA」オリジナルドラマ史上歴代1位のコメント数を記録するなど、大きな反響を呼んでいる。

関連記事:恋にセックスに揺れ動くドラマ『17.3 about a sex』初回配信から反響殺到「大人も観るべき」

田鍋梨々花演じる紬が、生理への苦しみを乗り越え行動する姿に勇気をもらう視聴者の声が続出

生物教師・城山(ソニン)からの推薦で、スピーチ大会への出場を決めた紬(田鍋梨々花)。並々ならぬ想いで準備を進め迎えた大会当日、紬は酷い生理痛で気を失ってしまう。目が覚めると出番が終わっていた紬は、大きなショックを受け、望まぬ生理に行き場のない怒りを募らせるーー。

ABEMA_17.3 about a sex第7話04

(C)AbemaTV

人生をかけた一大事での災難で「こんなときに生理って…女辞めたい」と嘆く紬の姿に、視聴者コメントでは「生理って本当にタイミング悪いよね」「生理に何度苦しめられたことか……」と多くの共感の声が続出。
また、ドラマの終盤で紬が生理痛改善や周期調整のために低用量ピルを飲みはじめたことを親友に報告するシーンや、エンディングでの “約8割の女性が生理痛を経験している”というデータに、「生理で何かを諦める必要ないんだ」「受験の時不安だった……ピルのこと知れてよかった」「生理といっても十人十色だよね」と知識をアップデートし、紬の行動に勇気をもらう視聴者の声もみられた。

ABEMA_17.3 about a sex第7話13

(C)AbemaTV

関連記事:10代女性読者に聞いた!セックスに興味は「ある」が48%、「わからない」が37%

関連記事:この言葉知ってる?「LGBTQIA+」「アウティング」今知っておくべき性の多様性

紬がスピーチ大会で披露した“社会への提言”、そして心打たれるアドリブに「全部が心に突き刺さった」

異性に対して恋愛感情を抱かない“アセクシュアル”であることを父親に隠していた紬。一方の父・光男は、父子家庭で育つ思春期の娘との会話の糸口として、何気なく恋愛や結婚への期待を口にしていた。悶々とする紬は、実家を出る奨学金を目当てにスピーチ大会への出場を決意。そんな紬を変えたのは、不器用な父親の深い愛情だったーー。

ABEMA_17.3 about a sex第7話02

(C)AbemaTV

父・光男が生理痛で出番を失った娘にチャンスを与えるべく審査員に頭を下げる姿や、影で紬の痴漢を捕まえようと奔走する姿に「日本全国の娘をもつパパみるべき回」「ドラマ史上1番泣いた」と感動の声が殺到。
また、“社会への提言”として、望まない生理やセクハラ、性差別による生きづらさを訴えつつも、サポートしてくれる周りの人のためにもこの世界でどう生きるかを前向きに考え始めた紬の“感動スピーチ”にも注目が集まった。特に、父の愛情を知った紬がスピーチの終盤、「一生分かり合えないと思っていた人は、ただただ私の幸せを願ってくれていることが分かりました」とスピーチ原稿にはない父への新たな想いを伝える姿に、「スピーチの言葉全部が心に突き刺さった」「何度も見返したい神回」と心を打たれ、涙する視聴者が続出していた。

ABEMA_17.3 about a sex第7話05

(C)AbemaTV

次回はクラスメイトの妊娠が発覚!「妊娠をすることは悪いことですか?」

次回予告では、クラスメイトである遠藤成美(中村守里)の妊娠が発覚し、退学するシーンが登場。そして、その相手はまさかの…?予告動画内には「妊娠をすることは悪いことですか?」と学校の教育に立ち向かう咲良(永瀬莉子)の姿も描かれており、視聴者からは「大人も考えるべき問題」「次のテーマ気になってた」と期待の声が寄せられました。

日本で一番ティーンに支持されている「ABEMA」が送る、恋愛の憧れの先にある期待と不安など揺れ動く17歳のリアルな心情を描いた、新しいカタチの恋愛ドラマ『17.3 about a sex』は、1話から7話を全話配信中。

girlswalkerは、キャスト7人のリレーインタビューを公開!

ドラマにはティーン誌『Seventeen』でも活躍する人気モデルの永瀬莉子、田鍋梨々花、秋田汐梨の3名を主演に据え、彼女たちを取り巻く男性キャスト陣には水沢林太郎、新原泰佑、藤枝喜輝、石川雷蔵と超フレッシュな注目若手俳優が集結! girlswalkerではキャスト7人によるリレーインタビューを公開中なのでこちらも要チェック!

田鍋梨々花_インタビューTGC東京ガールズコレクション_モデル_17.3 about a sex ABEMAドラマ08

新オリジナル連続ドラマ『17.3 about a sex』番組概要

《次回配信日程》2020年 10月15日(木)夜11時~
《配信チャンネル》ABEMA SPECIALチャンネル

第8話『妊娠で退学。なんで女子だけ?』
配信URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/FC7yAHdDfkLgvT

▼第8話あらすじ
咲良(永瀬莉子)たちの同級生・遠藤成美(中村守里)の妊娠が発覚。それも相手が咲良の元カレ・劉生(新原泰佑)と知り、紬(田鍋梨々花)、祐奈(秋田汐梨)も驚きを隠せない。学校からの帰り道、産婦人科から出てきた成美と偶然会った咲良。子供をどうするのか尋ねると、妊娠22週を過ぎていて堕すことはできないという。「咲良じゃなくて良かったね」と成美に言われるも、劉生から逃げていなかったら自分が妊娠していたかもしれないと思った咲良は何も言い返せない。成美は成績優秀で、大学進学をして教員免許をとるのが夢だった。そんな成美が退学になると聞いた咲良は、ある行動に出る……

《出演》永瀬莉子 田鍋梨々花 秋田汐梨 ・ 水沢林太郎 新原泰佑 藤枝喜輝 石川雷蔵 ソニン ・ 藤原紀香(特別出演)
《企画・プロデュース》藤野良太
《演出》金井紘
《脚本》山田由梨
《制作》ABEMA

▼ABEMAビデオで無料見逃し配信中
第1話 『処女卒業 17.3歳 ウチらはどうする?』
配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1434_s10_p1
第2話 『そもそもセックスってしなきゃダメ?』
配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1434_s10_p2
第3話 『女子が経験人数多いのってダメなの?』
配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1434_s10_p3
第4話 『ぶっちゃけ女子も1人でしてるの?』
配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1434_s10_p4
第5話 『人を好きになることに性別って関係ある?』
配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1434_s10_p5
第6話 『胸のサイズってそんなに大事?』
配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1434_s10_p6
第7話 『男子の皆さん。1週間流血し続けたことありますか?』
配信URL:https://abema.tv/video/episode/90-1434_s10_p7

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE