片寄涼太、人生が『ただごとではなくなった』と感じた瞬間 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 片寄涼太、人生が『ただごとではなくなった』と感じた瞬間

片寄涼太、人生が『ただごとではなくなった』と感じた瞬間

映画『きみと、波にのれたら』が、2019年6月21日(金)より全国で公開されます。

本作は、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との運命的な恋を描くラブストーリー。

監督を務めるのは、『夜明け告げるルーのうた』(17年)、『夜は短し歩けよ乙女』(17年)など数々の話題作を世に送り出してきた湯浅政明氏です。

物語の舞台は小さな港町。出会ってすぐに恋に落ちる港とひな子ですが、港は溺れた人を助けようとして命を落としてしまいます。好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、2人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れ……。

奇跡がもたらした2人の恋の行方、港が再び姿を見せた本当の目的とは? 切なくも背中を押してくれる、夏にピッタリな作品です。

girlswalkerでは、声優デビューながら主人公・港役の声を演じたGENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、GENERATIONS)の片寄涼太さんにインタビュー。ヒロイン・ひな子の声を演じた川栄李奈さんとのエピソードや歌手ならではの意外な苦戦シーン、波に乗っていると感じた人生を変えた瞬間など、たっぷり聞いてきました。

SPECIAL INTERVIEW

――本作で声優に初挑戦されましたが、出演が決まったときの率直な感想は?

「単純にビックリしました。主題歌もGENERATIONSとしてやらせていただくってことが決まっていて、かつ出演もっていう経験はなかったですし、嬉しかったです!」

――演じるにあたって不安はありましたか?

「1つの挑戦だなという気持ちだったのであまりありませんでした。本当に右も左も分からない世界なので、精一杯、自分のやれる形で取り組もうと」

――演じる上で参考にしたアニメーション作品があれば教えてください。

「スタジオジブリの作品は結構見ました。『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』を見直したりしましたけど、作品自体も世界観も違うので『どうすればいいんだろう』って感じでした(笑)。結局、実際に現場に入ってから学んだことの方が多かった気がします」

――湯浅監督が『片寄さんは男前で品のある声』と絶賛されていますが、作品が完成して改めて自身の声を聞いてみていかがでしたか?

「声というよりは、『こんなシーンやったな~』とか『あの時こうだったな~』って思い返しながら見ていました。ただ(上演会)が終わった後に、『片寄くんだってこと忘れて見てた』って言ってくださる人が多かったので、すごく嬉しかったです」

――声優ならではのやりがいは?

「声を褒めていただけることってすごく自信になるんだなって気づきました。あと、アニメーションの世界って実際のお芝居では表現出来ないこともしてくれて、この作品にはそういうところが詰まっているんです。人のためになったり背中を押せる手段はたくさんあるんだと気づけて、そういう意味でのやりがいも感じられました。本当に素晴らしい作品なので、初めて声優をさせていただいたのが本作で良かったです」

――今後声優として挑戦してみたい役柄は?

「架空のキャラクターとかやってみたいです。人じゃなくてキャラクターとか動物とか」

――意外です!

「想像できないから面白そうだなと思って(笑)」

照れずにストレートに言えるところが共通点

――港の第一印象を聞かせてください!

「港をはじめ、登場人物はみんなピュアなので、そこが印象的でした。そのピュアさにどういった色付けがされていくのかということを考えて演じました」

――ピュアさを演出する上で意識したことは?

「港は誠実な男なので嘘がない。なので、自分の声に迷いがなければ、港にもきっと迷いがないように聞こえるのかなと思って、そういう声を意識しました」

――誠実な上にイケメンで爽やか! 片寄さんと重なるところがあると思ったのですが、自分が思う共通点は?

「結構照れずに色んなことをストレートに言えるキャラクターなのですが、同じくあんまり照れたりするタイプじゃないところでしょうか。そういったシーンはすんなり演じられました」

――港は陰で努力するタイプで負けず嫌いなところもありますよね。

「負けず嫌いな部分は僕にもあります。陰でという訳ではないですが、やっぱり準備は裏切らないと思うので、事前にしておきたいタイプです(笑)」

――これまで学生役のイメージが強かったのですが、港は消防士という社会人の男性。役作りで意識したのは?

「消防士のシーンに関しては、監督が消防士の人たちの参考動画とか見せてくださいました。『防火衣着装』の早い人達の映像とかあったりして、雰囲気を勉強させてもらったり。でも、消防士という職業に対してより、港の人間性、努力をしてきた男であることについてだとか、内面を考えることに時間を割いた気がします」

上手すぎる!?歌手ならではの苦労

――主題歌でもある『Brand New Story』。劇中でヒロイン・ひな子役を演じた川栄さんと口ずさむシーンが印象的でしたが、収録は一緒だったんですか?

「もともとは1人1人収録する予定でした。でも同じ日だったので、「ブースの中で2人で歌った方が良い空気感が出るんじゃないか」と考えて、監督に提案させてもらったんです。川栄さんと歌ったシーンは、補いあっている2人の空気感がそのまま出たので良かったなと思っています」

――デートシーンにも生っぽさがあって、ちょっと照れた感じとかもリアルでした!

「監督とかと『こういうのもありですね」って話になって、一発撮りくらいのテイクがほとんどなので、実際に照れていたりするのがまんま使われています」

――歌手と声優、歌うときの違いはありましたか?

「わざと普通っぽくって言ったらあれですけど、音を当てに行かない感じにしました。自分の中ではあんまり上手く歌わないようにしていたつもりなのですが、伝わらなくて、1人で歌うシーンで監督から『もうちょっと下手にお願いします』って言っていただいたり……。『上手すぎる』って指摘をいただいたときは、褒められているのかよく分からなくなりました(笑)」

――本作で『Brand New Story』は港とひな子の大切な思い出の曲という役割でしたが、同じように思い出に残っている曲はありますか?

「パッて思いつくのは、美空ひばりさんの『真赤な太陽』とか『川の流れのように』です。母が趣味でコーラスをやっていて、小さい頃よく見に行っていた影響ですね。子供ながらに一緒に歌っていました。いまでも聞くと懐かしい気持になって、童心に返ります。『懐かしいな~』って実家を思い出したり」

欠けている部分を探す姿は素敵

――片寄さんからみたひな子ってどんな女の子?

「自分の良さにあまり気づいてない子です。この作品って、そこが1番の武器だってことに気づく物語みたいなところがちょっとあるんです。自分らしさや好きなものに気づけていないけれども、何かの波に乗れていないことには気づいている。するべきことは分からないけど努力しようとしていて、欠けている部分を探しているところがすごく素敵だなって思いました」

――身近にいたら手助けしたくなるようなタイプですよね。

「話を聞いてあげたくなっちゃうかもしれません」

――ひな子は港にとってのヒーローですが、片寄さんにとってのヒーローは?

「いっぱいいますけど、両親です。生まれてこの方、両親の正義が自分の正義として育てられているので、1番のヒーローです」

人生が『ただごとではなくなった』と感じた瞬間

――特に印象に残っているセリフは?

「いっぱいありますけど、タイトルにもなってる『波に乗る』。『ひな子が波に乗れるまで僕がそばで支え続けるよ』っていうセリフがあったり、作中でよく出てきます。人生って色んな波があるんだなっていうのを教えてくれました」

――人生で、『良い波に乗っているな』と感じたターニングポイントは?

「GENERATIONSで初めてアリーナツアーをさせていただいた2016年です。3年前ですが、初日にステージに上がったときの景色は今でも覚えています。1万人くらいの人達がバーって目の前にいるのを見たときに、『これはただごとではなくなってきたな、自分の人生は』と。『生半可な責任感ではやっていけないところまで来た』と感じて、責任感がより強くなり始めました」

――さらに気が引き締まったんですね! 現在もアーティスト、俳優、声優と色んな方向からの波に乗っていらっしゃるイメージですが、次、新しいジャンルに挑戦するなら?

「近々ではないのですが、何年後とかもっと大人になってからミュージカルにチャレンジしてみたいです」

――そのために準備していることは?

「スクールを探している段階ですが、撮影とかが落ち着いたらジャズダンスを習いたいです」

――また違うジャンルに挑戦される片寄さんを見られるのが楽しみです。

「そういう場所でまたビシバシしごかれて、成長できたらいいなって思います!」

――しごかれるのは好きですか?

「好きですね。逆境の方が。なんか……、ドMなんでしょうか?(笑)」

――向上心がすごい! プライベートで挑戦してみたいことは?

「今年免許を取ったので、1回くらいはドライブしたいです。仕事でも良いんですけど、メンバーを乗せて車でロケしたりとか」

――最後に、改めて作品の見どころを教えてください!

「たくさんありますけど、まずは港とひな子の歌のシーンです。あと、命を落とす前と後の港の変化。再び姿を現す間もひな子を見守っていて、『なにをしてあげよう』っていうことをずっと考えていたと思うので、そこの多少の違いを感じて欲しいです」

――ありがとうございました!

TikTokで“#雨効果”に挑戦!

TikTokで人気の“#雨効果”を、girlswalker公式TikTokで披露してくれました! 早速チェック♪
→girlswalker公式TikTokアカウント:girlswalker.official

INFORMATION

映画『きみと、波にのれたら』
6月21日(金)全国ロードショー

《監督》湯浅政明
《脚本》吉田玲子《音楽》大島ミチル《キャラクターデザイン・総作画監督》小島崇史
《出演》片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、 川栄李奈、松本穂香、伊藤健太郎
《主題歌》『Brand New Story』GENERATIONS from EXILE TRIBE(rhythm zone)
《アニメーション制作》サイエンス SARU
《配給》東宝
《公式サイト》https://kimi-nami.com/
©2019「きみと、波にのれたら」製作委員会

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN