<IT BOY>ネクスト塩顔イケメン!俳優・山本直寛「悩む時間があったら、絶対に将来に繋がる努力をする」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. <IT BOY>ネクスト塩顔イケメン!俳優・山本直寛「悩む時間があったら、絶対に将来に繋がる努力をする」

<IT BOY>ネクスト塩顔イケメン!俳優・山本直寛「悩む時間があったら、絶対に将来に繋がる努力をする」

girlswalker編集部が注目する、今をときめくイケメンをピックアップする本企画。今回登場してくれたのは、メンズノンノモデル出身の俳優・山本直寛さん。

メンズノンノは、坂口健太郎さんや成田凌さんをはじめ、宮沢氷魚さん、清原翔さんなど、“塩顔イケメン俳優”を多数排出している若手俳優の登竜門的存在。現在23歳の山本さんは早稲田大学在学中に自ら応募したメンズノンノのオーディションに合格。2016年3月までモデルを務め、その後俳優の道に進みました。現在放送中の土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』では、佐藤勝利(Sexy Zone)さん演じる斎藤博史と同期の新入社員役を熱演中!

そんな山本さんに、オーディションに応募したきっかけから、学生時代の思い出、今後の目標に向けて努力していることなどについてお話を伺いました。

俳優を志したきっかけは「かっこ悪い自分を出すことが楽しいと思った」から

-メンズノンノのオーディションには自分で応募されたそうですが、応募しようと思ったきっかけは?

「1番は服が好きだったからです。高校2年生のとき、友達の影響で古着にハマり、そこから服を好きになりました。暇さえあれば原宿で古着屋巡りをしていたんですが、その辺りってよくストリートスナップをやっていたんです。そこで撮られたら『よし、今日おしゃれだった』みたいな感じで、どんどんおしゃれが楽しくなっていきました」

-たくさん声をかけられたのでは?

「かけられに行ってましたね! スナップ隊がいる場所もだんだん分かってくるので、その辺をス~っと通って、声をかけられたら『しめしめ』って感じで(笑)。それから何度かスナップに載せていただくようになって、服が好きだし写真を撮られるのも好きだから、モデルを目指すようになりました」

-オーディションに応募した当初のことって覚えてますか?

「1番仲のいい友達が、僕が応募する1つ前のオーディションに応募していたんですよ。身近な友達が受けていて、自分も応募してみようと思いました」

-オーディションでプロの方にヘアメイク・撮影してもらったときどんな気持ちでしたか?

「いい感じに仕上がって、かっこいいな~って思いながらトイレで自撮りしました(笑)。その時はハイテンションで『絶対勝つ!』って思ってて。10人で並んで撮るカメラテストでは、立ち位置が自由だったので、『絶対真ん中に行ったろ!』と思ってグイグイいきました」

-モデルからどうして俳優を目指そうと思ったんですけど?

「事務所オーディションの審査に、演技のワークショップがあって、そのワークショップを受けるためのワークショップに参加したのがきっかけです。初めての芝居だったので何をしたらいいか分からなくて、恥ずかしい気持ちも大きかったんですけど、モデルのときとは違う楽しさがありました。モデルは、どうやったら服をかっこよく見せるかなんですけど、演技は真逆な感覚があり、それがすごくおもしろくて。オーディションごとにやることも全然違ったので、それもまたおもしろかったですね、自分の中からひねり出す感じが」

男子校ならではの青春時代を振り返って……

-出身が東京ということですが、放課後はどんなことされていたんですか?

「マックに行ったり、近くのスーパーでいつも4割引になってるアイスを買って食べたりしていました(笑)」

-放課後ディズニーとかは?

「放課後は行かなかったですけど、10人ぐらいで学ランを着て制服ディズニーはしました。あと、15人ぐらいで制服でよみうりランドのイルミネーション見に行ったり」

-男子校っぽい!

「男8人ぐらいでディズニーランドに行ったとき、スプラッシュマウンテンに写真撮られる場所があるんですが、そこで全員でチューしてみようぜ、ってなって(笑)その写真を友達が『俺たちの絆』っていってツイッターにあげたら、1万リツイートぐらいいったんですよ! そういうバカなことばっかやってました(笑)」

ドラマ『Miss デビル』で共演中!佐藤勝利らキャストとの撮影秘話を披露

-現在土曜ドラマ『Missデビル』において、新入社員役で出演されていますが、撮影の雰囲気はいかがですか?

「同期役の4人はめちゃめちゃ仲良しです。楽屋でもずっと喋ってます。(前田)航基と(佐藤)勝利がおしゃべりなんですよ。航基は本当におもしろいですね。勝利は、人懐っこいんです。撮影初日からいきなり『兄さん』って言いながら隣に座ってきたり」

-どんな話をされるんですか?

「最近航基がクランクアップして撮影がなくなったので、みんなで撮影している時に、ライングループで『元気?何してんの?』って送って、返事がきたらスルーしてみる、みたいな(笑)」

-いじられキャラなんですね(笑)

「そうなんですよ。この間なんか『僕ダイエットしたいからサラダバー行ってるんですよ』って言うので、『嘘つけい!』ってみんなでつっこんでみたり(笑)」

好きな女性のタイプ&ファッションは…!?

-好きな女性のタイプを教えてください

「メイクは薄めで、おでこを出したヘアスタイルとか好きです。服装も、その人が好きなものを着てもらえればいいです。性格は…(『Missデビル』の)椿眞子みたいな強気な人は苦手ですね(笑)。とりとめのない話をずっとできるようなラフな人がいいです」

-服好きな山本さんですが、女性のファッションで好きな格好は?

「キレイめとカジュアルがミックスした格好が好きです。ロンTにスキニーでカジュアルだけど、靴はスニーカーじゃなくてパンプスを合わせるとか。あとは女の人が男っぽいミリタリーの服をキレイに着こなしてたら、かっこいいなって思いますね」

-逆にちょっと理解しがたいなぁ……という格好は?

「レースの下にデニムを履く格好ですかね……。あのレースの使い方がよく分からないです、デニムだけでよくない?って(笑)」

目標は、海外作品に出ること

-オフの日はどのように過ごしていますか?

「ギターを弾いたり、ジムに行ったり、勉強のために映画やドラマをたくさん見ています。最近語学の勉強も始めました。英語と中国語と、学生の頃に第2外国語でとっていたフランス語もまた勉強し直したり。在学中は正直あんまり真面目に勉強してなくて……(笑)。高校の頃から好きで得意だった語学に力を入れようと思いました」

-最後に今後の目標を教えてください

「いつか海外の作品に出ることですね。毎日『もっとできたな』とか悩むことはたくさんあるんですけど、悩んだところで答えは見つからないことに最近気づいて(笑)。なので今は、いつか絶対に活かされる努力に時間をかけるようにしています。体を鍛えたり、語学を勉強したり。芝居は考えるよりも見て、感じて、吸収するものだと僕は思っているので、今やっていることが最終的に自分の目標に繋がればいいなと思います」

SPECIAL MOVIE

現在ドラマで新入社員役を演じられているということで、新入社員の山本さんが、先輩の女子社員に告白するという妄想シチュエーションにトライ!タメ口から敬語に切り替わる瞬間は、年下男子ならではのキュンポイントです……♡

妄想シチュエーション

山本くんが、同じ部署に新入社員として入社してきて半年。何度か仕事終わりにみんなで飲みに行ったことはあったけど、休日に2人で会うのは初めて。そんな日の帰り道…


PROFILE

山本直寛(やまもと・なおひろ)
1994年8月29日生まれ。東京都出身。
現在放送中のドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』に関内秀臣役で出演中。2018年7月16日(月・祝)から始まる舞台『BOAT』への出演が決まっている。

関連記事

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY