劇団EXILE青柳翔&鈴木伸之も絶賛の“好青年” 町田啓太は、超腹黒!? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 劇団EXILE青柳翔&鈴木伸之も絶賛の“好青年” 町田啓太は、超腹黒!?

劇団EXILE青柳翔&鈴木伸之も絶賛の“好青年” 町田啓太は、超腹黒!?

映画『jam』が、2018年12月1日(土)より、新宿バルト9ほか全国にて公開されます。

本作は、EXILE HIROプロデュースによる完全オリジナル新作映画プロジェクト。メガホンを握るのは、国内外で常に注目され続けている鬼才・SABU監督。劇団EXILEの全メンバーが総出演で、疾走感溢れる“因果応報”エンターテイメント・ムービーが完成しました。

物語の軸となるのは、熟女たちからの熱狂的な支持を受けている場末のアイドル演歌歌手の横山田ヒロシ(青柳翔)と、意識が戻らない彼女のために、善いことを続けると願いが叶うという迷信を信じ、その行いを続けるタケル(町田啓太)、そして、自分を刑務所に送ったやくざ達に復讐を仕掛け、追い回されるテツオ(鈴木伸之)。全く違う生活を送る三人だが、ひょんなことからすれ違い、対峙していくことになる。善いことをすれば報われる、悪いことを重ねると自分に跳ね返ってくる…。因果応報を体感する男たちのストーリーが描かれています。

青柳翔・町田啓太・鈴木伸之_04

girlswalkerでは、劇団EXILEを代表して、青柳翔さん、町田啓太さん、鈴木伸之さんの3ショットインタビューをお届けします。気心が知れる劇団メンバー同士だからこそ出せるアットホームな取材現場で、本作の魅力をアピールしてもらいました。

改めて話すと照れる…。仲良し劇団メンバーのお互いの印象

――出演が決まった時のお気持ちは?

青柳翔(以下、青柳)「個人活動が多かったので、劇団EXILE全員で作品を作れることがすごく嬉しかったです。僕たちの様子を見て、共演の筒井真理子さんが『そっか、劇団なんだよね』って言ってくださったことも印象的でした」

青柳翔_01

鈴木伸之(以下、鈴木)「素直に嬉しかったです。劇団EXILEができて10年くらい経つのですが、初めて全員でできた映画なので、僕らにとっても思い入れが強く、多くの人に観ていただきたいです」

鈴木伸之_01

町田啓太(以下、町田)「もうその通り。劇団EXILEがメインで、という作品は今までなかったので、本当にすごく良い機会をいただけたな、と思いました。その分、良い作品をお見せできるように一生懸命やらないと、リーダーである青柳さんについて行かないと、という気持ちで…」

青柳「俺、リーダーなの?」

町田「あれ? そういう話になりませんでしたっけ?」

青柳「俺、リーダーじゃないよ」

町田「みんな、青柳さんだと思ってますよ!」

青柳「俺が、リーダー……。そういう責任からは逃れようとしてきたんだけど……」

町田「(笑)。でも、現場でも引っ張ってくださったので!」

町田啓太_01

――お互いには、どんな印象をお持ちですか?

青柳「(町田は)清潔感あるし、綺麗だなって(笑)」

町田「ここ(お腹)開けて、パカッてやったら真っ黒です。渦巻いてる」

青柳「俺と一緒だ(笑)」

町田「だから同じ劇団なんですよ(笑)」

青柳翔・町田啓太・鈴木伸之_02

青柳「お互いの印象って、恥ずかしいな(笑)」

町田「恥ずかしいですよね(笑)」

鈴木「僕たち(町田と鈴木)は同期で、LDHに入った時からずっと一緒にやらせていただいていましたが、最近、ドラマや映画など色んな作品で彼(町田)のことを見るようになりました。今回のタケル役も本当にはまり役だと思いました。劇団で誰がタケルのような好青年を一番できるかって言ったら、町田くんだし。演じているのを見ていて、何も違和感がなかったです」

青柳「鈴木は、蹴りがえげつなかった。俺は大好きだけどね、ああいうバイオレンスな蹴り。大好き。相手役だったら嫌だけど、見る分には(笑)」

町田「青柳さんは、超男らしく見えるけど、基本めっちゃ繊細で。考えていることも繊細だと思うのですが、パスタの食べ方も超綺麗(笑)。現場では、真面目な顔をしていても目の奥がふざけている感じとか、遊んでいる感じが好きです。青柳さんにしか出せない味がある」

鈴木「青柳さんの今回の設定は演歌歌手で、なかなかこれを成立されるのは難しかったと思うんです。ですが、こういう演歌歌手がいたら面白いなと思わせるような間だったり、喋り方だったりがとても面白くて、試写でもすごく笑わせていただきました」

3人が考える、“因果応報”とは?

――役作りで心掛けたことはありましたか?

青柳「言いづらいのですが、僕、歌もやってまして、MVを撮影する時に『手を上手く使って』と言われるんですよ。他のアーティストさんを見ていると、確かに手を使うのが上手。僕は、それが一切できなくて、下手くそなままだったんです。それを、なぜかヒロシだと一生懸命練習できた(笑)。ヒロシだと一生懸命できるのは何でだろうなって。ヒロシだからなのか、自分自身だと(練習が)照れるからなのか、自分でもわからないですけど…」

青柳翔_02

町田「僕は、他の方から『真面目だね』とよく言ってもらえるのですが…。パカッと開けると渦巻いているものもあるので、タケルは(好青年さが)行き過ぎちゃって狂気っぽい感じや変態さも出ちゃっているので、そこは僕の渦巻いてる部分をちょっとだけ開けてみようと思って、演技にも投影させていただきました」

鈴木伸之_02

鈴木「テツオは、現実にいたらまずいキャラクターなので、近いところは一切ないですけど(笑)。復讐心に燃えている感じ、何かにエネルギーが向かっている感じは、自分にも近いものがあるのかな。今回は、思い切って、とにかく格好良いアクションができたら良いなということを一番大きな目標に掲げていたので、アクション好きなので、楽しく演じさせていただきました」

町田啓太_02

――“因果応報エンターテインメント”ということですが、ご自身の因果応報エピソードを教えてください。

鈴木「小学生の時にお金が落ちていて、拾って親に渡したら、親から100円をもらえて因果応報!」

青柳「因果応報っていう言葉が本当にあるなら、(悪いことをたくさんしてきたので)今すぐ俺はこの仕事を辞めた方がいいと思います(笑)」

町田、鈴木「(笑)。深いっすね!」

青柳「仕事というか、生きることをやめた方が……(笑)」

町田「それ、末期ですよ(笑)! でも、人付き合いでもそうかなと思うんです。自分が相手のことを好きで尊敬できて、そういう風に接していたら、そういう風に相手も接してくれますし、逆に超嫌いな態度を取っていたら、それは因果応報で返ってきますしね」

青柳「自分が嫌いだなって思っていたら、相手も大抵自分のこと嫌いなんだよね」

鈴木「鏡のように…。確かに、その例が一番わかりやすいかも!」

町田「そういうことです」

青柳翔・町田啓太・鈴木伸之_01

――最後に、読者へメッセージをお願いします。

青柳「それぞれの屈折した人間の生き様、生きるために足掻いている様が、ぐちゃぐちゃなjamのように交差して、最後に因果応報…良いことをした人には良いことが返ってくるし、悪いことをした人には悪いことが返ってくる、物語が一つになるところが見どころです」

町田「是非、友達と一緒に楽しんでもらえたらと思います。わかるか、わからないかくらいの笑いが結構入っているので、劇場で見つけてください!」

鈴木「若手の劇団だけで、これだけダークな作品ってなかなかないと思います。劇団EXILE総出演の映画なので、思い入れが強いです。是非、たくさんの方に観ていただきたいです」

SPECIAL MOVIE

girlswalker読者に向け、自撮りの動画コメントをいただいちゃいました!

INFORMATION

「jam」
12⽉1⽇(⼟)より新宿バルト9ほか全国公開

《出演》青柳翔、町田啓太、鈴木伸之 秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、清水くるみ、筒井真理子
《エグゼクティブプロデューサー》 EXILE HIRO
《監督・脚本・編集》 SABU
《配給》LDH PICTURES
《宣伝》フリーストーン
《公式HP》https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/
©2018「jam」製作委員会

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGCしずおか2019 TGC熊本2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN