やっぱり大変なこともある。年の差婚に立ちはだかる3つの障害 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ライフスタイル
  3. やっぱり大変なこともある。年の差婚に立ちはだかる3つの障害

やっぱり大変なこともある。年の差婚に立ちはだかる3つの障害

昨今、芸能人の年の差結婚などもあり注目されている年の差婚。皆さんは憧れたりしますか?カップルの年齢の差というのは、年々気にならない人が増えてきているようです。10歳以上の年の差であっても、それほど気にならない人も多く、むしろ年が離れていた方が生活が上手く行くと答える方も少なくはありません。実際女性は年上の男性の方が憧れる人は多いんです。そんな年の差婚の実情について、メリットや大変だと感じることなど詳しくまとめました。

 

やっぱり大変なこともある。年の差婚に立ちはだかる3つの障害

年の差カップルが増えている?

年の差婚をするカップルは、もはや現代では珍しくなくなってきています。特に女性は、経済的余裕や人生経験の豊富さ、頼れる、などの理由から年上の男性を好む傾向にあるのです。気遣いをしてくれたり、子供っぽい態度をとらないといった面からも、年上男性に魅力を感じやすいのです。

男性としても、若い女性と一緒に居るといつまでも刺激をもらえたり、知らない若者の知識を学べることから、年下の女性と一緒だと楽しいと感じます。もちろん男女逆の場合もしかりです。

恋愛の形は、もはや決められたものではありません。そのため、性別や年齢に縛られるようなことが今の日本ではほとんどないのも事実です。現代の恋愛では「普通ではない」と考えられるものは、ほとんど無いに等しく、年の差なんてものは恋愛の障害にはなり得ません。

10歳差以上の年の差婚!しあわせな夫婦はたくさんいる

10歳以上の年が離れていたとしてもそれほど苦に感じないカップルは多く、一緒に暮らしていても何の不自由にもならないため、夫婦になってもそれほど大きな障害には感じないようです。

むしろ年の差があるからこそ、お互いに寄り添い合い、意見を言い合い、理解を深めようと出来ます。年齢の差はそういったコミュニケーションによって解消され、同年代の夫婦よりも仲睦まじい夫婦も多いのでしょう。

年齢の差があるからこそ、結婚した後理解できない点というのはもちろん出てきますが、それらをきちんと理解したうえで一緒に暮らしていけるわけです。年下からしたら、年上の経験からさまざまなことが学べますし、仕事のことでもアドバイスがもらえたりと頼りになるでしょう。

年上としては、同じ年代の人だったら考えもしなかったようなアイデアをもらえたり、アクティブな遊びをする機会があったりと、相手が若いからこそ得られる刺激がたくさんあります。

でもそれなりに大変なこともあるみたい

年の差があるからこそ幸せに感じること、知らなかったことを体験できるなど、嬉しいことはたくさんあります。しかし、その裏には大変なことだってあるでしょう。

年の差婚だからこそ幸せに感じることもたくさんありますし、幸せに過ごしている夫婦はたくさんいます。しかし、良い面があれば当然悪い面もあるのは仕方のないことですよね。年の差婚をした夫婦だからこそ、感じてしまう苦悩もあるので、それらを以下に詳しくまとめました。是非参考にしてみてください。

年の差婚ならではの3つの障害

お互いに年齢差があるからこそ、目の当たりにしてしまう3つの障害があります。年の差があまりない夫婦と比べて、どのような障害があるのでしょうか?年の差婚の夫婦だったら、必ずあるといっても過言ではない障害について、解説いたします。

親の反対を受けやすい

まず多くあるのが「お互いの両親からの反対」です。男女のどちらが年上であっても、結婚報告をするとなったら、親からは反対されやすいものなのでしょう。

当然年の差がある分、病気や介護、パートナーの死の可能性が、年の差がない夫婦よりも確実に早く近寄ってきます。自分の子供にそんな思いをさせたくない、と感じる親は多いです。それだけではなく、「遺産目当てなのではないか」というような懸念だって抱きかねません。若い女性が近寄ってきたら、金目当てなのだと感じてしまう親もいるのです。

どんなに本人同士に愛があっても、それを親が理解することができなければ、いつまでも結婚を認めてはくれないでしょう。子供のためを思ってというよりは、自分たちの常識からすれば考えられないという思いが強いために容認できないのです。年の差婚を理解できないと感じてしまう親は年代問わずいますから、結婚がスムーズに行かない場合の方が多いでしょう。

体力に差が出てくる

カップルや夫婦なのですから、当然体のふれあいがあります。きわめて自然な愛情表現であり、必要な行為です。しかしながら、肌のふれあいには体力が必要になってきます。年の差がある分体力の差も生まれてしまうので、なかなか思うように行かないことが増えてきます。性欲の差もありますが、気持ちのすれ違いも生じるのです。また性行為以外にも、生活の中でちょっとしたことから体力の衰えを感じたり、思った以上にアクティブに動けなくてお互いに不満を感じたりもします。年齢による体力の差は避けられません。

周りからの反応を気にしやすい

気にする必要がないと心ではわかっていても、年の差婚を打ち明けた後の周囲の反応は、どうしても気になってしまうのものです。年の差婚に対する偏見は少なくなってきてはいるものの、完全に無くなった訳ではありませんから、良い顔しない友人や同僚などもいるでしょう。

自分たちの結婚であり、周囲の感想なんて気にしなければ良いだけなのですが、なかなか簡単には割り切っていられませんよね。ましてや、信頼のおける友達からの反応が、あまり良い物ではなかったら悲しい気持ちになってしまうかもしれません。そう言った周りからの反応が気になってしまうのも、年の差婚をした夫婦に訪れる障害なのです。

 

やっぱり大変なこともある。年の差婚に立ちはだかる3つの障害

おわりに

年の差で結婚したからこそ感じられるメリットや魅力がたくさんある一方で、やはり障害や年の差だからこそ感じる辛さがあります。私たちの問題だから、と割り切ってしまえたら周囲からの理解なんて得られなくても良いかもしれませんが、そうも行かないことだってありますよね。

しかしそんな困難を乗り越えてこそ、愛し合った夫婦として前に進んで行けるはずです。恋愛は誰だって自由なのですから、年の差があるからと言って誰かにとがめられる必要はないのです。

 

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2019下半期 ハロウィン2019 特集 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TGC北九州2019 TGCしずおか2020 TGC熊本2020 TOKYO GIRLS RUN