佐野勇斗が目撃した中条あやみのドSな一面とは? 「初めての壁ドンで……」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ENTERTAINMENT
  3. 佐野勇斗が目撃した中条あやみのドSな一面とは? 「初めての壁ドンで……」

佐野勇斗が目撃した中条あやみのドSな一面とは? 「初めての壁ドンで……」

映画『3D彼女 リアルガール』が、2018年9月14日(金)より全国にて公開されます。

斬新な設定で話題を呼んだ那波マオの同名コミックを、大ヒット映画『ヒロイン失格』の監督、スタッフが映画化。完璧なルックスを持ちながら、男グセが悪いという噂もあるリア充女子と、コミュ障で恋愛経験ゼロの非リア充男子。好きになるはずのない人を好きになるという“大純愛スペクタクル”を軸に、ふたりを取り巻く仲間たちのすれ違いや友情もポップに描き出します。

書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・五十嵐色葉(中条あやみ)を助けたのは、2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井光(佐野勇斗)。色葉から突然の告白を受けたつっつんは新手のイジメだと疑いながらも、正反対のふたりの交際がスタートして……!? 『美女と野獣』ならぬ“美女とオタク”のありえない純愛の行方を描く、笑って泣けて爽やかな気持ちになれるマジカルなラブコメディとなっています。

girlswalkerでは、同作で主演を務めた中条あやみさんと佐野勇斗さんに2ショットインタビュー。実際のお二人も、「色葉」と「つっつん」に負けない程の仲の良さで、取材現場もボケとツッコミ合戦が繰り広げられる楽しい雰囲気に包まれていました!

会う前は「仲良くなれなそう」と思っていたけど……

-お互いの第一印象を教えてください

中条あやみ(以下、中条)「すごく好青年で、爽やかで。初対面の時から末っ子感を出していたので、いじっても大丈夫な人だったから仲良くなれそうって思いました(笑)」

佐野勇斗(以下、佐野)「TVやCMに色々出られているので、僕はお会いする前からもちろん知っていました。同時に、絶対仲良くなれなそうな、僕が苦手なタイプの人だなと思っていて(笑)。でも、実際に会ってみたら真逆で、親戚のお姉さんみたいな人でした(笑)」

佐野「そこから今日までは、印象は変わっていません。あ、でも言葉は日に日に強くなっていってるかも(笑)」

-実際撮影が始まってみて、いかがでしたか?

佐野「作品中も、普段の様子をそのまま映し出しているような……中条さんは本当に色葉みたいだし、僕もつっつんを“演じている”という感覚が全くなくて。気持ちが入りやすかったし、すごくお芝居しやすかったです」

中条「私は、演技の経験が少ないと言っていた勇斗くんに対して、サポートができたらいいなと初めから思っていて。撮影中に悩んでいた勇斗くんに『私、お姉ちゃん感出てるなぁ』って思いながらアドバイスしていました(笑)」

佐野「自分で言うなよ(笑)! それは俺が言う台詞だよ!」

-「中条さんが本当に色葉みたい」ということですが、それぞれ役と共通しているところはありますか?

佐野「人見知りなところ、家族や友達を大切にするところは似ていると思います」

中条「私は…、えー、男たらしなところとかぁ(笑)?」

佐野「朝からぶっこんでくるなぁ(笑)。びっくりしたわ」

中条「冗談です(笑)。人のことをちゃんと中身で判断するところ。私も色葉みたいにヒエラルキーを意識することがないし、人柄に惹かれて一緒にいたい相手を決めています。あとは、好きな人がいると嫉妬してしまったり、素直に言えば良いことを素直に言えずに相手とすれ違ってしまう不器用な部分も共感できました。1番大切なことが恥ずかしくて言えないところも似ています」

キャスト全員がスタッフ陣に叱られる!?

-美女役、オタク役を演じられていかがでしたか?

中条「原作を読んだときに、『色葉を演じるには無理がある。こんなにかわいい人間っていなくない?』と思って(笑)。私、いつもだとカメラ映りは全く気にしないタイプなのですが、今回は自分がどういう風にカメラに映っているか、かわいい表情ができているかをすごく気にしました。そういう意味では、モデルのお仕事が役に立ったと感じた撮影でもあります」

佐野「僕は、動きの面ではほぼアドリブでした。まず、100%でオタクを演じてみて監督に『やりすぎ』と言われたら動作を削るという作業を毎回やっていました。他の役を演じるときは不安になることも多いですが、つっつん役はずっと楽しかったです」

-お二人でのシーンで、お気に入りのシーンはありますか?

佐野「キャンプ場でのロマンチックなシーンがあるのですが、実際は蛙がゲロゲロ鳴いている中で撮影していて(笑)」

中条「全然ロマンチックじゃなかったよね。虫がいっぱいいたし(笑)」

佐野「でも、完成した作品を観ると、ロマンチックな蛍と可愛らしい2人がね」

中条「すれ違っていた色葉とつっつんの距離が縮まる、作品の中でも特に胸キュンなシーンです」

-キャンプ場のシーンは同世代の出演者が集結していますが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

佐野「とにかく無言だよね」

中条「そうそう、私たち仲悪いからね(笑)」

佐野「というのは冗談で、実際は学校の放課みたいに……」

中条「ほうか?」

佐野「放課って愛知の方言だった! 学校の休み時間みたいに、みんなで仲良く過ごしていて」

中条「キャンプ場で、勇斗くんと2人乗りのバギー(4輪の自動車の用な乗り物)に乗ったのが楽しかったよね」

佐野「最初、僕が前で運転してみたのですが下手くそで……。中条さんを乗せて転んだらまずいと思って運転席を交代してみたら、中条さんの運転が超上手で(笑)。その日、雨が降って地面がべちゃべちゃだったので、泥が服とかに跳ねちゃって、スタッフさんに結構怒られたよね(笑)」

中条「キャストみんなで怒られて(笑)」

佐野「あのときは、お姉ちゃん感出てなかったなぁ(笑)」

中条あやみ、憧れの初壁ドンがまさかの…!?

-中条さんは、逆壁ドンシーンもありましたね

中条「壁ドンをされた経験がないので、密かに憧れていました。ついに壁ドンされるときが来たかと思ったら、いや私がするんだ……と(笑)。けど、実際やってみると爽快感があってすごく気持ち良かったです! 1発OKでした」

佐野「あのときすごくイキイキしてたよね。ドSあやみが出てたよ(笑)」

-佐野さんの演技も、印象的な場面がすごく多かったです

佐野「オタク用語が多いし、早口で多い台詞を言わないといけないので、今までで1番台本を読み込んだ作品です。でも、感情的には全く苦労をしなくて、次のシーンで泣く予定が、その前のシーンで泣くのをこらえられなくてなってしまったり。本来泣く予定だった次のシーンは結局カットになったのですが、それくらいつっつんには感情移入がしやすかったです」

-最後に、読者へメッセージをお願いします

中条「友情、青春、笑い、恋愛…色んな要素が詰まっているので、家族、友達、カップルとどんな年齢層の方が観ても、心が温かくなる作品です。どの映画を観ようか迷ったら、絶対選んでいただきたいです!」

佐野「めっちゃ笑えて、めっちゃ泣けるジェットコースターみたいな作品。友達っていいなと思えるし、色葉とつっつんが出会ってからの2人の成長にも注目してください。本当に観てください!」

SPECIAL MOVIE

映画の公開を楽しみに待つ読者に向けて、お二人からメッセージをいただきました。息のあったコメントにご注目ください♪ 以下ムービーをチェック!


SPECIAL PRESENT

中条さん、佐野さんお二人の直筆サインが入ったチェキをgirlswalkerの読者にプレゼント!
応募方法は簡単!girlswalkerのTwitterアカウント(@girlswalkernews)をフォローして下記のTweetをRTするだけ!


応募締切は9月10日(月)まで。

INFORMATION

『3D彼女 リアルガール』
2018年9月14日(金)全国公開


《出演》中条あやみ、佐野勇斗/清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう/三浦貴大/神田さやか(声の出演)/濱田マリ、竹内力
《原作》那波マオ『3D彼女 リアルガール』(講談社『KCデザート』刊)
《監督》英勉
《脚本》高野水登、英勉

3D彼女の関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE