世界遺産登録記念イベントに齊藤工、Fukaseらサプライズ登場! - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 世界遺産登録記念イベントに齊藤工、Fukaseらサプライズ登場!

世界遺産登録記念イベントに齊藤工、Fukaseらサプライズ登場!


百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されたことを記念し、2020年11月28日(土)29日(日)、大仙公園にて、東京ガールズコレクション(以下、TGC)プロデュースのもと「世界遺産劇場 百舌鳥古墳群 produced by TGC」が開催された。

イベントレポート


●cinéma birdsのライブで「世界遺産劇場 百舌鳥古墳群 produced by TGC」開幕
アットホームな雰囲気の中、cinéma birdの名物である、バンド「cinéma birds」によるウェルカムソングでお客さんを出迎え。齊藤工はボーカルとギターを担当。冬空の中の開場、心温まる6曲を披露しました。MCでは、お客様の体調を気遣う言葉をかけ続けていた。


●堺市長も登壇したトークパート
28日(土)のオープニングトークには、齊藤工とTGC出演モデルであるNiki、さらに永藤英機堺市長が登壇。
永藤市長は、日本に23ある世界遺産の中で、一番新しい登録となっている百舌鳥古墳群について大変誇らしいと語り、コロナ禍でのイベント開催になったことについても、家庭内感染が増えていることから、帰ってからの手指の消毒やうがい、お風呂に入ることを推奨し、くれぐれも自分たちの大切な家族を守ってくださいと呼びかけた。
齊藤工は、いつものcinéma birdは、最前列は席を決めずに子供が自由に座れるエリアにしていて、そんな温かい空間でイベントしてきたので、(1m間隔で並べられた客席を見ながら)ソーシャルディスタンスというものを保つようになって、自分たちは知らないうちに、側にいる人の体温を感じながら生活していたんだと思い知った、と語った。また、イベント前日に堺市内で撮影したPR動画のダイジェスが流れると、動画に出演したNikiは「お茶や和菓子作り体験に加え、色々な歴史があることを知れて、また是非訪れたい」と堺市の魅力について思いを伝えた。



●齊藤工、Fukase、和田直希氏によるトークセッション
29日(日)に、SEKAI NO OWARIのGLOBAL展開を目的に作られたアニメーションプロジェクト「BAD MOOD(バッドムード)」の配信を記念して、Fukaseと監督の和田直希氏がトークセッションに登場。「BAD MOOD(バッドムード)」は、本来はSEKAI NO OWARIのライブのコンセプトから生まれたプロジェクトだという。しかし、新型コロナウイルスでドームツアーが中止になったため、披露することができなかったことから、このプロジェクトだけを切り出してローンチ。
Fukase本人がストーリーとキャラクターデザインを考え、監督である和田直希氏がクリエイトしていくという、役割分担で進行しているといい、コロナ禍の中作り上げたため、やり取りは全てLINEで取り合ったと、裏話を語った。仕事仲間とも会えない中、人間の英智を駆使し完成した作品ということに、齊藤工も感動。当アニメーションは、先月からAmazonプライムで放送中。現在は1話のみ配信されており、会場では2話の予告編を上映された。
和田監督は、アニメだけじゃなく、ストリートブランドとコラボレーションするなど、クロスオーバーして展開していくので好きなジャンルをかいつまんで体験して欲しいと語り、Fukaseは過激な言葉が飛び交ったりするので、子供が見るときは注意して欲しいと茶目っ気を含んでコメント。そして、次は4人で参加したいと、cinema birdでライブすることを公言し、ステージを後にした。



●「M-1グランプリ2020」の準決勝進出が決定しているコンビも登場したお笑いライブ
笑ってあったかくなろう!ということで、関西に欠かせないお笑いライブも実施。
28日に登場したのは、クレイジーなキャラとオーバーリアクションで観客を一気に引きつけた祇園。独特なテンポとシュールなネタで笑いを誘ったニッポンの社長。そして、ものまね界のクイーン・ミラクルひかるが、JUJUや新ネタの広瀬香美らのものまねを披露し、会場を爆笑の渦に包んだ。
29日には、関西で大人気の見取り図は、お客さんからお題を聞き、即興謎かけを披露。さらに、「ラッセンが好き」でお馴染みの永野は、トレードマークのワンレンを封印し、藤原史織(元ブルゾンちえみ)をイメージしてるというブルーに染まったツーブロックで登場した。

●アーティストライブ 古賀小由実/豪起
ピアノの弾き語りでしっとりと歌い上げたのは、大分県を中心に活動している歌手・古賀小由実。冬の空に似合う透き通る歌声に来場者も魅了。弾ける笑顔でアコースティックギター片手に登場したのは、シンガーソングライターの豪起。持ち前の明るさと力強い歌声で会場を盛り上げた。


●ゲストアーティストライブ Salyu
夕陽と重なり、幻想的な空間でのライブとなったゲストアーティストのSalyu。映画の主題歌や、注目を集めるきっかけとなった「to U」を披露し、その世界観で観客を引き込んだ。ステージを観ていた齊藤工も、その夕陽が差し込んだ空間に鳥肌が立ったと語った。


●エンディングトーク
齊藤工は、祖母が堺市出身だといい、29日に登壇した見取り図の盛山晋太郎も堺市出身で、その他の出演者にも関西に縁がある者が多く、ここでイベントができたのも必然だったのかなと語り、センシティブな時期に集まってくださったお客様やゲストの皆様、スタッフへ感謝を述べた。
ゲストアーティストとして参加したSalyuは、普通ではあり得ない場所が、発想によってエンターテインメントを届けられるステージとなるのがとても感慨深いと、参加できた喜びを伝えた。また、ゲストとして登場したNikiは、自粛によって家で1人映画を見ることが多かったけど、誰かと映画を見るってとてもいい。また、落ち着いたら足を運びたいと思ったと語った。


●お茶体験
千利休が若き日を過ごしたことでも有名な堺市らしく、齊藤工、ミラクルひかる、豪起、古賀小由実、ジャーマン山根ポテトがお茶体験を実施。普段はお茶の提供だけという中、特別にお茶を点てるとこから教えてもらい、自身で点てたお茶を堪能していた。
※特別に許可をいただいて、撮影・体験させていただいております。通常、お茶を点てる体験は行っておりませんのでご了承ください。

●上映映画
『映画の妖精 フィルとムー』(上映時間:約8分)
廃墟でひとりぼっちで暮らしているフィル。その表情はどこか寂しげである。そんなフィルの前に突然映写機が現れ、カタカタと鳴るフィルムロールの音とともに古いフィルム映像が映し出される。突如現れたムーによってスクリーンのなかに誘われるフィル。フィルとムーの旅が始まる。世界の子どもたちのためにつくられた短編クレイアニメーション。
声の出演:斎藤工/板谷由夏 監督/脚本/編集:秦俊子
企画/ストーリー原案/脚本:齊藤工

『秒速5センチメートル』(上映時間:約63分)
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。ふたりの間だけに存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。
貴樹と明里の幼い恋心と彼らの再会の日を描いた「桜花抄」、貴樹に想いをよせる同級生、澄田花苗の視点で描く「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。叙情的なビジュアルで綴られる三本の連作短編アニメーション。
脚本・絵コンテ・監督:新海誠
声の出演:水橋研二/近藤好美/尾上綾華/花村怜美 他

1 / 2

この記事を気に入ったらシェア!

カテゴリ

連載・特集

タロット占い

気になる恋の行方は?さまざまな恋のお悩み本格的タロット占いで解決!

birthday

誕生日を迎える著名人の知られざる生い立ちやプライベートエピソードをお届け!

gw-souken

読者のリアルな声からトレンドを読み解く『girlswalker総研』

ピックアップ

人気キーワード

新着

TGC TGC PREMIUM TGC PREMIUM