Kis-My-Ft2 北山宏光、映画初出演!「気にしているのは、藤ヶ谷だと思います」<映画『トラさん』> - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. Kis-My-Ft2 北山宏光、映画初出演!「気にしているのは、藤ヶ谷だと思います」<映画『トラさん』>

Kis-My-Ft2 北山宏光、映画初出演!「気にしているのは、藤ヶ谷だと思います」<映画『トラさん』>

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』が、2019年2月15日(金)より、全国にて公開されます。

s-『トラさん~僕が猫になったワケ~』メイン

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

本作は、ある日突然、死んだ男が猫の姿になって家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博した漫画『トラさん』(板羽皆/集英社マーガレットコミックス刊)を実写映画化。

主人公である、いい加減で能天気な売れない漫画家・高畑寿々男を演じるのは、Kis-My-Ft2の北山宏光さん。ダメ夫だけど妻と娘への愛は誰にも負けない、どこか憎めない寿々男と、猫役の“トラさん”の二役を熱演しました。

今回は、本作でスクリーンデビューを飾った北山さんが、girlswalkerのインタビューに初登場。映画のことから、Kis-My-Ft2のメンバーや自身に関することまで、ボリュームたっぷりに語ってくださいました。

猫の動画を研究して挑んだ、初の猫役!

――まずは、映画初主演、初の猫役が決まった時のお気持ちを教えて下さい。

「小中学生の頃から観ていた、でかいスクリーンに自分が映るって不思議な感じですよね。有難いです。一方で、それなりの責任も感じました。猫役と聞かされた時は、一回聞き直しましたけどね。『えっ、猫ですか?』って(笑)。その後、『どういう風にして猫を演じるの?』と聞いた時に、面白いなと思いました」

――猫役を演じるにあたって、心掛けたことは?

「小さい頃に猫を飼っていたので、その時の記憶とか、猫の動画を何度も観たりとかして研究はさせていただきましたけど…。猫すぎてもマッチしない役というか、限界があると思って。猫って四足歩行じゃないですか。僕、そもそも二足歩行だし…(笑)。なので、要所要所に猫を感じさせる動きが入って来る方が良いのかな、というところに辿り着きました」

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

――猫スーツもお似合いでした!

「今回、それで初めての体験ができました。冬に撮影していたので、二の腕だけ空いているから寒かったのですが、そこはアームウォーマーを着けて凌いで。肉球を一個ずつ手に付けたりだとか、逆に自分じゃ取れないので、時間がかかりましたね。小さく耳の辺りに穴が空いていたけど、自分的にはずっと閉鎖されている感じだったから、台詞を発する時の距離感を掴むのにも時間がかかりました。猫って大変(笑)。でも、猫でいる時の方が、周りが優しかったです(笑)。猫スーツのウケは良い!」

――猫を演じて変わったことはありましたか?

「僕の中でも、猫ブームが来ました! 昔から好きだったけど、犬を経由し、また猫に戻ってきた感じ。改めて猫を見て、やっぱり可愛いなと。寝る前とかに、つい子猫の動画を観ちゃいます」

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

キスマイメンバーから掛けられた言葉とは?

――Kis-My-Ft2メンバーからの映画出演に対する反応はいかがでしたか?

「メンバーからも、初めは『どういうこと?』って言われました(笑)。『“トラさん”って映画で』と言ったら『トラさんって、あの“寅さん”?』『そうじゃなくて、猫としてやるんだよね』って。楽しみにしてくれているとは思うんですけどね」

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

――メンバーの皆さんも、本作をご覧になる予定ですか?

「来るでしょうね。メンバーの出演作は、いつもお互いに観ているので」

――特に、本作を期待しているメンバーは?

「期待しているというか、地味に気にしているのは藤ヶ谷(太輔)だと思いますよ(笑)。『猫、どう演じるんだろう?』みたいな。あと、単純に、宮田(俊哉)は、僕が舞台などに出る際は必ず観て泣いてくれるので…。なので、今回も同じように観てくれると思います」

s-『トラさん~僕が猫になったワケ~』北山さんインタビュー用サブ写真①

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

人生を挽回するダメ男・寿々男。北山宏光の場合は…

――ダメ夫である寿々男に対して、北山さん自身はどう感じていますか?

「ダメだな、とは思いました(笑)。金銭面でも、漫画家としてのプライドも、現実から逃げながらギャンブルしたりするところも。でも、僕、寿々男好きなんですよね~。何なんですかね。妻や娘という存在に甘えられているのも、人間関係での絆があるからこそで、だからここまでダメっぷりになれるのだと思いますが。そこがダメだけど、素直で好きなんですよね。原作も台本も読んで思ったことは、寿々男はダメだけどどこか可愛い、愛される人。『あいつ、ダメだな』と思われているけど、みんな好きだから、助けてあげたいなと思ってもらえる人なんだなって」

――北山さん自身にも、ダメなところはありますか?

「食欲に勝てない。コンビニの前を通って、『この唐揚げ食べたいな~。でも、一日の摂取量絶対超えちゃいそうだな~。いや、食うか!』みたいな(笑)。『あとを、サラダにすればチャラだな!』っていう、そんな感じのダメっぷりです」

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

――劇中、寿々男は人生を挽回しようと奮闘しますが、北山さん自身も人生において挽回したいことはありますか?

「あまり後悔はしてないですね。でも、中学生の頃とかにもっと勉強しておけば良かったとは思います。あんなに勉強する時間があったのに、どれだけサボってきたんだよってね。大人たちがやりなさいと言っていたことを、やっておけば良かった。あとは、体育祭や文化祭などのイベント事に対して学生って『あいつ、一生懸命やって…』みたいな斜に構える傾向にあるじゃないですか。僕は、担任の先生に可愛がられていたので『走れ』って言われて嫌がりながらも走ってましたけど、ちゃんとした学生生活や勉強を、もっと前向きに楽しめば良かったと思います」

――最後に、本作に込められたメッセージを教えてください

「当たり前なことが、当たり前じゃないんだということを改めて感じました。日常で感謝しないといけないことが大人になって気づけなくなるとか、そういうことは失ってから気づくんだなとか、寿々男を演じていて僕が気づけたことです」

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

INFORMATION

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』
2月15日(金)より全国公開

《出演》北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズム
《原作》『トラさん』板羽皆(集英社マーガレットコミックス刊)
《監督》筧昌也
《脚本》大野敏哉
《音楽》渡邊崇
《主題歌》Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
《配給》ショウゲート
《公式サイト》http://torasan-movie.jp/
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2019年上半期 TGC2019SS TGC熊本2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN