中川大志「やんちゃでした」大人を困惑させた幼少期のエピソード - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 中川大志「やんちゃでした」大人を困惑させた幼少期のエピソード

中川大志「やんちゃでした」大人を困惑させた幼少期のエピソード

俳優・中川大志さんが出演する映画『FUNNY BUNNY』が、2021年4月29日(木・祝)に全国公開されます。

nakagawataishi

今回は本作で主演を務め、様々な映画やドラマで活躍中の実力派俳優・中川大志さんがgirlswalkerに登場。
劇中で、自分と真逆のキャラクターを演じた苦労や、サプライズ好きな一面、幼少期のハプニングエピソードなど、その広く愛される素顔に迫りました。

原作は、2012年に上演された舞台とその後制作された同名小説。原作の作者である飯塚健が自らメガホンを取る。自殺志願者を見分ける能力を持つ自称小説家・剣持聡(中川大志)と、親友の漆原聡(岡山天音)。2人はウサギの着ぐるみに扮して、「絶対借りられない本」を探しにとある図書館に強盗しに行くことに。月日は流れ、今度はラジオ局を襲撃し電波を盗むというとんでもないミッションを敢行。2つの事件に隠された謎と悲しい真実とは…?

SPECIAL INTERVIEW

自分自身とはかけ離れた役との“向き合い方”

——出演が決まった時のお気持ちは、いかがでしたか?
「今回の役は、自分があまり演じてこなかったようなキャラクターでした。しかも、自由奔放で野生的だったりと自分にない部分をもっている役だったので、そういうところをしっかり自分に落とし込めるかどうかのチャレンジになると感じました」

——ご自身とは離れている役柄への挑戦、どう向き合っていきましたか?
「剣持の言葉の重さとか説得力はどこからくるんだろうって考えたときに、剣持の背負っている過去や痛みからくるものだなって思ったんです。本当に“現実”というものを知っていて、人の痛みもわかる男だからこそ、一つ一つの言葉に重みがあって、パワーがある。なので、剣持が背負っているものと同じくらいの痛みを、僕自身の過去から抜き出してきて、向き合っていきました。それは辛い作業でもあったのですが、一番必要なことだったのかなと思います」

——中川さんから見た剣持の魅力と、その役作りについて教えてください。
「剣持は小説家志望なんですけど、自分の思想があって、世界観があって、言葉があるんです。だから、剣持から出てくる言葉には生き様が見えたり、しっかりとした説得力がないといけない。そうじゃないと、見ている人もついてこれないだろうし。それに、周りのみんなも剣持の背中について行きたくなるんです。それが剣持の格好良さであり、ミステリアスさでもあるので、それを表現するのは簡単じゃなかったです」

nakagawataishi

自分の中の“剣持像”にプレッシャーも

——本作は、一部と二部に分かれている構成もユニークですね。
「原作はもっとエピソードがあって、時間軸も違って点在しているけど、一つに繋がるっていう仕掛けのお話です。この映画では図書館とラジオ局という2つのパートに分かれているんですけど、映画を2本撮ったような感覚でしたね。図書館のパートが終わったときに、既に1本撮り終えたような達成感があって。どちらも濃いお話だったので、映画2本分のエネルギーを使いましたね」

——原作の小説も読まれていたんですね。
「監督と初めて会ったのは高校生の時で、出会って間もない頃に原作の小説をいただいたんです。そのときは映画化とか主演の話っていうのは全くなくて、ただ一読者としてフラットに読んでいました。
誰もがそうだと思うんですけど、小説を読んでいる時って自分の中でキャラクター像ができてくるじゃないですか。僕の中でも剣持像ってすごくあって、『こうであってほしい』『こういう男であってほしい』っていうイメージがありました。それを自分がちゃんと体現できるのかプレッシャーになりました」

nakagawataishi

中川大志、幼少期のハプニングエピソードを明かす

——本作には“自分がされたことを、他人にも”という描写がありますが、中川さん自身もそんな経験はありますか?
「サプライズが好きなんです。自分がしてもらった時はすごく嬉しかったですし、逆に僕もサプライズすることが好きなんですよ。そういうことを考えることが好きで、実際にやってましたね。転校しちゃう友達のお別れ会とかでは、学校の先生や友達とか色んな人にビデオを撮ってもらって、写真も入れて、それを僕が編集してDVDにして渡したことがあります」

——“説得シーン”も演じられていました。中川さん自身の説得エピソードはありますか?
「説得というより、相談はありますが……相談はされるより、するほうが多いかも。昔から、親には仕事のことも個人的なことも全部話していて、逆に話してないことはないです。アドバイスしてくれる時もありますし、仕事のこととかは、わからなくても聞いてもらうだけでスッキリします。
話しているうちに、『それは一般社会に通じることあるよ』って、親が経験した話に変わったりもして(笑)。僕は、この業界じゃない友だちのほうが一緒にいる時間が多いので、その友だちの話を聞く時間もすごく楽しいんです」

——図書館とラジオ局での“2大ハプニング”も見どころの本作。中川さんのハプニング話は?
「幼稚園の時に、河川敷の土手の向こう側まで行って、森の中に基地を作っていたんです。そうしたら戻り方がわからなくなっちゃって、草むらをかき分けて行ったら、その先が全部バラ畑だったんですよ。でも、そこを行くしかないと思って進んでいったんですが、幼稚園児だから、半そで半ズボンじゃないですか(笑)。バラのトゲで全身血だらけになって、保健室で全身に絆創膏を貼ってもらったことを覚えています。外で遊ぶのが好きだったので、やんちゃでしたね」

——タイトルの“うさぎ”にかけて、中川さんの動物エピソードを聞かせてください。
「やはりワンちゃんです!愛犬は、今2歳半くらいで、とても元気です。家にいるときは一緒にダラダラしたり、今回のような作品の撮影中にも、愛犬によく癒されていました。最近だと、ドッグカフェに一緒に行ったりしました。」

nakagawataishi

INFORMATION

映画『FUNNY BUNNY』
2021年4月29日(木・祝)映画館&auスマートパスプレミアム

《出演》中川大志 岡山天音 / 関めぐみ 森田想 レイニ ゆうたろう / 田中俊介 佐野弘樹 山中聡 落合モトキ / 角田晃広 菅原大吉
《原作》舞台「FUNNY BUNNY -鳥獣と寂寞の空-」(演出・脚本 飯塚健/青山円形劇場、 2012)、小説「FUNNY BUNNY」(飯塚健/朝日新聞出版)
《監督・脚本・編集》飯塚健
《配給》「FUNNY BUNNY」製作委員会
《公式サイト》https://entm.auone.jp/camp/funny-bunny/
©2021「FUNNY BUNNY」製作委員会

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

ランキング

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM