20代とサバを読む彩“宇垣美里”は整形費用稼ぎでレンタル彼女…《明日、私は誰かのカノジョ 第4話あらすじ》 - girlswalker
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 20代とサバを読む彩“宇垣美里”は整形費用稼ぎでレンタル彼女…《明日、私は誰かのカノジョ 第4話あらすじ》

20代とサバを読む彩“宇垣美里”は整形費用稼ぎでレンタル彼女…《明日、私は誰かのカノジョ 第4話あらすじ》

吉川愛が出演する火曜深夜ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』(MBS/TBS)の第4話が、2022年5月3日(火)0:59〜(MBS)、1:28〜(TBS)から放送される。

明日、私は誰かのカノジョ

©「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS

本作は、累計発行部数300万部突破の大人気マンガ『明日、私は誰かのカノジョ』を実写ドラマ化したもの。レンタル彼女、パパ活、整形、ホストなど、5人の女性がハマる生々しすぎる“イマ”の恋愛観、幸せの定義、友情…共感度が高すぎると話題に。様々な思いを持つ5人の女性たちが、各章で主人公となり物語が進む。それぞれにコンプレックスや悩みを抱え、もがきながらもそれを克服しようとした先にあるものとは─。

『明日、私は誰かのカノジョ』第4話あらすじ

明日、私は誰かのカノジョ

©「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS

35歳になる彩(宇垣美里)は、整形を繰り返し、20代とサバを読み、光晴(福山翔大)と付き合っている。

そして職業も偽り、実は、雪(吉川愛)と同じ店でレンタル彼女の仕事をしている。彩は異常なほど、見た目の美しさを追求し、内心では客や周りの女性の見た目をけなしながら、整形費用を稼ぐために仕事を続けているのだった。

一方、雪のもとには、メイクに興味があるという翼(ゆうたろう)から、一緒にコスメを選んで欲しいという予約が入る。翼は、親身に買い物に付き合い、話を聞いてくれた雪に心を許す。

光晴との結婚に揺れる彩。結婚するまでに済ませたい整形に必要な金額を計算すると…お金が足りない!

お金を求めて彼女が頼ったのは…?嘘に嘘を重ね、自らの美を追求する彩の幸せとは…?

『明日、私は誰かのカノジョ』概要

第4話 放送 5月3日(火)0:59〜(MBS)、1:28〜(TBS)

《出演者》吉川愛、横田真悠、齊藤なぎさ(=LOVE)、箭内夢菜、楽駆、井上想良、藤原樹(THE RAMPAGE)、高野洸、宇垣美里
《制作著作》「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS
《公式サイト》https://www.mbs.jp/asukano/

【ストーリー】
レンタル彼女として日々お金を稼ぐ・雪(吉川愛)。埋められない孤独を抱え、寂しさを男で紛らわす・リナ(横田真悠)。見た目に固執し、整形を繰り返す30代女子・彩(宇垣美里)。周りに流されず、“自分”を持ってると語る・萌(箭内夢菜)。自由を求め上京し、夜の街で“今”を生きる・ゆあ(齊藤なぎさ)。コンプレックスや悩みを抱え、様々な思いを持つ5人の女性たちが、もがきながらも歩みー。

この記事を気に入ったらシェア!

関連記事

カテゴリ

ランキング

連載・特集

江戸川区特集サイト

都心からアクセスも良く、自然がいっぱい!「江戸川区」の魅力を発信!

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM