5代目バチェラー長谷川惠一、パートナー選びの軸・再び参加した理由を語る「色々な意見があるとは思いますが」 - girlswalker
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 5代目バチェラー長谷川惠一、パートナー選びの軸・再び参加した理由を語る「色々な意見があるとは思いますが」

5代目バチェラー長谷川惠一、パートナー選びの軸・再び参加した理由を語る「色々な意見があるとは思いますが」

大人気恋愛リアリティ番組の最新作となる『バチェラー・ジャパン』シーズン5が、 Prime Videoで、8月3日(木)22時から独占配信される。

長谷川惠一バチェラー5_2

5代目バチェラーに選ばれたのは、『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2でラストの2人に残るも、最後の最後で恋が成就しなかった、長谷川惠一さん。今回はリベンジをかけた2度目の旅。

「選ばれる立場」から「選ぶ立場」に変わり、今度はどんな相手を探し当てるのか。新たな旅に出た理由や、恋愛観、相手に求める条件などをインタビューしました。

SPECIAL INTERVIEW

シーズン2ではしっかりと恋愛に向き合えた

——『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2で長谷川さんにつけられたキャッチコピーは「成長する、弱気なオトコ」でした。バチェラーというとギラギラとした強いイメージでしたが、長谷川さんは今までにいないタイプと言えそうです。

長谷川惠一(以下、長谷川)「色々な意見があるとは思いますが、私もバチェラーとして「最愛の人を見つける旅にする」という明確な目的を持って今回の旅に参加しました。周りの意見は気にせず、真実の愛を掴み取りたいと思っています」

——もう一度、旅に出ようと思った理由を教えてください。

長谷川「前回の旅は想いが叶わないまま終わってしまったので、当分恋愛はしなくていいなと思い、仕事で忙しくさせてもらっていたんです。ただ、結婚はひとつの夢でもあったから諦めきれなくて。あの旅で自分の恋愛にしっかりと向き合えたので、もう一度チャンスを掴みたくて参加しました」

長谷川惠一バチェラー5_3

——恋愛に向き合えたというと?

長谷川「日常から離れて、自分の恋愛だけにフォーカスできていたので。おかげで、自分では愛情表現をしているつもりでも、全然伝わっていなかったことに気付かされました。尾﨑美紀さんという存在がいたから、成長できたんだと思います」

——残念ながら最後の最後で選ばれませんでしたが、どんな心境でしたか?

長谷川「一緒にいる時間は濃厚だったし、スタジオでは彼女が私に決めようとしたときもあったと話していたので、『俺じゃないんですか?』と、最初は現実を受け止められませんでした。」

長谷川惠一バチェラー5_1

もっと向き合ってみたい人にローズを

——前回は「選ばれる立場」でしたけど、今回は尾﨑さんと同じ「選ぶ立場」に。

長谷川「そうですね。だから、尾﨑さんはすごく大変だったことがわかりました。100対1くらいで、選ぶ側が大変(笑)。選ばれる立場だった際は自分で頑張るだけでしたが、今回は、大勢いる中で相手の良いところを見つけていかないといけない。さらに、その良いところが未来の自分とどんなふうにリンクしていくのかを想像していました」

——ローズを渡すときに大切にしていたことはありますか?

長谷川「これからもっと向き合ってみたいと思える方を優先しました。渡さない相手を選ぶのも難しかったです。過ごした時間が短いとわからないことばかりで、お別れをする理由が十分に見つからないことも多々ありました」

——お別れする方に、情が移ってしまうこともあるんじゃないかと…。

長谷川「それは、めちゃめちゃ移りますよ! 旅の模様を観てもらえればわかると思いますが、大変なことになってます(笑)」

長谷川惠一バチェラー5_6

自分の弱みを見せられる相手が理想

——結婚がずっと夢だったそうですね。

長谷川「特に理由はないんです。でも、自分の家族や弟夫妻など、仲の良い夫婦や家族が周りにたくさんいて、そういう居心地の良さって家族でしか味わえないものだと思うんです。その中にひとりでいると、『あれ?なんでひとりなんだろう』って思うことが結構あります」

——ひとりでいることに違和感が。

長谷川「前回の旅に参加する前は、何のために仕事をしてるんだろうって思うことがありました。自分のためというより、誰かのために働くことができたら、もっと力が出るんだろうなと感じています」

——長谷川さんにとって理想の恋愛・結婚相手とは?

長谷川「若い頃は相手に何かを求めることもありましたが、それが思っていたものと違ったときに、相手に良くないイメージを持ってしまう気がして、相手に何かを求めないようにしてきたんです。自分も弱みを見せないタイプですし。でも最近は、格好つけて遠慮したり、我慢したりするのではなく、何でも気兼ねなく話せるほうがいいなと思うようになりました」

長谷川惠一バチェラー5_4

心の底から好きでいてくれる言動に惹かれる

——理想の相手を見つけるために、今回の旅で大切にしていたことは何でしょう。

長谷川「一緒にいるときに自分らしくいられること。今まで、格好つけすぎて、最後にボロが出てくるような恋愛をしていたので。相手も、作りすぎていない人が理想。以前は参加者側だったので、『よく見せたい』という気持ちはわかるんですが…。心の底から好意を持ってくれているような言動に惹かれました」

——参加者側の気持ちがわかるのは大きいですね。

長谷川「それはプラスだったと思います。女性のなかには、私が参加者側を経験しているから、気持ちが分かるんじゃないかっていうマインドで来てくれた方もいるので」

——好意をわかりやすくアピールされると、やっぱり気になりますか?

長谷川「気になりますね。旅の途中って、相手が本当に自分のことを好きなのか、こういう対応で大丈夫かな、とか、ずっと不安がつきまとっているので。その中で気持ちを伝えてくれるのはやっぱり嬉しいですし、自然と惹かれました」

長谷川惠一バチェラー5_5

——ローズをもらうために“あざとい”作戦を立てるような行動も、嫌ではないですか?

長谷川「嫌じゃないです。短い期間の中では何かしらアクションを起こさないと伝わらないと思うので。作戦を考えてくれている時間もすごく愛おしいです」

——女性同士の結束が強く、彼女たちが長谷川さんのことをどう話しているのかは気になりますか?

長谷川「そうですね(笑)。今回、旅が終わってから彼女たちが話していた内容を聞いて、『伝えたいことが伝わってなかったな』という反省もありました。自分がまだ未熟だったと思います」

——これまでのシーズンとはまた違った魅力のある内容になりそうで、配信を楽しみにしています。

長谷川「後悔することなく、運命の相手と真実の愛を掴み取るつもりで参加しました。どんな結末になるのか、お楽しみに!」

INFORMATION

『バチェラー・ジャパン』シーズン5
《配信開始日》2023年8月3日(木) 22時より独占配信開始
《番組URL》https://www.amazon.co.jp/dp/B0BZZC8CKV

《製作》Amazon
《コピーライト》2023 Warner Bros. International Television Production Limited

文:吉田あき
写真:MISUMI

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

連載・特集

江戸川区特集サイト

都心からアクセスも良く、自然がいっぱい!「江戸川区」の魅力を発信!

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

新着

TGC2024aw tgckitakyushu2024 TGC Premium TGC CARD matchingwalker