成田凌が「永遠の憧れ」と語る人物は? - girlswalker|ガールズウォーカー
  1. girlswalker
  2. エンタメ
  3. 成田凌が「永遠の憧れ」と語る人物は?

成田凌が「永遠の憧れ」と語る人物は?

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』が、2019年9月13日(金)より公開中です。

鮮やかな色彩美、鋭い感性で世界中を魅了している写真家で映画監督・蜷川実花さんが、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を映画化。文豪、太宰治の実人生を描きながら、“世界で最も売れている日本の小説”「人間失格」執筆の裏側に隠された、太宰と3人の女性たちとの恋を描きます。
本作では俳優の小栗旬さんが、ダメ男でモテ男、最高にセクシーでチャーミングな太宰像を作り上げているほか、太宰を取り巻く人々に宮沢りえ、沢尻エリカ二階堂ふみ藤原竜也ら超豪華キャストが集結しました。

 

20190913_成田凌01
今回girlswalkerでは、太宰に憧れてやまない編集者・佐倉潤一を演じた成田凌さんを直撃!
メンズノンノ専属モデルで、俳優としても『愛がなんだ』や『カツベン!』『窮鼠はチーズの夢を見る』といった話題作への出演が相次ぐなど、実力派がひしめく若手勢の中でも目覚ましい活躍を見せている成田さん。小栗さんとの共演で受けた刺激や、ご自身にとって力になった“言葉”について語ってもらいました。

SPECIAL INTERVIEW

小栗旬との共演は財産に 「全てが素晴らしかった」

――蜷川実花監督の撮影現場に感じた、特別な空気などがあれば教えてください。

「蜷川監督は、ものすごくかわいらしい人なんです。存在感があって、蜷川監督がいるだけで、その場が華やかになるような方。『大事なシーンだから、ドレスを着てきちゃった』と仰ることもあって、やっぱりそういうことがあるとこちらもグッと気持ちが上がりますよね。蜷川監督は今、何本も作品を抱えていらしてものすごく忙しいと思うんですが、いつお会いしても明るくて、タフ。僕もたくさん刺激をもらいました。本作も女性である蜷川監督だからこそ、描けた男女の関係が映し出されていると思います。登場人物の誰もが美しくて、それでいて激しい。それって、まさに蜷川監督だからこその世界観ですよね」

――成田さんは、小栗旬さん演じる太宰に憧れてやまない編集者の佐倉役を演じられました。小栗旬さんとの共演の感想を教えてください。

「本作での太宰を演じている小栗さんを間近で見られたことは、自分にとって本当に財産になったと思っています。役への向き合い方、現場でのあり方、全てが素晴らしかったです。佐倉と太宰の関係のように、僕自身も小栗さんから学ぶことがたくさんありました。また小栗さんが演じた太宰を見ていると、本当にこの人はスター性がある人だったんだろうなと感じます。ちょっと理性が足りないところもあるけれど、自己嫌悪に陥ったり、後悔したりと、ものすごく人間味のある人。これまでは写真だけで太宰を見ていたので、知的な人といった印象でした。でも今回、本作や小栗さんを通して、新しい太宰の魅力を感じました」

20190913_成田凌03

成田凌の憧れの人は?

――佐倉の抱く、太宰への憧れに共感することはありましたか?

「太宰に『心の底から軽蔑します』という強い言葉も投げかける佐倉ですが、太宰の才能に惚れ込んでしまったからこそ、どうしても彼のことを“好きだ”という気持ちが捨てられない。僕も、その気持ちはすごくわかります。ダメなところがあったとしても、太宰は何にも勝る才能を持っている。佐倉自身は真面目に生きてきた人だと思うので、太宰の才能を目の当たりにしたり、ちょっと危険な香りを感じたりすると、憧れを抱いたんだろうなと思いました。確かに今のご時世だったら、太宰のような人は生きづらいかもしれません。でもどこか不真面目で、危険な香りがある人は、魅力的だし、人間的にも面白いなと思います」

――成田さんご自身にとって、憧れの人はいますか?

「父親です。もし自分が父親になったら、子供にものすごく口うるさくいろいろと言ってしまうと思うんですが、うちの父親は黙って見守っているタイプ。ものすごく憧れます。うん、ああなりたい(笑)。大工をやっているんですが、何か必要となるとすぐに手作りしてくれたり、そういうところもかっこいい。放任主義でありながら、愛情もものすごく注いでもらいました。僕が子供の頃に自転車で転んだことがあったんですが、真っ先に飛んで来てくれて、傷の手当てをしてくれたり。愛を感じますね。永遠の憧れです」

20190913_成田凌04

力がみなぎっていく瞬間はオーディション

――佐倉が「書いてください!どこまでも罪深い小説を!」と太宰に語りかけるシーンも印象的です。あの言葉によって、太宰は「人間失格」を執筆するひとつの力をもらったとも言えますが、成田さんにとって、お仕事をしていく上で力をもらったような言葉などはありますか?

「言葉ではないんですが、オーディションに受かるたびに、力がみなぎっていくのを感じています。オーディションに向かう最中も、『全員つぶしてやる!』くらいの強い気持ちで臨んでいますから(笑)。『作品や役のためだったら、なんでもやります!』という気持ちで行くので、オーディションに受かると、やっぱりうれしいものです。また最近の話ですと、周防正行監督とご一緒したときに、スタッフさんから『周防監督が「成田くんでよかった」と言っていたよ』という話を聞いて。なんだか、監督が裏でそういうことを言ってくださっていたのかと思うと、ものすごくうれしかったですね。自分にとっても、次に向かう力になりました」

20190913_成田凌06

――“認められた”という喜びが、大きな糧になっているのですね。

「一方で、オーディションに受かった後で『星の数ほどいる役者の中から選んでいただいたけれど、この役は本当に僕でよかったのかな……』と思ってしまうときもあって。まだ自分に余裕がなかったり、“自分らしさ”のようなものを、見つけられていないからかもしれません。作品を重ねて、いろいろと試しながら、“自分らしさ”やオリジナリティを見つけていけたらいいなと思っています」

20190913_成田凌05

INFORMATION

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』
2019年9月13日(金)全国公開

《出演》小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
成田 凌 / 千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾 / 藤原竜也
《監督》蜷川実花
《脚本》早船歌江子
《配給》松竹、アスミック・エース
《公式サイト》http://ningenshikkaku-movie.com
© 2019 『人間失格』製作委員会

アクセスランキング

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

ACCESS RANKING

アクセスランキング
  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY

KEYWORDS

人気キーワード

PRESENT

読者プレゼント
ガル農園 ガル農園2020年下半期 girlswalker総研 5000円でが~るずうぉーかー TGC PREMIUM TOKYO GIRLS RUN TGC ONLINE STORE タロット占い