杉咲花×松本穂香×茅島みずき “多分真面目”な3人が女子トーク「もし女子大生だったら…」 - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. ENTERTAINMENT
  3. 杉咲花×松本穂香×茅島みずき “多分真面目”な3人が女子トーク「もし女子大生だったら…」

杉咲花×松本穂香×茅島みずき “多分真面目”な3人が女子トーク「もし女子大生だったら…」

映画『青くて痛くて脆い』が、2020年8月28日(金)に全国公開されました。

『君の膵臓をたべたい』(“キミスイ”)で一躍ベストセラー作家となった住野よるが、“キミスイ”の価値観をぶっ壊すために描いた同名小説が原作で、「大切な仲間」と「居場所」(サークル・“モアイ”)を奪われた大学生の青年が、嘘と悪意にまみれながら復讐していく、青春サスペンスとなっています。
W主演を務めるのは、ともに数々の映画賞を受賞し確かな演技力と存在感を誇る若手俳優・吉沢亮と杉咲花。
吉沢は、他人と距離を置き、その人の人生に立ち入ろうとしない大学生・田端楓(たばたかえで)を、杉咲は、理想を目指すあまり空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いている大学生・秋好寿乃(あきよしひさの)を好演しています。
さらに吉沢、杉咲に加え、岡山天音、松本穂香、清水尋也、森七菜、茅島みずきと、物語を紡ぐフレッシュで個性的な俳優陣が集結!

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_杉咲花・松本穂香・茅島みずき2020年01

girlswalkerでは、吉沢亮さん&清水尋也さんの2ショットインタビュー、そして杉咲花さん&松本穂香さん&茅島みずきさんの3ショットインタビューを敢行。
本記事では、杉咲さんと、董介(楓の親友)のゼミの後輩で“モアイ”の幽霊部員・本田朝美(ポン)役・松本穂香さん、楓の後輩で“モアイ”に加入する川原理沙役・茅島みずきさんの、柔らかな空気感漂うほんわかインタビューをお届け♡ 劇中ではなかなか見られない、似たもの同士!?な3人の掛け合いにご注目ください。

吉沢亮が演技で魅せる“目力”を清水尋也が絶賛!「目で全部わかるのが凄い」【青くて痛くて脆い】

SPECIAL INTERVIEW

お互いの共演の感想は? 同じ雰囲気をもつ3人は、「多分真面目」

――旬なキャストが集結した作品ですが、お互いの共演された感想を教えてください。

杉咲花(以下、杉咲)「穂香さんとは歳が近いこともあって、何だかすごく安心感がありました。最初はずっとマネージャーさんの近くにいたので『人見知りなのかな。お話できるかな』って思っていたら、ちょうどお話できる機会があって。ナチュラルな距離感でお話してくださって、すごい嬉しかったですね。
みずきちゃんは、2~3日しか会えなかったよね?」

茅島みずき(以下、茅島)「少なかったですね」

杉咲「でも、撮影の合間とかに『こういう時ってどうするんですか?』って聞いてきてくれて、私が初めての現場だったらそんな風に人に聞ける勇気はなかっただろうなと思うので、すごいなって思いましたし、すごく真面目な方なんだなって思いました」

茅島「いひ(笑)」

杉咲「(笑)。可愛いなって思ってました」

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_杉咲花2020年03

――可愛いですね(笑)。松本さんは、今回お二人と共演してみていかがでしたか?

松本穂香(以下、松本)「そうですね。今こう話してみてても、3人とも、多分真面目……だよね?(笑)」

杉咲・茅島「(笑)」

松本「勝手にですけど、なんとなく同じ雰囲気なのかなと思います」

杉咲「そんな気が……(笑)」

松本「花ちゃんはずっとニコニコ話してくれて、さっき言ってた通り、私は人見知りなんですけど、でもそういうのも溶かしてくれるような柔らかさがあります。もう役に入ってたのもあるのかも」

杉咲「確かに!」

松本「みずきちゃんも、役の通り真面目で、『初めてなんです』って私にも色々聞いてくれるから、私も私で盛り上がっちゃうというか、一緒に探ってる感じとかが楽しくて。私も色々現場を経験しても、初めての人達とやるとなったら緊張するし、だから一緒に『緊張するね』とか言ってるのも何だか楽しかったですね」

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_松本穂香2020年02

――茅島さんは、いかがでしたか?

茅島「杉咲さんは、いつも現場ですごくニコニコしてくださっていて、もう本当に見てるだけで、杉咲さんがいるだけで現場が明るくなる感じで、癒されました」

杉咲「いえいえ(笑)。ありがとうございます」

茅島「現場で一緒になる機会が少なかったのですが、みんなで人狼ゲームしたのが一番印象に残っています(笑)。松本さんは、現場が一緒になる回数が多かったので、たくさん話を聞いてくださいましたし、アドバイスも本当にたくさんくださって、とても優しい方でした」

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_茅島みずき2020年02

杉咲花、吉沢亮との共演に喜び あるシーンは「めちゃくちゃキツかった」

――今回、W主演を務める吉沢亮さんが、杉咲さんとがっつりお芝居できて嬉しいとコメントを出されていました。吉沢さんとの共演の感想はいかがでしたか?

杉咲「これまで吉沢さんが出演されている作品も観させていただいていたので、今回、ほとんどの時間を楓と過ごせる事を楽しみにしていました。
吉沢さんが演じる楓は結構な“ある事”をしてしまうのですが、表情一つ一つが、何というか、嫌いになれないというか。憎めない愛おしさが出てきて、それは吉沢さんが演じられていたからこそなんだろうなって思って、ご一緒できてすごい嬉しかったです」

――現場では、お互いに話し合い等もされたんですか?

杉咲「話し合いはそんなにしてないですけど、でも撮影中は結構ずっと喋っていて、仲良くさせていただきました」

――お二人の演技が凄まじかった、“とあるシーン”には本当に胸が締め付けられました。

杉咲「もう一日中、その日はそのシーン撮っていたので、めちゃくちゃキツかったですね。精神的にも」(詳しくは、劇場でお楽しみに……!)

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_杉咲花2020年02

杉咲花に関する記事一覧をチェック!

杉咲花、松本穂香、茅島みずきが明かす、人付き合いのマイルール

――本作では“人との距離感”というのも一つキーワードだったのかなと思っていて、皆さんは人付き合いするうえでの距離感ってどう捉えていますか?

杉咲「その時の環境と空気感とかによると思うんですけど、私はどちらかというと話したいタイプなので、結構話しかけにいきます。でも、『あ、人見知りなのかな』って感じたら、ちょっと下がりつつ、お互いに無理しない感じになれたらいいなっていうのが一番です。考えるというより、探る感じですね」

松本「私も現場とかでは、やっぱり相手の空気感・温度感を見てっていうところはあるかもしれないですね。現場によって、自分よりも年上の方とご一緒させて頂くことが多かったりするんですが、そういう時って話しかけてくださったりが多いので、距離感を見つつ、『あ、少し距離が近くなれたかな』と思えたら、自分からも少しせめたことを言ってみたりとか(笑)。そういうのも面白がってくれる方だなっていうのをどこかで察したりすると、そういう所も出していったり……。本当に、自分でも意識していないところですごく探っているんだと思います」

茅島「私は結構人見知りなので、話しかけるのをためらっちゃいます。今回の現場は、杉咲さんも松本さんも最初に声を掛けてくださって……。話すのは好きなので、話しかけてくださったから、ガツガツ話しちゃいました(笑)。お話するのがすごく楽しかったです」

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_杉咲花・松本穂香・茅島みずき2020年02

もし女子大生だったらやってみたいコトは?

――今回、女子大学生を演じられていましたが、もし、キャンパスに通う大学生だったら、やってみたいこととか、憧れるシチュエーションとか何かありますか?

杉咲「友達が『ゼミの合宿』と言ってどこかに行ったりしているのを聞いて、『うわぁ~、楽しそう~!』って思いました。高校生とかだと、合宿があっても全部スケジュールが決まってて、絶対団体行動しなければいけないじゃないですか。でも、ゼミとなると規模が小さくなって、やりたいこととかの意見も取り入れて、アイディアを出し合って……みたいな感じなんだろうなって、ちょっと憧れますね」

――ゼミ合宿の夜はお酒を飲んだりとか、バーベキューしたりとか……

杉咲「あ~、良いですね。バーベキューとか楽しそうですよね。 サークルに入るなら、ごはん研究部とか? ないかな?(笑)みんなで作る!みたいな」

松本・茅島「(笑)」

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_杉咲花2020年01

――ごはん大好きな杉咲さんにピッタリですね(笑)。松本さんは、女子大生だったらどんなことしたいですか?

松本「そうですね。大学が一番楽しいっていうのは兄も言っていて。兄がバレーボール部のサークルのキャプテンをしていて、飲み会もたくさんあって、学祭とかもすごい楽しそうでした。もし大学生だったら、ポンちゃんみたいに、ちょっと遊んでワイワイするみたいなのは憧れてました。だからポンちゃんを演じているときは、こんな感じなのかなと疑似体験している感覚がありました」

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_松本穂香2020年01

松本穂香に関する記事一覧をチェック!

――“サークルの飲み会”も大学生っぽいですよね。茅島さんは、いかがですか?

茅島「中高って制服だけど、大学は私服で、オシャレして行くのも楽しそうだなって。毎日何着ていこうとか考えながら学校行くのも楽しそうだなと思うし、普通に大学の授業を受けてみたいです!」

青くて痛くて脆いインタビュー3ショット_茅島みずき2020年01

茅島みずきに関する記事一覧をチェック!

――自分で受ける授業を選ぶのも新鮮ですね。 最後に、読者に本作のみどころなどメッセージをお願いします。

杉咲「楓が秋好と出会ってから、心境の変化が生まれて徐々に仲良くなっていく描写は、観ている方もすごく楽しいと思いますし、学生の方や学生を経験した方々にとっても、すごく共感できるポイントがたくさんあるのではないかなって思います。でもその後にまさかの展開が待っていて……、楓が“ある事”をしてしまってから、初めて自分と向き合っていく姿にはすごく勇気をもらえると思うので、是非たくさんの方々に観ていただけたら嬉しいです」

INFORMATION

映画『青くて痛くて脆い』
2020年8月28日(金)全国公開

《出演》吉沢亮 杉咲花 岡山天音 松本穂香 清水尋也 森 七菜 茅島みずき 光石 研 柄本 佑
《監督》狩山俊輔
《脚本》杉原憲明
《原作》住野よる「青くて痛くて脆い」(角川文庫/KADOKAWA刊)
《主題歌》BLUE ENCOUNT「ユメミグサ」(Ki/oon Music)
《配給》東宝
《公式サイト》https://aokuteitakutemoroi-movie.jp/
(C)2020「青くて痛くて脆い」製作委員会

《ストーリー》
―この青春には、嘘がある―
人付き合いが苦手な大学生・田端楓と空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃。ひとりぼっち同士の 2 人は「世界を変える」という大それた目標を掲げる秘密結社サークル【モアイ】を作るが秋好は“この世界”から、いなくなってしまった…。
秋好の存在亡き後モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系就活サークルに成り下がってしまう。取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、すべての歪んだ感情が暴走していく……。
あいつらをぶっ潰す。モアイをぶっ壊す。どんな手を使ってでも……。
楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み【モアイ奪還計画】を企む。青春最後の革命が、いま始まる―。

 

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
ガル農園 about-a-sex タロット占い

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE