飯豊まりえ、声優初挑戦!大物声優からの助言&祝福に感激 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 飯豊まりえ、声優初挑戦!大物声優からの助言&祝福に感激

飯豊まりえ、声優初挑戦!大物声優からの助言&祝福に感激

アニメ『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』が、2019年2月8日(金)より、全国にて公開されます。

1985年、北条司が『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した『シティーハンター』。1987年にはTVアニメが放送スタートし、1999年にはTVスペシャルまで放送されるほどの大ヒットシリーズに。そして今年、アニメ放送30周年記念プロジェクトとして新作長編アニメーションの公開が実現しました。

声優陣は冴羽獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵をはじめ、オリジナルキャストが“奇跡”の再結集。冴羽に依頼をする美人モデル・進藤亜衣役には、注目の若手女優・飯豊まりえが参加し、20年の時を経て、伝説のアニメ『シティーハンター』の新たなる歴史が動き出します。

20190129_飯豊まりえ07

girlswalkerは、本作が声優デビューとなった飯豊まりえさんにインタビュー。本作の魅力から、夢だったという声優のお仕事、今後の目標までイキイキと答えてくれた飯豊さん。仲良し女優さん&大物声優さんとのエピソードも要チェックです。

大物声優から掛けられた、アドバイスの言葉とは?

――まずは、声優デビューのお気持ちをお聞かせください。

「声優デビュー作が、まさかこんな多くの人から愛されている大作でできるなんてとても有難く思っています。現場に行くまでは、本当に声優の仕事ができるのかな、ドッキリかなと思ってしまうくらい信じられない気持ちとドキドキ感がありました」

――声優のお仕事に、以前から興味があったのですか?

「声優の仕事は、すごくやりたいと言っていたので、今回のお仕事は2018年最後のご褒美でした。声優の仕事は諦めていたというか、ご縁がないなと思い込んでいて。声優さんは声優さんの学校に行って、そういう所でしっかりと学んでなるものだと思っていましたし、そういう機会を自分がもらえるなんて思ってもいませんでした」

20190129_飯豊まりえ01

――実際に声優のお仕事をされて、いかがでしたか?

「まず台本からドラマとは違うし、立ったまま叫んだり、アクションシーンをやらないといけないのでそれが難しかったです。声だけでお芝居する表現は難しかったのですが、こだま総監督や音響監督の長崎さんに良い方向に誘導していただけて、すごく楽しくできました」

――本作では、豪華声優陣と共演されていますね。何か掛けられた言葉はありましたか?

「(冴羽獠役の)神谷明さんからは『のびのびやってください。アニメに合わせるより、感情に合わせるようにお芝居をした方が良い』とアドバイスをいただきました」

20190129_飯豊まりえ04

演技中も思わず胸キュン!? ボディーガードを依頼するなら…

――冴羽獠は、男女問わず人気を集めているキャラクターですが飯豊さんからみてどうですか。

「明るい部分もあるけど、かっこいい部分もある。両方を持ち合わせているところが、強いですよね。あとは、『どうしよう』という不安を全部ポジティブに変えてくれるところや、冴羽さんの瞬時の対応に男らしいと感じるところが多かったです。私もお芝居中、色々な場面でキュンとしていました」

――飯豊さんが演じられた進藤亜衣はモデルなので、飯豊さんと境遇が似ていますね。ストーリー同様、飯豊さんが冴羽に何か依頼するなら?

「亜衣ちゃんと同じように、冴羽さんにボディーガードをしてもらいたいです。冴羽さんは明るいので、一緒にいられたら楽しそうですよね」

――演じられた役どころとご自身に共通点はありましたか?

「意思があるところかな。亜衣ちゃんも、すごくやりたいこと、やらなきゃいけないこと、大事にしたいこと、守りたい人とかがあって。家族を大事だと思っているところも同じだし、すごく自分にリンクする部分や共感できる部分がありました。演じていて、愛おしかったし、この役をいただけて幸せでした」

20190129_飯豊まりえ05

声優経験者の杉咲花から掛けられた言葉とは?

――2018年は声優のお仕事を含め、大活躍でしたね。

「2018年は、ご縁がすごかったです。色んな人とも、色んな役とも出会えましたし、皆さんに成長させていただきました。自分でこういう風になりたいと思っていた事も叶えましたし、シティーハンターも含めて2018年に挑戦したものが、2019年に公開します。準備していたことが、今年本格的に始まるので、それがうまくいくように1つ1つ向き合っていきたいです」

――公開後の、世間の反応は気になりますか?

「すごく気になりますね。今、映画を観に行くと予告にシティーハンターの映像が出るみたいで『一瞬気づかなかったけど、飯豊さん、シティーハンター出るんですね』という声をたくさんいただいていて。一緒に役者をやっている人にも注目してもらっているし、一般の方からも声優やるんだと期待してもらえているので、それがうまい方向に行けば良いなと思います」

20190129_飯豊まりえ08

――飯豊さんの身近な人たちは、今回の作品についてどんな反応をされていましたか?

「声優の梶裕貴さんから『絶対観に行くね』『おめでとう』とメッセージをいただきました。梶さんとはジャンル的に共演する機会が普段ないので、いつか何かでご一緒したいと思いました。あとは、杉咲花ちゃんが『メアリと魔女の花』で声優をされていたので、それで『声優良いな~』なんていう会話もしていたのですが。シティーハンターが決まって『花ちゃん! シティーハンターやるんだ!』と報告したら、『すごい! 色々大変だと思うけど頑張ってね』と言ってくれて、すごく嬉しかったです」

――今後も、声優のお仕事はされますか?

「機会があれば、絶対にやりたいです。すごく楽しかったですし、これがスタートなので、今後も挑戦していけたらと思っています」

20190129_飯豊まりえ02

――2019年の目標を教えてください。

「今年は初めて舞台に挑戦するので、それを成功させるのが私の最大のミッション。楽しかったと終わらせられるように、それに向けた体調管理や体作り、メンタル面にも気を使っていこうと思っています。そして、また声優さんのお仕事ができるようになるのも目標。お笑いが好きだからバラエティーにも出演したいし、洋服を作ったり、本を出したり、ウクレレをしているから事務所がエイベックスなので音楽活動も何かできたら……。物作りがしたいんですよね。慎重に色んな事に挑戦していけたらと思います」

――最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

「20年振りにすごく進化しているので、新たなシティーハンターを愛していただけたら嬉しいです。ファンには堪らないアクションシーンやキャラクターの見せ場もあり、あっという間に観終わってしまうと思います。すごく面白くて、お洒落な作品なので、私たち世代の人もすごくハマると思いますし、大人との会話の話題にもなるはず。私も、世代を超えて愛されている作品だということ、みんながこの作品を好きな理由がわかりました」

20190129_飯豊まりえ06

SPECIAL MOVIE

飯豊さんから、自撮りのメッセージムービーをいただきました!キュートな魅力がたっぷりです♪

INFORMATION

アニメ『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』
2019年2月8日(金)より全国公開。

《出演》神谷明、伊倉一恵、飯豊まりえ、山寺宏一、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美、大塚芳忠、徳井義実
《原作》北条司
《総監督》こだま兼嗣
《脚本》加藤陽一
《アニメーション制作》サンライズ
《配給》アニプレックス
《公式サイト》https://cityhunter-movie.com/
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY