橋本環奈、女優を目指したきっかけ明かす「辛いことも全部含めて楽しい」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ENTERTAINMENT
  3. 橋本環奈、女優を目指したきっかけ明かす「辛いことも全部含めて楽しい」

橋本環奈、女優を目指したきっかけ明かす「辛いことも全部含めて楽しい」

EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹さんと女優の橋本環奈さんがW主演を務める映画『小説の神様 君としか描けない物語』が、2020年10月2日(金)から公開中です。

本作は気鋭作家・相沢沙呼の感動No.1小説を、『HiGH&LOW』シリーズを手掛ける久保茂昭監督が映画化。ナイーブ×ドS、そして売れない作家×売れっ子作家という真逆な2人の高校生小説家がまさかの共作でベストセラーを生み出す!? 共感と感動を巻き起こすファンタスティック青春ストーリーとなっています。

橋本環奈インタビュー小説の神様girlswalker可愛い_天使_撮りおろし_ワンピース01

今回は、クラスの人気者美少女でドSな売れっ子高校生小説家であるヒロイン・小余綾詩凪役を演じられた橋本環奈さんにインタビュー! 役柄同様、芯の強い考え方にご注目!

【関連記事:橋本環奈のずぶ濡れ姿が公開!これ以上ない「水も滴るいい女」感

SPECIAL INTERVIEW

強烈なビンタシーンも…「一回で決めるぞ」とアクション感覚で挑戦

―― 読書好きの橋本さん、原作もお好きということでしたね。

「本は寝る前とかによく読むんです。この作品には、すごくみずみずしさを感じました。特に、『「好き」を諦めない』って言葉が素敵だなと思っていて。誰しも小さい頃に将来の夢を思い描くけど、それを叶えられる人って少ない。それでも “夢=好き”ということを諦めず、書くことを辞めなかった一也と詩凪の気持ちの歯車が共作という形で絡み始める様子に、爽快感を覚えたんです。こういう形の青春も良いなって思わせてくれる作品でした」

―― 今回、売れっ子高校生小説家という珍しい役でしたが、どう演じられましたか?

「初めは小説家というのが身近にいないので難しいなと思ったんですけど、詩凪が一也にかける『あなた何のために小説書いてるの?』っていう言葉だったり、“小説の神様”を信じていたりするところから、詩凪は言葉一つ一つを大事にしている子なんじゃないかなと思うようになって。セリフも、一言一言がストレートで、辛辣ながらも分かりやすい。そういう言葉をチョイスするところも詩凪らしいかなと思って演じていました」

橋本環奈インタビュー小説の神様girlswalker可愛い_天使_撮りおろし_ワンピース03

――ドSな性格の詩凪と橋本さんの共通点はありますか?

「はっきり物事を言うところですかね。詩凪は白黒はっきりしているタイプで、そこが似ていると思います。でも、私自身はSでもMでもないかもしれないです」

―― では、ドSなシーンでは苦労されましたか?

「感情的には苦労はなかったです。でも、ビンタのシーンはアクション的な感覚で難しかったです。しっかり当てて一回で決めるぞ、と考えてました」

―― 一也と詩凪の関係をどう捉えましたか?

「誰でも初対面の人と仲良くなるのって簡単な話じゃない。この作品は、そんな出会ってからの進み方が、省略されず繊細に描かれていると感じていて。2人は最悪な出会い方をしているのに、どこか合っている。詩凪が『千谷一也の文章を信じてる』って言ったときに、一也との信頼関係も感じますし、その距離感とバランスがいいなと思いました」

―― 一也とは親友というより戦友のような関係でしたが、佐藤さんと距離感を出すために何かされましたか?

「2人での話し合いはしなかったんですけど、久保監督がその都度『今5メートルです』とか『今30センチまで近づきました』とか、数字で距離感を表してくれたんです。それが分かりやすくって。その距離感で演じようとやっていました」

橋本環奈インタビュー小説の神様girlswalker可愛い_天使_撮りおろし_ワンピース06

―― 撮影中、印象に残っているエピソードは?

「文芸部の4人が全員人見知りじゃなかったので、クランクインの前日にみんなでごはんに行って仲良くなったんです。そしたら、撮影初日の部活のシーンで空気がとても良くて、監督にも『みんなどうしたの!?』って言われて(笑)。監督に気づかれるくらい雰囲気が良かったようで。休憩中も4人で『水平思考クイズ』とか、「みんはや(みんなで早押しクイズ)」っていうアプリをやって、ずっと一緒にいました。大樹くんと(佐藤)流司くんがすごく頭が良くて、それに私と杏花ちゃんでついていくって感じでした」

―― 作品全体で久保監督とはどのようなことをお話されましたか?

「詩凪は、普通の高校生だけど普通じゃない。あるところで達観していたり、人気小説家ならではのボキャブラリーやテンポの早さだったりがあるキャラクターということを、台本の音読みの段階で久保さんとお話しさせていただきました」

エゴサはしない派 「真面目に受け止めることはしないように…」

―― SNSで酷評を受ける感情には、どのように気持ちをもっていきましたか?

「SNSで叩かれることって、芸能人だったらなくはない話。でも、そこに重ねてる部分はあまりなかったかな。同じように叩かれたりはしますけど、詩凪みたいに真面目に受け止めることは逆にしないようにしているので。でも、そこに詩凪の小説家としての繊細さだったり、言葉にする立場だからこそSNSの言葉にどれだけトゲがあるのかが分かってショックだったりしたのかなと考えました。しかも、自分が好きな作家さんのマネって言われたところは、尊敬してるものを貶された気分でもあったのかなと。大切なものだからこそ余計に。そこは詩凪の感情に寄り添いたいと思っていました」

―― 橋本さんはファンからのSNSのコメントをチェックされますか?

「エゴサはしないです。ただ、自分のツイートに対してのコメントはチェックします。やっぱり自分に送ってくれているんで。仕事の移動中に見ることが多いです」

―― 詩凪が一也と共作するように、橋本さんが共演したい相手は?

「誰とやっても楽しいんですよね。みなさん個性も違うし、初めての出会いも楽しいなって思いますし。でも、実際に仲良い人とやるってなったとしたら、すごく仲が悪い役とかは嫌ですね。例えば、同世代でいうと浜辺美波ちゃん、上白石萌歌ちゃん、恒松祐里ちゃんとか。ちょっと年上でいうと長澤まさみさんとか、そういう人と犬猿の仲みたいな役は辛くなりますね(笑)。できれば、姉妹役みたいな仲良い役がしたい(笑)」

橋本環奈インタビュー小説の神様girlswalker可愛い_天使_撮りおろし_ワンピース07

女優を目指したきっかけ明かす「辛いことも全部含めて楽しい」

―― 詩凪にとっての小説の神様のように、橋本さんにとって女優人生の糧になっているものは?

「色々な要素で構成されて今の自分がある気がするので、これ1つってものはないです。これまで演じてきた役が、どれだけ時が経っても自分の中に存在していて、その積み重ねが今の自分なんじゃないかなって思います。逆に、当時経験がなかったからこそできたような役もありますし」

―― 詩凪にとって一也との出会いは作家人生のターニングポイントになっていましたが、橋本さんにとっての女優人生のターニングポイントは?

「一つ一つ節目になっている気がするんですけど、まず初めに、小学6年生のときに映画『奇跡』に出ていなかったら女優を目指していなかったと思います。台本もなく、現場に遊びに行くだけの感覚だったんですけど、間近でお芝居をしている人たちを見てかっこいいなって思ったのが女優を目指すきっかけでした。あと、高校を卒業するタイミングで上京してきたのも、ターニングポイントだったと思います。女優のお仕事は、辛いこととかいろんなことも全部含めて、楽しいになっている気がします」

橋本環奈インタビュー小説の神様girlswalker可愛い_天使_撮りおろし_ワンピース04

――これまで、大きな挫折はありますか?

「あんまり大きい挫折を経験していない気がします。スランプもあまりなく……運良く生きてきた感があります(笑)。それが足りないなと思うときも時々ありますけど、まあそこに関してはいいのかなって(笑)。ストレスも溜めないタイプで、寝たらだいたい忘れます!」

―― 様々な作品にご出演されていますが、これからやってみたい役柄はありますか?

「やったことのないジャンルをやってみたいです。ホラー、ミステリー、ドキュメント系、むちゃくちゃな悪役だったり。ミステリーは個人的に好きなので、謎解き系もやってみたい。でも、まだギリ高校生もいけるかなぁ(笑)。あと、お仕事系はあまりしたことがないので、OLとかもやってみたいですね。それから、是枝監督とまたやりたいです」

【関連記事:橋本環奈、『ルパンの娘』出演で着こなすセーラー服姿に反響「馴染みすぎ」「可愛すぎるって」

橋本環奈インタビュー小説の神様girlswalker可愛い_天使_撮りおろし_ワンピース02

INFORMATION

映画『小説の神様 君としか描けない物語』
2020年10月2日(金)全国公開

《出演》佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS) 橋本環奈
佐藤流司 杏花 莉子 坂口涼太郎 山本未來 片岡愛之助 和久井映見
《原作》相沢沙呼『小説の神様』(講談社タイガ刊)
《監督》久保茂昭
《脚本》鎌田哲生
《主題歌》『Call Me Sick』伶(Sony Music Labels Inc.)
《配給》HIGH BROW CINEMA
《公式サイト》https://shokami.jp/
(C)2020映画「小説の神様」製作委員会

橋本環奈プロフィール

1999年生まれ。2013年、「千年に一人」、「天使すぎる」とネットで大きな話題となった。
「ロート製薬」、「住宅情報館」など数多くの各種大手企業のCMに出演する他、TV・バラエティ番組などで幅広く活躍中。2015年に「第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞」を最年少で受賞し注目を集めた。
2016年3月公開の角川映画40周年記念作品「セーラー服と機関銃 -卒業-」では初主演を務め、同作にて第40回日本アカデミー賞「新人俳優賞」受賞。映画主題歌でもある「セーラー服と機関銃」でソロデビュー。
2017年公開作には、主演を務める「ハルチカ」他、実写邦画No.1映画「銀魂」、「斉木楠雄のΨ難」でいずれもヒロインを演じる。2018年1月からは、NTV「ぐるナイ」人気コーナー“ゴチになります!”に史上最年少メンバーとして出演。8月には、映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開。NTV10月期ドラマ「今日から俺は!!」(ヒロイン京子役)を演じた。2019年には『十二人の死にたい子どもたち』、『キングダム』、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』、『午前0時、キスしに来てよ』など多数の話題作に出演。
2020年は、『今日から俺は!!劇場版』、『弱虫ペダル』、『小説の神様 君としか描けない物語』、『新解釈・三国』が公開。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE