近すぎる存在だからこそ難しい?幼馴染との恋愛で気を付けるべきこと - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. 近すぎる存在だからこそ難しい?幼馴染との恋愛で気を付けるべきこと

近すぎる存在だからこそ難しい?幼馴染との恋愛で気を付けるべきこと

皆さんは幼馴染がいますか?大人になってからは決して手に入ることのない幼馴染。そんな幼馴染と恋愛したいという人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、幼馴染の特徴と、幼馴染との恋愛したいときに気を付けることについてご紹介します。

 

近すぎる存在だからこそ難しい?幼馴染との恋愛で気を付けるべきこと

幼馴染とは

幼馴染とは、幼い頃から親しい仲の相手のことを指します。特に何歳からという決まりはありませんが、大体幼稚園や小学生くらいから関係が続いている人を幼馴染ということが多いです。

幼馴染には男女の区別がなく、同性にも異性にも使うことができます。ずっと一緒に育ってきているので、友達を超えて家族のような関係になっているケースも多いです。

その性質上、大人になってから幼馴染になることはできないので、幼馴染がいない人からすると、一種の憧れの関係であると言えます。特に幼馴染を扱ったゲームや漫画が増えだしてからは、幼馴染という言葉にロマンを感じる人も出てきました。幼馴染が当たり前にいる人からすれば驚くでしょうが、幼馴染がいない人にとっては、幼馴染は手に入ることのない特別な存在なんですね。

幼馴染の特徴

次に、幼馴染の特徴について見ていきます。幼い頃から一緒にいたら幼馴染なわけですが、それ以外にもわかりやすい特徴をご紹介します。

何でも話せる仲である

幼馴染は知り合ってから長いだけあって、何でも話せる仲であることが多いです。普通の友達に言えないようなことも言い合うことができます。お互いの恋愛について相談することもあり、ただの友達以上の関係を築いています。

家族ぐるみの付き合いがあることも

学校が同じだけではなく、家が近所の場合は家族ぐるみの付き合いがあることもあります。むしろ親同士が仲がいいことがきっかけで知り合うというケースもよくあるくらいです。その場合は、幼稚園どころか、生まれたときからずっと一緒ということもあります。

家族ぐるみの付き合いがある幼馴染は、さらに家族としての認識が強くなるため、もしも恋愛したいときは、その認識を打ち破る必要が出てきます。

共通の思い出が多い

当然ながら、幼馴染は共通の思い出が多いです。小さな頃から一緒にいるので、ネタは尽きることがありません。久しぶりに会っても、昔の話をして盛り上がることができるでしょう。旧友に会うような気分を味わえるのが幼馴染という関係です。

共通の友達が多い

幼馴染は、一緒に絡んでいたことが多いので、共通の友達がたくさんいることがよくあります。グループで遊ぶことができますし、大人になってからはみんなで飲みに行くこともできるでしょう。二人だけではなく、他の友達も含めて楽しく絡むことができるわけですね。

気軽に接することができる

幼馴染は、気軽に接することができるという特徴があります。お互いのことを知りつくしているので、今さら見栄を張る必要がないからです。何でも話せる仲ということもあり、変に気遣うことなく関わることができるという特徴があります。

幼馴染も恋愛は成立する?

幼馴染が男性だった場合、幼馴染との恋愛が成立するかどうか気になりますよね。家族のような存在とはいえ、好きになるときは好きになってしまいます。

実際に幼馴染と恋愛したという人はあまり多くありませんが、幼馴染も恋愛は成立します。見事付き合うことができたという人もいます。ハードルが高く、普通に接しているだけでは付き合うことはできませんが、意識してアプローチをすれば、幼馴染と付き合うことも可能です。諦めずにアプローチを続けるようにしましょう。

幼馴染と恋愛したいときに気を付けること

次に、幼馴染と恋愛したいときに気を付けることをご紹介します。以下の内容に気を付けることができれば、幼馴染とうまく付き合うこともできるでしょう。

異性として見てもらうようにする

一番の課題は、異性として見てもらうようにするということです。幼馴染は家族や特別な友達というポジションが確立されており、それが何年も続いているため、普通に接しても異性として見てもらうことができません。そこで、異性として見てもらうための工夫をする必要があります。

幼馴染と久しぶりに会うときは思い切りオシャレするなどして、彼のことをドキリとさせちゃいましょう。友達に相談して、どうしたら振り向いてもらえるか考えるのもいいですね。

動かないと変わらない

前述のように、幼馴染は幼馴染としてのポジションが確立されているため、自ら動かないと関係は変わることはありません。仲がいいからこのままでも大丈夫・・・ということはないので注意しましょう。幼馴染としての仲の良さがあっても、恋人になれるわけではないんです。

幼馴染と恋人は違う存在です。その違う存在になろうとしているわけですから、相応の動きをする必要があります。幼馴染としてではなく、彼女としての自分を認めてもらうために行動することを意識してください。

理想を押し付けない

もしかしたらあなたは、幼馴染に対していいイメージを膨らませ過ぎているかもしれません。相手は幼馴染の前に一人の人間ですから、理想を押し付けられても困ってしまいます。変に理想を持って幼馴染と付き合おうとすると、イメージと現実のギャップに悩まされ、結局うまくいかないということがあり得ます。

特に最近あまり会えていないなら、自分の中で美化された過去のイメージを相手に押し付けないように気を付けましょう。

過去のキャラは気にしない

もしかしたらあなたは、子供の頃は活発なやんちゃキャラで、恋愛とは無縁だったかもしれません。そのパターンでないにしても、今と昔のキャラが違うということはよくあることです。そんな昔の自分のキャラを引きずって、恋愛に奥手にならないようにしましょう。

自分がこんなことしたらこの人に笑われるかなといった心配は無用です。大事なのは今ですから、今のあなたを存分にアピールしてください。

 

近すぎる存在だからこそ難しい?幼馴染との恋愛で気を付けるべきこと

おわりに

幼馴染とは、幼い頃から親しくしている仲のことで、お互いに何でも話せて、気軽に接することができます。そんな幼馴染と恋愛することも可能で、自分の女子としての魅力をアピールすることができれば、付き合うことができるでしょう。

幼馴染はお互いのことをよく理解しているので、付き合うことができれば長続きしやすいというメリットがあります。過去のことは気にせず、今の自分を大事にして、幼馴染の彼をゲットしてくださいね。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE