大ブレイク俳優・北村匠海が“浮き足立ってない”理由は? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ENTERTAINMENT
  3. 大ブレイク俳優・北村匠海が“浮き足立ってない”理由は?

大ブレイク俳優・北村匠海が“浮き足立ってない”理由は?

俳優の北村匠海さんが、主演映画『とんかつDJアゲ太郎』(2020年10月30日公開)で初めてのコメディにチャレンジ。新境地を開きました。

北村匠海インタビュー_とんかつDJアゲ太郎_Tシャツ&カラースーツgirlswalker01eye

そこでgirlswalkerでは、北村さんにインタビューを敢行!出演作が途切れない若手俳優の筆頭となった彼に、役者業の醍醐味や、好きな女の子に聴かせたい曲などを語ってもらいました。

関連記事:北村匠海、「LANVIN en Bleu」のブランドアンバサダーに就任

SPECIAL INTERVIEW

北村匠海、初コメディで「なんでもできるような気持ちに…」

――本作でコメディに初挑戦されました。役作りで苦労されたことはありましたか?

「コメディの中でも、なかなかエッジの効いた笑いに挑戦させていただきました(笑)。毎日がとても新鮮でしたね。撮影初日に、二宮(健)監督からは『アゲ太郎は、教えを説くような人』というお話があって。『一体どういうことなんだ……?』と迷路に迷い込んでしまったような思いがしました。もしかしたら、それが二宮監督の狙いだったのかもしれません。とんかつの被り物を被ったり、裸同然で走り回ったり、いろいろなことにチャレンジすることになりましたが、被り物をすると、なんでもできるような気持ちになったりもして(笑)。みんなが『面白いよ!』と言ってくれたので、頑張ることができました」

――とんかつの被り物でのパフォーマンス、素晴らしかったです。

「ダンス経験があって程良く踊れるので、それも少しネックで(笑)。『もうちょっとダサくしてくれない?』と言われたりもしました」

北村匠海インタビュー_とんかつDJアゲ太郎_Tシャツ&カラースーツgirlswalker01

――伊藤健太郎さんが、アゲ太郎のライバルとなる、クールな凄腕DJの屋敷役を演じています。北村さんからご覧になって、屋敷と伊藤さんが重なる点はありますか?

「僕は健太郎のいろいろな作品を観ていますが、本当に多才だなと思うんです。健太郎の初主演映画『デメキン』をはじめ、『コーヒーが冷めないうちに』や『今日から俺は!!劇場版』など、ものすごく幅の広い役柄を演じられるし、昔から『すごいな』と思っていました。そうやって屋敷のようになんでもこなせるように見えて、実はお芝居に関しては悩んだりもするし、熱くぶつかっていく人。現場ではいつも柔軟に芝居を受け止めてくれるので、とてもやりやすいし、信頼ができます。お互いに役者としてもがいている姿も知っているので、健太郎が想像を超えた芝居をしてくると、すごく嬉しい。僕、健太郎の芝居が大好きなんですよ。僕と健太郎は10代の頃に出会いましたが、今考えても最高の出会いができたなと思っています」

北村匠海インタビュー_とんかつDJアゲ太郎_Tシャツ&カラースーツgirlswalker02

関連記事:リアル友情出演♡4年ぶりに北村匠海×新田真剣佑らの再会ショットが実現

大ブレイク俳優 北村匠海が“浮き足立ってない”理由は?

――出演作も目白押しで、人気若手俳優の筆頭となった北村さん。地に足をつけて役者道を突き進んでいる印象がありますが、ブレイクしても浮き足立たない秘訣はありますか?

「僕としては、ブレイクした実感はないです(笑)。『(DISH//の楽曲)「猫」がヒットしている』とも言われるんですが、どこか俯瞰で見ているような感じというか……。“芸能人”という感じではなく、限りなく普通の感覚は持っていたいなと思っています。こういうお仕事をしていると、持ち上げられることもあるので、そこにあぐらをかくことのないようにしたいです。自分が嫌いな人間にはなりたくないと思っています」

北村匠海インタビュー_とんかつDJアゲ太郎_Tシャツ&カラースーツgirlswalker04

“芝居を超える感覚”とは 『キミスイ』の感動シーンを回顧

――本作では、夢中になれることを見つける喜びが描かれます。北村さんにとって「この瞬間が好きで、役者をやっている」と思うことあれば教えてください。

「芝居を超える感覚がするときには、すごく感動しますし、それが気持ち良くて役者を続けているところは、あるかもしれません。例えば、芝居で泣くのではなく、思わず涙が止まらなくなってしまったり、震えまで出てきてしまったり……。それはきっと、僕らにしか味わえない感覚。誰かを演じているんだけれど、限りなく自分と同化しているような感覚になるときがあります」

――『君の膵臓をたべたい』で、北村さん演じる“僕”が「泣いてもいいですか」と言いながら、涙を流すシーンを思い出します。

「(照れ笑い)台本には『泣いてもいいですか』と言った後に涙が出る……となっていたんですが、言いながら泣いてしまいました」

北村匠海インタビュー_とんかつDJアゲ太郎_Tシャツ&カラースーツgirlswalker05

好きな女の子に聴いてほしい一曲をセレクト

――最後に、DJを描く映画にちなんだ質問を。もし好きな女の子に「この曲すごくいいから聴いて!」とオススメするとしたら、どんな一曲を選ぶか教えてください。

「一曲か……。andymoriの『君はダイヤモンドの輝き』がいいかな。andymoriは2014年に解散してしまったバンドなんですが、2000年代初期の邦楽ロックという感じで、いい曲が本当にたくさんあるんです。『君はダイヤモンドの輝き』はラブソングで、歌詞も含めて、好きな女性に聴いてほしいような一曲になっています」

北村匠海インタビュー_とんかつDJアゲ太郎_Tシャツ&カラースーツgirlswalker03

関連記事:“リアル王子様”北村匠海×福本莉子の尊いオフショットにファン悶絶「美男美女」「りこたくお似合い」

INFORMATION

映画『とんかつDJアゲ太郎』
10月30日(金)より全国公開中

《出演》北村匠海、山本舞香、伊藤健太郎、加藤諒、浅香航大、栗原類、前原滉、池間夏海、片岡礼子・ブラザートム、伊勢谷友介
《原作》イーピャオ、小山ゆうじろう『とんかつDJアゲ太郎』(集英社少年ジャンプ+)
《監督・脚本》二宮健
《脚本協力》喜安浩平
《配給》ワーナー・ブラザース映画
《公式サイト》http://agaru-movie-tda.jp
© 2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

《あらすじ》
東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」の三代目、アゲ太郎(北村)は、店を継ぎたいわけじゃないけれど、他にやりたいこともみつからない日々を過ごしていた。そんなある日、アゲ太郎は弁当の配達のために初めて訪れた渋谷のクラブで、密かに憧れていた女性・苑子(山本舞香)に遭遇。さらに音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を得たアゲ太郎は、「DJになりたい!」という夢に向かって修行を始める。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN