中島美嘉『雪の華』が映画に W主演の登坂広臣×中条あやみのコメントも到着 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 中島美嘉『雪の華』が映画に W主演の登坂広臣×中条あやみのコメントも到着

中島美嘉『雪の華』が映画に W主演の登坂広臣×中条あやみのコメントも到着

世代や国を超えて愛され続ける、中島美嘉の冬ラブソングの名曲『雪の華』が、登坂広臣(三代目J Soul Brothers)と中条あやみのW主演で映画化され、2019年2月に公開されることが決定した。

登坂が演じるのは、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔(わたびきゆうすけ)。中条が演じるのは、幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地「フィンランド」に行くことを夢見る平井美雪(ひらいみゆき)という女性だ。

今回の主演に関して登坂は、「僕自身が普段アーティストとして活動しているからこそ、中島美嘉さんの楽曲『雪の華』をモチーフとした作品に携われることを光栄に思いますし、同じアーティストとして楽曲に対して感じたことを、自分なりに落とし込みながら、作品の世界観や悠輔という役と向き合ってきました」と喜びを語った。

同じく主演を務める中条は、「美雪を演じていて、人は誰かを一生懸命愛し、愛される為に生まれてきたんだなと感じました。そんな美雪の姿に私自身も、勇気付けてもらったように、1人でも多くの方に美雪のパワーが届きますように」と、熱い思いをアピールした。

また、2人の恋を彩る追加キャストとして、美雪の母親・平井礼子(ひらいれいこ)に高岡早紀、悠輔たち兄弟を見守る先輩・岩永(いわなが)に浜野謙太、美雪の担当医師・若村(わかむら)に田辺誠一など、バラエティ豊かな俳優陣の参加も発表された。

そして今回解禁となった超特報映像では、主題歌のイントロに乗せて「神様、どうか一度だけ、私に恋をください」という美雪の願いで始まる映像で、中島の透き通る歌声に乗せて、フィンランドと東京、それぞれの美しい景色を織り込みながら、雪の中で切なげに見つめあう登坂・中条の表情が胸に迫る映像となっている。

自曲の映画化に関して中島は、「私がこの曲をはじめて歌ったのはちょうど15年前で、映画になると知ったときはビックリしましたが、良い曲というのは時代を超えるんだなということを今、あらためて感じています。脚本を読ませていただいた時はこの曲をこういう風に広げるんだと感動し、本当に素敵なラブストーリーなので、観た人全員が共感できる、すごいなと思える作品になると私も確信しています」と喜びいっぱいのコメントを寄せている。

 

Information

映画『雪の華』
《公開日程》2019年2月
《出演者》登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太/田辺誠一
《主題歌》中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
《監督》橋本光二郎
《脚本》岡田惠和
《製作》映画「雪の華」製作委員会
《企画・制作プロダクション》エー・フィルムズ
《配給》ワーナー・ブラザース映画(C)2019映画「雪の華」製作委員会

《STORY》
幼いころから病気のために、幸せになることをあきらめてきた美雪。余命を宣告された彼女の唯一の目標は〈約束の地〉フィンランドでオーロラを見ることだった。ある日、美雪はひったくりにあい、声も出ずその場でへたり込んでしまう。そんな彼女の前に現れたのは、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔だった。「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は、凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていく。悠輔の働く店が危機になっていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月間、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と〈約束の地〉フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 TGC富山2019 TGC19AW TGC北九州2019 TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN