人気上昇中俳優・杉野遥亮、ドラマ初主演の“詐欺師”役に「腑に落ちた」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 人気上昇中俳優・杉野遥亮、ドラマ初主演の“詐欺師”役に「腑に落ちた」

人気上昇中俳優・杉野遥亮、ドラマ初主演の“詐欺師”役に「腑に落ちた」

MBS/TBSドラマイズム「スカム」(MBS毎週日曜24:50~、TBS毎週火曜25:28~ ほか)が、現在好評放送中です。

本作はルポライター・鈴木大介氏によるノンフィクション『老人喰い』を原案に、図らずも振り込め詐欺に手を染めることになった若者たちの顛末を描く社会派エンタテインメント。
主演を務めるのは、FINEBOYS専属モデルを務める傍ら、映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ』やNHKドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』などに出演し多くの女性たちを虜にする杉野遥亮さん。今回が連ドラ初主演となり、詐欺稼業でのし上がっていく主人公・草野誠実を熱演しています。

20190714_杉野遥亮04

girlswalkerでは、初主演に対する想いや撮影エピソードなどをインタビュー。難しい題材を扱った作品であるなか、しっかりとご自身の言葉で演技や役柄について語っていただいた姿は、『俳優・杉野遥亮』としての進化をまざまざと感じさせてくれました。

SPECIAL INTERVIEW

振り込め詐欺に手を染める……「主人公・草野誠実」と出会えた喜び

――今回、“初の連ドラ主演”ということは意識しましたか?

「他の人よりも現場にいる時間が多く色んな景色を見られるので、『引き締めていかないと』とは思っていました。あとは良くないと感じることがあれば、一つずつ摘んで自分なりに咀嚼できたらなって。でも『主演だから』ということはあまり気にしてはいなかったです。
主人公を演じるうえでは、周りの役者さんやスタッフの皆さんとのやり取りなかで変化していくものでもあるので、いい化学反応が起きれば良いなと」

20190714_杉野遥亮02

――主人公・草野誠実の人物像は自分と比較して似ているところはありましたか?

「“新卒切り”に遭ってどん底に落ちたり、詐欺に加担したりと、社会的に一気に追い詰められていく状況は正直自分にリンクするものではありませんが、そんな理不尽な社会に対する気持ちや仲間・家族に対して感じる思いはすごく理解できました」

――振り込め詐欺に加担してしまう若者という役柄ですが、自身ではどのように受け取りましたか?

「この作品に出会って『草野誠実』役を僕が演じられるっていうことに巡り合わせは感じています。難しいとは思いましたけど、『僕が進んでいく道の上にこの役があるんだ』って思えて腑に落ちたというか。道を切り拓くうえではすごくやりがいがあって、ワクワクしました。今の自分としては、頂いた役を一球一球打ち返していきたいという想いがあり、嬉しかったです」

20190714_杉野遥亮03

映画界の新鋭・小林勇貴監督が絶賛する、杉野遥亮の才能

――今回メガホンを取られたのは、本物の不良を起用した映画『孤高の遠吠』(2015年)などでも注目を集めた映画界の新鋭・小林勇貴監督。現場の雰囲気はいかがでしたか?

「監督の年齢が自分たちと近いこともありますけど、1シーン1シーンの勢いを肌で感じられるんです。例えば監督が出す『オッケー!』の声色ひとつでも『もっとやってやろう』っていう切り替えになったり……スイッチを押してくれるんですよね。その感覚はこれまで経験したことがありませんでした。
何より、監督が本当に映画を撮ることが好きで、その楽しさに自然とスタッフ・キャストみんなが引っ張られていくっていう感覚がありました。シーンの撮影後にみんなでチェックして盛り上がる瞬間とかもあって、ひとつになれたんです。みんな口を揃えて『続編やりたい』って話しています」

20190714_杉野遥亮10

――プライベートでも食事にいかれていましたね。何か掛けられた言葉で印象に残っている言葉はありますか?

「本心かどうかはわからないけど、サシで飲むときは嬉しいことを言ってくれます(笑)。『遥亮は共感能力が高いよ』と言ってくださったのが、すごく有り難かったです。
僕は正直、誠実みたいな境遇に立ったこともなければ、監督とも違うから、監督のこれまでの作品や今回描いていることって理解しきれなかったんです。ですが、鈴木大介さんの書かれた原案を読んでからは、誠実の気持ちに寄り添うことができました。やってはいけないことなんだけど、そのもっと奥にある、誠実の信念や原動力の部分に寄り添えて、そこを監督はすごく感激されていました」

20190714_杉野遥亮07

――“共感能力が高い”杉野さんが、誠実として高揚したり、怒りを感じたり、印象に残っている場面はありますか?

「詐欺をやっている瞬間っていうのが、煌いていたんです。まるでみんなで一つのスポーツをしているみたいに、高揚感を感じていました。でもハッと俯瞰でみたときに『これって悪いことなんだよな』ってちょっと冷静になるという……。
みんなで過ごした日々が誠実の中ではストーリーを追うごとに大きくなっていって、もはやそれは台本からはみ出したプラスαの部分なんですよね。だから崩壊に向かう過程で、自分がやってきたことを打ち消さなくてはいけない場面の芝居は、感情が溢れてしまって涙が止まりませんでした。その結果、背中を撮るだけだったのが正面から撮ってもらうことになって。『よっし!正面カットが増えた!』と内心思いました(笑)」

20190714_杉野遥亮11

――1話目では、クレーンで吊られるというなかなか経験できないシーンもありましたね。

「実際、本当に吊られています(笑)高いところは好きだし、楽しかったですよ。あの状況でどういう動きをするか色々考えたんですが、引きで見たときにスンッて棒立ちなのもなんだかなと思って、“動かずにはいられない”イメージで脚をバタバタさせてみました。見てみた結果、クレーンゲームで掴まれている人形みたいで、初めて自分のこと『可愛い』って思っちゃった(笑)。クレーンに謎の愛着も沸いて、カメラマンさんが吊られて撮影していたときは『クレーンは俺のもんなのに!』って嫉妬したほどです(笑)」

20190714_杉野遥亮05

幼馴染役・山本舞香とはグーパンされる仲!

――脇を固める共演者の皆さんも個性派揃い。バディを務めた清宮役・前野朋哉さんとのコンビネーションはいかがでしたか?

「前野さんは今回初めてご一緒したんですが、すごく周りの空気を読んで行動される印象で、甘えられる存在でした。僕が切羽詰っているときは距離を置いてくれていたと思いますし、リラックスしたいときはスッと横に入って話しかけてくれました。アドリブもしやすかったですし、そういう関係性をお互い築けたなと思えましたね」

――誠実の幼なじみ・美咲役の山本舞香さんはいかがでしたか?

「恋なのか愛なのか、はたまた友情なのかという絶妙な距離感を演じるうえでは最高だったと思います。共演は2回目なんですが、自分のパーソナルスペースの中にいとも簡単に、心地よく入ってくる方は、山本さんが初めてでした。普通にグーパンしてくるし(笑)。今回は特にそういう関係性が大事でしたし」

20190714_杉野遥亮12

役者人生を歩む上で、大きなエネルギーとなった本作

――今回の作品を通して、改めてご自身の中で得た気付きはありましたか?

改めて詐欺って最悪だなって思いました。親にも騙されて欲しくないし、おじいちゃんおばあちゃんにも是非教訓にしてもらいたいなって思います。同時に、社会の中で若い人が感じる閉塞感や疎外感もすごくわかりましたし、そういうことの代弁を、誠実を通してできたらと思っています。
役者としては、役者はものづくりの1つのピースに過ぎないですけど、それがいくつも集まって完成するんだっていう考えが改めて自分の中に芽生えました。
撮影で見た光景がいまだに鮮明に残っていて、ここから先、自分が進む役者人生において大きなエネルギーになったと思います。

20190714_杉野遥亮01

――詐欺に加担してしまい、「もう逃げられない」と覚悟を決めて覚醒していった誠実。杉野さん自身が、「やめたいのにやめられないコト/モノ」はありますか?

「蒙古……」

――“蒙古タンメン”以外でお願いします!(笑)※杉野さんは蒙古タンメンが大好物!

「蒙古タンメン以外か~~(苦笑)。寝貯めしちゃうことかな。起きたら昼過ぎだったりしたとき、一気に一日を無駄にした気分になるからどうしてもやめたいんですけどね……。休みの日は、寝られる分だけ寝てやろうっていうテンションになってしまうんです(笑)ベッドを替えようかとか、色々考えています」

――爽やかな好青年から学年一のモテ男、そして今回は詐欺集団のリーダーを演じましたが、今後はどのような役柄に挑戦してみたいですか?

「役柄っていうと難しいですね。でも今回、バディものをやってみてすごく楽しいなって思いました。そして、今回の誠実みたいに、何かを代弁できるような役はまた演じてみたいです。物事を広く見たり、色んな角度から見たりすることができて、自分自身豊かになっていく感覚もありましたし、それを色んな人と共有したりディスカッションできたりする面白さも感じられました。またそんな役と巡り会えれば良いなと思います」

20190714_杉野遥亮09

INFORMATION

MBS/TBSドラマ『スカム』
MBS(関西) 6月30日より毎週日曜24時50分~ 放送
TBS(関東) 7月2日より毎週火曜25時28分~ 放送 (全9話)

s-MBS・TBSドラマイズム「スカム」メインビジュアル

《出演》杉野遥亮 前野朋哉 山本舞香 戸塚純貴 福山翔大 水間ロン 若林拓也 華村あすか
/ 栁俊太郎 山中崇 和田正人 / 西田尚美 杉本哲太 / 大谷亮平
《演出》小林勇貴 原祐樹
《脚本》継田淳
《原案》鈴木大介「老人喰い:高齢者を狙う詐欺の正体」(ちくま新書)
《公式サイト》https://www.mbs.jp/drama-scams/
(C) 「スカム」製作委員会・MBS

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2019下半期 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN