長澤まさみが社会の闇へ堕ちていく…"暗黒面"の顔を見せる映画『MOTHER マザー』が2020年初夏に公開決定 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 長澤まさみが社会の闇へ堕ちていく…"暗黒面"の顔を見せる映画『MOTHER マザー』が2020年初夏に公開決定

長澤まさみが社会の闇へ堕ちていく…”暗黒面”の顔を見せる映画『MOTHER マザー』が2020年初夏に公開決定

映画『日日是好日』の大森立嗣を監督に迎え、長澤まさみ阿部サダヲで送る最新作『MOTHER マザー』が、2020年初夏に公開されることが決定した。

同作は、実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得た河村光庸プロデューサーが、『日日是好日』の大森立嗣監督とタッグを組み、新たな物語として映画化したもの。今回は、その超特報が公開になった。

超特報は、不穏な映像からはじまり、「周平」と呼びかける母・秋子のカットで終わるセンセーショナルな15秒になっている。ビジュアルは、長澤が演じる主人公・秋子が、息子・周平(幼少期の周平役:郡司翔)を抱きしめ挑発するようにこちらを見つめるスチールと、内縁の夫になる阿部演じる遼と秋子の妖艶なスチール写真2点。

本作で主演を務めた長澤は、母親・秋子を演じ、社会の闇へ堕ちていく女に挑戦した。また、秋子と内縁の夫になるホスト・遼を阿部が演じている。

長澤まさみは、「今回この脚本をいただいて、結婚しておらず、子供がいない自分は、母親目線ではなく息子の周平の目線で脚本を読んでいました。どこか他人事じゃないと思わせられるリアルさがあって、母親の存在の大きさについて、親が子を育てる責任について考えさせられ、この役を演じてみたいと思いました」とこの作品を選んだ理由を語った。

本作で長澤と初共演となった阿部サダヲは「脚本を読んで、親子って何なんだろうとしばらく考え、何かに寄生していないと生きていけない……人の弱さ、脆さを感じました。初共演でしたが、長澤まさみさんは、シリアスからコメディまで何でも出来る女優さんということは分かっていました。母親役の印象はあまりなかったのですが、凄くグッと来ましたよ、親子のシーン……僕はいないシーンです(笑)」とコメント。

これまで数々の女優賞に輝き、役者として新しい段階にはいった長澤が、阿部、大森監督と挑む異色のエンターテイメント作品、映画『MOTHER マザー』に期待が高まる。

Information

映画『MOTHER マザー』
《出演》長澤まさみ、阿部サダヲ
《監督》大森立嗣
《脚本》大森立嗣/港岳彦
《音楽》岩代太郎
《制作プロダクション》スターサンズ
《制作協力プロダクション》SS 工房
《製作幹事》ハピネット/KADOKAWA
《配給》スターサンズ/KADOKAWA
《製作》2020『MOTHER マザー』フィルムパートナーズ
(C)2020「MOTHER」製作委員会

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年上半期 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TGC2020SS TGC熊本2020 TOKYO GIRLS RUN