どうして?勿体なさすぎ!急増する“彼女諦め男子”のナゾ - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. LIFESTYLE
  3. どうして?勿体なさすぎ!急増する“彼女諦め男子”のナゾ

どうして?勿体なさすぎ!急増する“彼女諦め男子”のナゾ

「あんまり彼女とか興味ないんだよね」とか「女子苦手なんだよね」などという発言、周りの男友達から聞いたことありませんか?もし彼に長い間彼女がいなかったり、彼女が出来たことがなかったら、彼は昨今急増中の「彼女諦め男子」かもしれません。今回は、そんな「彼女諦め男子」について紹介します!

 

どうして?勿体なさすぎ!急増する“彼女諦め男子”のナゾ

急増中?!彼女諦め男子とは

あなたの周りに、見た目や性格も決して悪くないのに彼女はいない、もしくは作ろうとしてない男子いませんか?その人は彼女を作るのを諦めてしまっている、いわゆる「彼女諦め男子」である可能性があります。なんだか勿体ない気もしますよね。

そのような男子たちには、“年齢=彼女いない歴”、彼女が過去にいたけれど結局あんまり好きになれなかった、もう長い間彼女ができていなかった、などといった共通点があるようです。彼らはみな、彼女ができてもおかしくはない人たちなのに、なぜか彼女を作ることを諦めているんですね。

彼女諦め男子に多い特徴とは?

女友達はいるのに彼女は作ろうとしない、そんな「彼女諦め男子」。彼らには、一体どんな特徴があるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

男子高出身

彼女諦め男子に多いのは、男子校出身の人が多いようです。中学・高校といった思春期において女子との絡みがなく、大学に入って女友達は出来るようになっても、どう恋愛に持っていけばいいのかわからなかったりするんですね。また、初めての彼女に高い期待を抱きすぎて、彼女ができていないという場合もあります。

とにかくシャイ

中学生や高校生の時、異性と話すのに緊張した時ありますよね。思春期の終わりとともに克服できる場合が多いですが、彼女諦め男子には、その緊張感がまだ残っている場合があります。女子の前ではとにかくシャイになってしまう経験が頭に残り、上手く話すことができないと思っています。

自信がない

周囲から見ればそんなことは無いのに、必要以上に自己評価が低く、自分に自信がないのも彼女諦め男子に見られる特徴です。「自分なんかと付き合う女子がいるわけがない」「女子と自分が話すなんておこがましい」とネガティブ思考に陥っているんですね。例え女子と話しをする機会があっても、「女子が自分と話していて楽しいはずがない」などと考えてしまっています。

女性に苦手意識がある

女性でも、男性と話すのが苦手だったりする人って結構いますよね。彼女諦め男子も、女性に対して苦手意識がある場合が多いです。苦手意識というのは、苦手に感じないようにしようと思えば思うほど、意識してしまうものなんですよね。

トラウマになった失恋体験がある

もし過去に女性に対してトラウマを抱えるような失恋体験があって、「もう恋愛したくない」「恋愛は怖いもの」と思ってしまっている可能性もあります。トラウマというのはなかなか消えるものではないので、これから恋愛していくのは大変かもしれませんね。

趣味に生きている

自由時間はほとんど自分の好きなことをする時間に割いているなど、趣味に生きている場合。そんな場合も、彼女を作る時間も恋愛にかける時間ももったいないと思っていて、彼女諦め男子となっているかもしれません。何かに集中している男性ってかっこよく見えたりするものですが、その彼にあまりに浮いた話が無いのなら、彼は趣味に生きている彼女諦め男子かもしれませんね。

イケメン以外恋愛してはいけないと思っている

「※ただしイケメンに限る」なんてネットスラングがありますよね。彼女諦め男子は、この言葉のように、“恋愛というのは、いわゆるイケメン以外はしてはいけないもの”と思っているのかもしれません。「イケメンではない自分に恋愛する資格はない」などと、恋愛に対してかなり卑屈になってしまっていて、それが彼女を作らない理由かもしれませんね。

彼女諦め男子にはプレゼントで距離を縮めてみるのもアリです。プレゼントにはこちらがおすすめ!

彼女諦め男子はなぜ増えた?

最近になって彼女諦め男子が増えたといわれているのは、一体なぜなのでしょうか?ここからは、その理由について解説していきます。

SNSなど、常に誰かとつながれる環境の普及

 

ひと昔前と現在の比較において最も顕著な変化と言えるのが、インターネットやスマホの普及によるSNSの広がりです。「それって恋愛に関係ある?」って思ってしまうかもしれませんが、かなり関係しています。

恋愛をしたいと思う時には、「誰かと繋がりたい」「自分を理解してくれる人が欲しい」という「寂しさ」が大きなトリガーになっていました。ですが、その「寂しさ」は、今やSNSで埋めることができてしまいます。リアルでの知り合いかどうかに関わらず、たくさんの人と繋がることで、人々の表面的な孤独感というのは、かなり薄れてきていると言えるでしょう。以前は「寂しさ」を埋めることを恋愛に求めていたのが、何も恋愛でなくてもよくなってきているんです。

オタク文化など趣味の多様化

その他に、趣味が多様化し、自分の興味や情熱を注ぐ対象としての選択肢が、大きく広がっていることも挙げられます。自分の情熱や愛情を注ぐことのできる対象が、恋人以外に色々あるというわけです。趣味や自分のやりたいことが見つけやすくなったことにより、「恋愛ができなくても、自分には趣味がある」という心境に達する人は、以前より増えているのでしょう。

若者のお金の使い方の変化

ひと昔前は、女性との付き合いや車にお金をかけることがある意味男性の典型的なお金の使い方でした。しかし、「さとり世代」という言葉が使われだして久しい現代では、先行き芳しくない未来を前に、若者世代は浪費をすることを控えるようになっています。若者がお金をかけたいと思う対象が変化しているんですね。このことは、恋愛においても大きな影響をもたらしています。

「恋愛=お金が掛かる」という図式は、女性に奢る場面の多い男性であれば誰もが頭に浮かべるもの。それよりも、自分が大切にしている趣味や、気の合う仲間との過ごし方に重きを置くようになってきたのは、SNSの広がり、趣味の多様化とも関連も考えれば、「さとり世代」として自然なことと言えるでしょう。

気になる男性にはBULK HOMMEを贈ってみましょう!

どうして?勿体なさすぎ!急増する“彼女諦め男子”のナゾ

おわりに

今回は、彼女諦め男子の特徴や、そんな男子が増えている理由などについて紹介しました。恋愛したいと思っている女子からすれば、もうちょっと恋愛に興味を持って欲しいと思うところでしょう。時代の流れや取り巻く環境の変化の影響もあり、恋愛のスタイルも変化が必要なタイミングなのかもしれませんね。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE