まだ付き合う前の関係。電話で距離を縮めるために心得ておきたいこと - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. 恋愛
  3. まだ付き合う前の関係。電話で距離を縮めるために心得ておきたいこと

まだ付き合う前の関係。電話で距離を縮めるために心得ておきたいこと

あなたは付き合う前に、気になる人にどんなアプローチをしていますか?

気になる人がいる時に後悔しないようにやっておきたいのは、好きと伝える前に、無理のない程度に相手との距離を縮めることですよね。相手と自分との関係が何にも接点がない場合は、まずは名前をしてもらい、挨拶くらいできる仲になりたいもの。とはいえ、面と向かうと恥ずかしくて何も言えなかったり、逃げ出してしまうのが恋心です。

そんな時に便利なのが、メールやライン。メールやラインは送りたい文章をじっくり考えた上で、見返して送ることができますし、会話のラリーの感覚が空いても気まずさはなく、今忙しいのかなと構えていられるため、比較的気軽に送ることができます。ただし、気軽さが便利とはいえ、あくまでも画面上のみでのやり取り。本当の意味で距離を縮めるには、時間がかかるかもしれません。

じゃあ電話はどうなの?というと、やはりその場での会話のラリーが重要になりますから、少し身構えてしまいそうですよね。

 

まだ付き合う前の関係。電話で距離を縮めるために心得ておきたいこと

まだ付き合ってないけど電話するのってあり?

電話を掛けるのは、相手が気になる人でないとしても、少し緊張するものです。その場で会話のラリーを続けなければならないので、実は苦手に想っている人も多いでしょう。

では、そんな電話を、好意を寄せているもののまだ付き合う前の関係である人とするというのは、どうなのでしょうか?

付き合う前だからといって、電話をするのは失礼とか、そんなことはもちろんありません。ただ、いざ電話をしてみたものの、あまりにも会話が続かず沈黙が多いと、お互いに気まずい思いが残って、次も電話をしたいとは思わなくなってしまうかもしれませんね。逆に、ちゃんと会話を続けることができれば、メールやラインでは話題にしにくいような内容を会話の流れで聞くことができたり、リアルタイムで話すことでお互いの時間を共有できることが、二人だけの特別な時間になり、距離を縮めやすいでしょう。

付き合う前というデリケートな関係で電話をするのは、距離を縮める良い機会となりメリットもあれば、お互いを気まずくさせる悪い流れをもたらすデメリットもあるということ。次では、付き合う前の関係で電話をすることのメリット、そしてデメリットについて取り上げていきます。

付き合う前に電話することのメリット

まずは、付き合う前の関係で電話をすることのメリットについて見ていきましょう。

声色やテンポで相手の感情がわかりやすい

電話は緊張しますが、メールやラインと違って良いところは多くあります。その一つが、声色や会話のテンポを感じることで相手の感情や気持ちが読み取りやすいという事です。

リアルタイムでの音声のやりとりは、相手について様々な情報をもたらします。声のトーンによって相手の思いや機嫌がなんとなく分かったり、返事のテンポで相手の理解度や共感具合がわかることが多いですよね。ラインの画面上だけでは、相手の本当の気持ちが分からないものです。ラインでは楽しそうに見えたのに、本当は相手はあまり乗り気ではないのがわかったりします。相手の本心が読み取りやすいのは、距離を縮めるためにも大事なことでしょう。

リアルタイムなやりとりでグッと距離が近づく

すごく楽しい話題をしている時に返信に間があったりすると、テンションが落ちてしまう事ってありますよね。また、今起きた面白かったことをリアルタイムで伝えたくても、メールやラインでは、相手の状況によっては時差ができてしまうことが多いでしょう。

その点、電話なら発言も返答もリアルタイム。まさにその時の気持ちや雰囲気を二人で共有することができ、その臨場感や勢いのあるやりとりで、グッと距離が縮まることでしょう。

会話の波長が合うかどうかがわかる

人には、話すペースや話の組み立て方、笑いのツボなど、会話をしてみないとわからないこともたくさんあります。電話は、会話の波長が合うかどうかを確認するのに最適なコミュニケーションツールだと言えるでしょう。相手が話しているのに話し終わるのを最後まで待てず、自分の言いたいことを被せてきてしまったりなど、好きな人でも話していて違和感を感じることもあることでしょう。

顔が見えないからこそ話せることがある

電話はリアルタイムで話すことができるのに、どれだけ恥ずかしくて顔が赤くなっていても顔を見られずに済みます。相手を前にすると恥ずかしくなってしまう人も、電話なら逃げずに素直な気持ちを言えることもあるでしょう。

また、メールやラインでは、自分のプライベートなことを長々と送ると重く感じてしまうものですが、電話なら、長文かどうかとか、こんな内容はラインでは重いかも、などといったことは気にする必要がありませんね。むしろ、そんなことを自分に話してくれるんだと、嬉しくなることも多いでしょう。話したい内容によって、電話とメールで、話す内容を使い分けても良いかもしれませんね。

付き合う前に電話することのデメリット

ここまで、付き合う前に電話するメリットについてご紹介しました。いい事ばかりな気がしますが、電話だからこそ注意するべきデメリットがあるのも事実。続いては、付き合う前に電話することのデメリットについて見ていきましょう。

沈黙が続くようだと二人の今後が不安になる

電話というのは、二人の距離を縮めるツールにもなりますが、あまりにも沈黙が続くようだと、二人の今後が不安になるかもしれません。気になる人と電話をするということはとても緊張することですので、最初の何回は、お互いに緊張して、沈黙になる回数が増えるかもしれません。ですが、いつまでも沈黙の回数が減らない場合は、お互いに相性が良くないのかなと不安になることでしょう。

緊張で失言しちゃうかも

電話で慎重になった方が良いのが、言葉選びです。緊張のあまり、本当に伝えたいことが言いたいことが伝わらず、誤解されてしまう可能性もあります。自分はちゃんと伝えているつもりでも、言葉の使い方次第では、相手は違ったニュアンスで受け取ってしまう可能性もあります。

でも、電話の良いところは、相手の反応次第で、気付くことができ、その場で修正できることです。もし相手の雰囲気に違和感を感じる場合には、直接聞いてみて、誤解を解く方が良いかもしれませんね。

電話することで気付く相手の欠点もある

電話にも慣れてくると、だんだんお互いにリラックスして話ができるようになりますよね。思わず素の部分が顔を出すこともあるでしょう。実際に会って顔を見ながら話をしている時には気持ちが上ずって気付かないことも、顔が見えないことで少し冷静になったことで、普段は気付かなかった残念な素の部分や、相手の欠点に気付くこともあるでしょう。その欠点が自分の中で許容範囲なのかどうかをしっかり確かめたいものですね。

付き合う前の電話のベストな頻度は

電話は二人の距離を縮めるのに、とても良いツールではありますが、付き合う前のデリケートな関係ということもあり、電話をする頻度には配慮した方がいいでしょう。

メールやラインと違い、電話は相手の時間も自分の時間も束縛してしまうことから、相手の性格や生活スタイル、忙しさなどで、電話の頻度は変わってきます。相手がそもそも電話が苦手な場合は、重要な話の時のみに限定した方が良いでしょうし、逆に電話に抵抗がなく、毎日、誰かと連絡を取りたい寂しがり屋な人には毎日かけても良い場合もありますよね。

また性格に関係なく、お互いの生活リズムが違う場合には、プライベートな自由時間のタイミングが異なるはずですから、週末など休みのみにした方が良いかもしれません。お互いの時間を使っているという意識を持って、お互いが無理をしない頻度で電話したいものですね。

 

まだ付き合う前の関係。電話で距離を縮めるために心得ておきたいこと

おわりに

付き合う前の気になる人とのメールや電話って、ドキドキしながらも、とても嬉しくて楽しいものですよね。特に電話をできる関係になると、お互いに特別な関係なことを少し意識しているものです。これから付き合うためにも、お互いのことを理解し、配慮しあえる関係になりたいですよね。それも含め、お互いのことをたくさん知るための手段として、電話というのはとても良いコミュニケーションになることでしょう♡

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE タロット占い